ニュース
2005/06/16 15:30 更新


杉並区立全小中学校にXboxを導入――ビデオチャットの教育的利用を図る

Xbox80台を杉並区立の全小中学校および区の施設に配布。Xboxビデオチャットを利用したテレビ会議システムを構築する。

 マイクロソフトは、2005年6月末より杉並区立の全小中学校(小学校44校、中学校23校)および区の施設向けに80台のXboxを提供、「Xboxビデオチャット」を利用したテレビ会議システムを構築すると発表した。

 同社によると、今回のXbox提供は、教育のIT化が進む中における、校内IT環境整備の一環として行われるもの、とのこと。今後は、学校に導入されたXboxに対して、テレビ会議の効果的な利用プログラムを提案する、としている。なお、第1回の利用プログラムは、6月28日を予定しており、テレビ会議システムによる遠隔中継や、中学校間でのディスカッションが行われる。

 6月16日に杉並区役所で行われた贈呈式には、山田宏杉並区長、納富善朗杉並区教育長のほか、マイクロソフトからはXbox事業本部長 丸山嘉浩氏、Xboxビデオチャットを担当するXbox事業本部 事業開発部の大木和彦氏が出席した。

画像

山田宏杉並区長(正面)、納富善朗杉並区教育長(正面右)

画像

Xbox事業本部長 丸山嘉浩氏(右)、Xbox事業本部 事業開発部 大木和彦氏(左)

 「いただいたXboxを子供たちのコミュニケーション能力を高めるために使いたい。大事なのはどう使うかということだ」と山田区長。杉並区内の施設を結んでの授業や、海外でも使えるようになったら、姉妹都市を結んでいるオーストラリアのウィロビー市やソウル特別市瑞草区などとの間で使ってみたい、との抱負を述べた。

 丸山氏は「これまではゲーム機としてしか活用されていなかったXboxだが、次世代のXbox 360を含めて、将来にはコミュニケーションツールとしての活用方法も増えていく。これが第一歩であるが、今後もこうした活動は続けていく」と述べた。

画像

導入実施概要
目的Xboxを利用したテレビ会議システム(Xbox ビデオチャット)の教育的利用の推進
期間2005年6月末より順次導入
形態XboxおよびXboxビデオチャット80セットの提供
用途オンライン授業・講演、学校間コミュニケーション、先生間コミュニケーションなど
対象杉並区全小学校44校、全中学校23校、その他区の施設8箇所

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping