ニュース
2005/06/23 16:41 更新


5時間以上にも及ぶ濃密会見――Lantis&Mellow Headで人気声優大集合 (1/2)

アニメやゲームなど声優関連の音楽を数多くリリースしているレーベル「Lantis」と「Mellow Head」の合同記者会見が開かれた。会見会場には総勢14人ものアーティストが登場し、アニメ主題歌や企画CDの制作を次々に発表した。

野川さくら 初のキャラクターソングアルバムをリリース

 「D.C.〜ダ・カーポ〜」のヒロイン・朝倉音夢役など、さまざまなヒロインを演じてきた野川さくらさんが、自身初となるキャラクターソングベストアルバムを発売することが決定。タイトルは未定だが、デビューから5年目を迎える野川さんが声で命を吹き込んできたヒロインたちのキャラクターソングを多数収録し、野川さんが声優として歩んできて現在に至るまでの、その足跡をたどるような1枚になるとのこと。

 気になる収録曲には、主題歌デビュー作となるOVA「アーケードゲーマーふぶき」の「thunder of PP」や、テレビアニメ「D.C.〜ダ・カーポ〜」の「心配かけてごめんね?」などが予定されている。

wk_0622koe01.jpg
野川さん会見の様子

野川 影山ヒロノブさんのプロデュースで、アーティストとしてデビューしてから、この8月でちょうど5年目を迎えます。さまざまな出会いや経験をさせていただきながら、今では自分自身でも把握しきれないくらい、たくさんのキャラクターソングやアニメの主題歌を歌わせていただきました。100曲は越えているのかなぁ? そんな5年間の集大成ともいえるアルバムを、この節目に出させていただけるということは、とても幸せなことだと思っています。

 キャラクターソングでは、アニメ本編では描かれていないようなヒロインたちの心情が歌われていたりするので、そのあたりもぜひ聴いていただければと思っています。また、現在はまだ収録曲を選んでいる状態なんですけれども、「D.C.〜ダ・カーポ〜」や「アーケードゲーマーふぶき」、「あずまんが大王」や「Φなる・あぷろーち」などから収録していければいいなと思っています。

wk_0622koe02.jpg

テレビアニメ「D.C.S.S.〜ダ・カーポセカンドシーズン〜」から、宮崎羽衣さんたちが登場

 人気PCゲームを原作に、2003年に放映されて好評のうちに終了したテレビアニメ「D.C.〜ダ・カーポ〜」。その続編となるテレビアニメ「D.C.S.S.〜ダ・カーポセカンドシーズン〜」が7月から放映されることが決定しているが、それに先駆けてOP曲「サクライロノキセツ」を歌うyozuca*さんと、ED曲「暁に咲く詩」を歌うCooRie、さらに本作の新キャラクター・アイシアを演じる宮崎羽衣さんが登場して、現在の心境を語ってくれた。

wk_0622koe03.jpg

テレビアニメ「D.C.S.S.〜ダ・カーポセカンドシーズン〜」。7月2日から毎週土曜日24時30分よりテレビ神奈川ほかU局ネットにて放映開始

yozuca* 前作でもOP曲を担当させていただいたのですが、今作は果たしてどんなOPになるのか、映像と一緒になってひとつの作品として出てくるのが非常に楽しみです。初めて曲を聴いたときの感想としては、前作のOP曲よりも力強い印象を受けたので、前作までとは違ったものが求められているのかなと。

 作詞・作曲を担当されているtororoさんからは「リラックスして歌ってくださいね」と言われていたのですが、実際の収録ではとてつもなく緊張してしまいました。前作の曲を歌ったときより、成長した自分が出せていればいいなと思います。アニメ本編ともども、OP曲とED曲の方もどうぞよろしくお願いします。

CooRie 前作ではED曲まで担当させていただいて。私は「D.C.〜ダ・カーポ〜」という作品に育てていただいている部分もありますので、恩返しの意味を込めて、この曲ではまた違った私が出せていればいいなあと思います。

 この曲にはどうしても“暁”という言葉を入れたかったんです。“暁”には明日へ続くものというイメージがありまして、私なりに前向きな気持ちという意味合いを込めています。私の込めた想いが聴いてくれた方に少しでも届けばいいなと思っています。

宮崎 私は今作から登場する新キャラクター・アイシアを演じさせていただくことになったのですが、オーディションを受けさせていただいたときから絶対に私が演じたいと思っていたので、合格のお電話をいただいたときは嬉しさと驚きで体が硬直してしまいました(笑)。

 アイシアは北欧からやってきた魔法使い見習いの女の子なんですけど、周りがあきれてしまうくらいのドジっ子なんです。魔法でみんなを幸せにしたいと願ってはいるんですが、いつもそれが裏目に出てしまって。ただ、私自身も声の演技を通じて、聴いてくださるみなさんが少しでも幸せになってくれたらと願っていますので、その部分ではとても共感して演技できると思います。

wk_0622koe04.jpg
左からyozuca*さん、宮崎羽衣さん、CooRieさん

 また、9月7日には宮崎さん演じるアイシアのキャラクターイメージソングの発売もすでに決定している。キャラクターソングを歌うのは初めてという宮崎さんが、その心境を語ってくれた。

宮崎 キャラクターソングが発売されると聞いたときには、本当に嬉しかったです。キャラクターソングを歌うというのは私自身も初めての経験になりますので、とにかくいろいろと楽しみにしています。もしかしたらイベントなどで歌う機会もあるかもしれませんし、今から期待が膨らみます。アニメの中からアイシアが飛び出してきたと思ってもらえるくらいに、一生懸命歌って、演じていきたいと思います。

女性から圧倒的支持を受ける声優・速水 奨さんの甘い歌声が会場に響く

 女性アーティストが多数出演したこの会見のなかで、ひとり異彩を放っていたのが速水奨さんだった。テレビアニメ「キン肉マン 王位争奪編」のテリーマンなど、その甘い声で二枚目役を数多く演じ、女性ファンから絶大な支持を集める速水さん。しかしご本人も「こんな美少女ばかりの会見に自分が出てもいいのだろうか」と冗談交じりに漏らすほど緊張を感じていたようだったが、いざ会見が始まるとそんな雰囲気はすぐに払拭。会場は速水ワールドへと引き込まれていった。

速水 今度発売させていただくアルバムのタイトルは「すべては僕から始まった」と言います。言葉だけを捉えると自分本位で不遜にも取られそうなタイトルですが、決してそういう意味ではないんです。私は、自分が発信したものが相手に影響したり、はたまた相手が発信したものに自分が影響されたりと、人と人とのつながりによってドラマというものができていると思っています。そういったさまざまなドラマのワンシーンをアルバムに込めたいなと思って決めたタイトルです。

 曲の内容としては、ファンの人たちが一番聴きたいと言ってくれるものを歌っていきたいと思っています。ですのでラブバラードやポップスなんかが基本になっていくと思います。あとは語りですね。僕のアルバムには語りというものが多く含まれるのですが、それは歌でもない音楽でもないものとして、自分の気持ちが滲み出す、ひとつのシーンという位置づけでして。だから朗読とかそういう感じではなくて、やはり音楽シーンの中でさりげないリアリティのあるシーンをちょっと演じてみたいなと思っています。じんわりと聴きやすくて、聴く人の記憶に残るようなアルバムを作れたらいいなと思っています。

wk_0622koe05.jpg

そのほかの会見にも注目作が目白押し

      | 1 2 | 次のページ

[ひろいち,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping