ニュース
2005/05/18 20:04 更新

Nintendo E3 2005 Press Conference:
All Access Gaming――5歳から95歳をターゲットとする任天堂が賭ける“ノーライン”戦略 (1/2)

次世代ハードウェアが続々と発表された「E3 2005」事前ブリーフィング。ソニー、マイクロソフトに引き続き、最後に行われた任天堂のカンファレンスでは「WiFi Connection」を中心に同社が描くネットワーク戦略と、ユーザーターゲットが見えてくる。

20年と20億本

 「Electronics Entertainment Expo 2005」開会直前に行われる各社カンファレンスのトリを飾ったのは任天堂。最後の発表となった同社が語ったのはまず、“任天堂のパワーは健在である”ということだった。

 任天堂オブアメリカ上級副社長であり、セールスおよびマーケティング担当のレジー・フィルズエイム(Reggie Fils-Aime)氏は、「今年はメディアの人たちも“360”であるとか“16:9”であるとか、“8.2GHz”であるといった数字に悩まされていることだろう。ここで私は“2”という数字を加えたい」と述べて、会場を沸かせた。

画像

任天堂オブアメリカ上級副社長 レジー・フィルズエイム氏

 フィルズエイム氏の意味する“2”とは、20億本ということ。これまで20年間に任天堂が販売してきたソフトウェアの本数だ。

 「この数字に対しては、これまでの成功の軌跡であるという人もいるだろう。しかし私にとっては、偉大なる始まりである。本日発表するものが、これからの10億本販売されるゲームの最初のステップになる」(フィルズエイム氏)

 またフィルズエイム氏は、“and”(そして)と“or”(もしくは)の単語を例に挙げ、任天堂はゲーマーと呼ばれるような、特定のグループにだけゲームを供給している会社ではないと強調。ゲームを普段やっていないような人にも、製品を提供し続けると話した。

画像

ポータブルゲームでのシェアは90%を超える、とフィルズエイム氏。「プレイステーション2が2800万台売れたと言うが、ゲームボーイも2800万台のセルを記録している。PSPよりもニンテンドーDSは売れているし、ポータブルの世界ではナンバーワンだ」(フィルズエイム氏)

右脳を使うクリエイティビティ

 任天堂が考えているのは、ゲームを進化させ続けること。フィルズエイム氏は「エレクトロプランクトン」を例に挙げ、プレゼンテーションを続ける。

 エレクトロプランクトンはクリエイティブなツールであり、もはや単なるゲームとは呼べない、とフィルズエイム氏。万人受けするゲームではないかもしれないが、試しにプレイてみた人は、その魅力の虜になる。自分をゲーマーであると思っていない人にまで楽しんでもらえる新種のソフトである。

 フィルズエイム氏は、DJのデイヴ・ホランド氏にエレクトロプランクトンをプレゼントしたところ、非常に気に入り、これを使って新曲を作曲したとのこと。会場内にもホランド氏が登場し、実際に演奏を行った。

画像

画像

「エレクトロプランクトン」を使った、デイヴ・ホランド氏の演奏。テクノポップな音楽は非常に新鮮だった。「インタラクティブに音を返してくれるエレクトロプランクトンは最高。TVゲームの音を作っているという感覚はなかった」(ホランド氏)

人と人とを“線なし”でつなぐ「WiFi Connection」

 ホランド氏の演奏を受けて、フィルズエイム氏は続ける。「私たちは、クリエイティビティがあれば楽しくなると言うことも知っているし、人が多ければ楽しいと言うことも知っている。特に世界中の人を結びつけるのは楽しい。任天堂はオンラインゲームの楽しみを再発明しようとしているだけだ」。

 「WiFi Connection」のパートナーとして、IGN Entertainmentの「GameSpy」を利用することが発表されているが、これについては「ユーザーを選ぶのには2つの方法がある。1つは友達など、特定のタイプと特定のプレイヤーを選ぶ方法。もう1つは、同様のレベルを持つ、会ったことのないプレイヤーを捜して選ぶ方法だ。このシステムは、GameSpyを利用して不特定のユーザーを捜すことで、世界中のプレイヤーとホットスポット経由でつながる、初めての試みとなるだろう」(フィルズエイム氏)

 また、WiFi Connectionを利用したアクセス料は無料となること、任天堂がファーストパーティとして発売するタイトルがプレイできることを発表。オンラインゲームにおける問題点を克服するのが任天堂である、とも述べた。

 このWiFi Connectionを利用したアクセス率は90%を超えないはずはない、とフィルズエイム氏。料金以外にも、「現在のネットワークゲームは一握りの男性ホルモンに満ちあふれた人が勇を競っており、大部分のカジュアルゲーマーが距離を置いている状況だ。このあり方を任天堂は変えていく」とし、気軽に楽しめるネットワークゲームを任天堂は提供する、と語った。

画像

WiFi Connectionをサポートする会社

 なお、WiFi Connectionの開始時期について、「『Mario Kart DS』と『Animal Crossing DS(どうぶつの森DS)』を2005年末までにはプレイできるようにする。会場ではMario Kart DSをプレイできるようにする」と述べ、場内の喝采を浴びた。

 このほか、ニンテンドーDSでネットワーク機能を楽しめるソフトとして「nintendogs」が登場。日本でのセールスは40万本を超えており、このソフトのおかげでニンテンドーDSの販売にも拍車がかかっているとのこと。

画像

デモには任天堂 情報開発本部長の宮本茂氏も登場。「すれ違い通信」を行っていた

そして「Revolution」「ゲームボーイミクロ」へ

      | 1 2 | 次のページ

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping