レビュー
2005/05/25 14:19 更新


「イース」シリーズから考察する最新作「イースIV」は特別な存在 (1/3)

タイトーからリリースされる「イースIV」は、従来発売されていたスーパーファミコン版・PC Engine版とも違ったゲーム内容となっている。以前に発売されていた両機種版共に、賛否両論が渦巻いていると言うこともあり、PS2版がどうなっているのか、気になる人も多いはず。そこで、その詳細をチェックしてみた。

シリーズの中でも特別な存在だった「イースIV」

 今でも、数多くのファンを魅了し続けてやまない作品、イースシリーズ。1987年当時、ちまたに氾濫していた“あまりにも難しすぎるゲーム”へのアンチテーゼとして誕生したイースIは、今では日本のPCゲームを代表するシリーズへと成長を遂げたことは、間違いない。

 そんなイースシリーズは、大別するとI〜III、IV〜V、VI以降の3つに分けることができる。I〜IIIはパソコンで発売されたシリーズで、IVとVがスーパーファミコンとPC Engine。VI以降やリメイク作品はWindowsプラットフォームとなっている。IやII、IIIなどはコンシューマ機でも発売されているが、ここではこのように定義しよう。そう考えると、パソコン版しか知らないユーザーには、IIIの後はいきなりVIとなってしまう。つまり、その間の作品がどのようにして発売されたのかを、全く知らずに現在へと至ることになる。そこで、まずはIVがどのような経緯で世に出たのかを紐解いてみよう。

 IIIをパソコンで発売したファルコムはその後、コンシューマ機でIVを出すことを決めるのだが、当時は3機種が競い合っていた。任天堂のスーパーファミコン(SFC)、NECホームエレクトロニクスのPC Engine(PCE)、そしてセガのメガドライブだ。ファルコムは、これら3機種すべてでイースIVを発売することを考え、原案のみを制作。各社に打診した。それを元に開発、発売されたのが、SFC版とPCE版のイースIVとなる(なお、メガドライブ版のイースIVは、さまざまな事情により発売はされなかった)。

 以上の経緯で発売されたSFC版イースIVだが、これまでは開発をトンキンハウスが手がけたと言うこともあり、どちらかというとPCE版が正史と考えられてきた。しかし、イースVIに付属するイースIVがSFC版であることや、ファルコム自身がPCE版をアナザーストーリーと表現していることから、現在ではSFC版が正当なイースのIV作品目となっているようだ。

全てが新しくなったタイトー発の「イースIV」

 そのような背景をもつイースIVだが、今回タイトーからPS2用として発売される「イースIV」は、サブタイトルに“a new theory”とついていることからも分かるように、全く新しくなっている。

wk_0525ys01.jpg

タイトル画面に追加されている“a new theory”の文字が、新作であることを示している。ちなみにMASK OF THE SUNとは“太陽の仮面”との意味で、本作のラストでその正体がわかる。

 ちなみに、theoryは理論や学説という意味の他に“説”という意味も持つことから、さしずめ“新説・イースIV”というところだろう。正史となっているSFC版は見た目やシステム、効果音など、パソコン版をプレイしていたユーザーからは“プレイするに耐えられない”との声も聞かれていたほど、あまり良い評判を聞かなかった。もっとも、それは一部のユーザーに限るかもしれないが……。

 ともあれ、そういった部分から、今回のイースIVにも心配しているパソコンユーザーは多いはず。だが、そんな心配は全く無用だ。新説というサブタイトルは伊達ではなく、本当に全てが新しくなっているのだ。

 全てというのは見た目だけでなく、ゲームシステムやストーリー、音楽までと、まさに何から何までもが新しい、完全なる新作として生まれ変わっている。中でも、すぐに分かるのが見た目とゲームシステムだろう。

 SFC版ではパソコン版と同じく、手前から見下ろした感じの視点でゲームが進み、敵への攻撃は主に、半キャラずらしでの体当たりだった。それがPS2版はフル3Dポリゴン表示になり、攻撃方法も剣を振って敵にアタックするシステムへとなっている。

wk_0525ys02.jpg

3Dフィールドで、剣を使い敵を攻撃する。狙いを定めづらそうに見えるが、大体の位置さえ合っていれば、あとは自動的に敵に当たるようになっている親切設計

 ストーリーは、ベースとなる部分は他機種と同じものの、各所に違いが出ている。BGMもイースシリーズらしくなり、宝箱を開けたときの効果音もお馴染みのものになった。これならば、SFC版に落胆していた人でも納得できる出来栄えだろう。事実、SFC版でがっかりした筆者も、非常に満足できる内容となっていた。早速、その詳しい内容を見ていこう。もちろん、主役は赤毛の少年・アドル=クリスティンだ。

wk_0525ys03.jpg

イースシリーズといえば、主人公は言わずとしれたアドル。IVはIIとIIIの中間の物語という位置づけになっているので、この時のアドルは18歳の設定だ

プレイしていて飽きないシステムに感心

      | 1 2 3 | 次のページ

[J.O.宍戸,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping