ニュース
2005/05/19 23:12 更新

任天堂ブース:
任天堂マニア垂涎? 花札柄をはじめユニークなGBミクロ用パネル

新型・超小型のゲームボーイミクロは、前面パネルを交換できる。任天堂ブースではゲームボーイミクロが参考出品されており、さまざまなパネルが出展されていた。

 新型・超小型のゲームボーイミクロは、前面パネルを交換できる仕様となっているのは既報の通りだが、任天堂ゲームボーイミクロのブースでは、参考出品としてさまざまなパネルが出展されていた。

wk_0518E3-0401.jpg

 ベースはシルバーだが、そのほかホワイトやレッドパネル、ウッドパネル、写真をはめこんだものなどパネルの提案はさまざま。シンプルなフォルムなのでどんなパネルを装着してもゲームボーイSPのような高級感が残る。なかでも注目は、花札柄モデル。和を感じさせつつもシャープな印象で、非常にユニークな提案だ。

wk_0518E3-0402.jpg

wk_0518E3-0403.jpg

wk_0518E3-0404.jpg

wk_0518E3-0405.jpg

wk_0518E3-0406.jpg

 電源を入れ直すと、そこにはゲームボーイユーザーにとっては見慣れた“GAME BOY Nintendo”のロゴが現れる。十字ボタンやLRボタンは確かに小型化されているが、浅めのタッチだがクリック感がしっかりしているので操作性は悪くない。なお電源オン中はセレクトボタンとスタートボタンが青く光る。

wk_0518E3-0407.jpg

 ゼルダのトレイラー映像がミクロで流されていたが、その説明を見るとSDカードに対応したメディアプレイヤーが。ミクロでも「プレイやん」は問題なく使えるというわけだ。液晶画面の質がいいため、動画の見やすさは歴代GBの中でもずばぬけている。なおミクロの上部にあるコネクタは「充電用端子」とのこと。通信ケーブルを兼ねるだろう。

wk_0518E3-0408.jpg

[小林仁,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping