ニュース
2005/09/03 12:05 更新

ヴェネチア国際映画祭:
「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」について開発者はかく語りき

2年連続でヴェネチア国際映画祭に出展という偉業を達成した「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」。現地で主要開発スタッフへ直撃取材! 鳥肌モノの最高傑作となった本作について、いろんな秘話が飛び出した。

 まずは、とにかくCGのデキがすさまじい「FFVIIAC」。その中核を担った野末武志氏は、昨年末に公開されたCG映画「Mr.インクレディブル」の制作スタジオに取材も行ったというが、剣劇シーンはモーションキャプチャーではなく、ほとんどが手付けのモーションだったと明かす。しかも顔の表情など細かい部分は「キングダムハーツ」のアニメーターが手伝ってくれたという実力派を揃えての布陣とのこと。

 実際に昨年ヴェネチアに出展された映像は「時間があまりにもなくて納得がいかず、すべてのシーンを作り直した」というほどのこだわりだ。特に「FFVIIAC」の映像のキーワードであり、実際にものすごいと感じさせられる「空気感」の表現については、「今回はレンダラー(※光の計算をするソフト)もいつもと変え、キャラと背景をあとで合体して実現したもの」だという。

 「スター・ウォーズEPIII」をもはるかに凌ぐ剣劇シーンについては、「剣の戦いはやはり日本が本場ですからね。そこは負けるわけにいかなかったし、かなりこだわりました」とディレクターであり監督の野村哲也氏は語る。野末氏も続けて「とにかく剣劇は“ネタ”がすべてでしたね。こんなシーンで戦わそうとか、突然思いついたものもありますし、アニメーションチームから出てきたアイデアもたくさんあります」とこだわりすぎたくらいと語る。最後のクライマックスとなる決闘シーンはとにかくスゴイことになっている。観ないと一生後悔するほど必見のデキだ。

 シーンごとのシビれるセリフは、シナリオ担当の野島一成氏によるものだが、「映像作品は今回が初めてでしたけど、ゲームの場合、僕って、説明グセがあるんですよね。なんか(セリフで)説明しようとしちゃう(笑)。だけど、今回の作品は、普通のゲームとは比べものにならないぐらい声や顔の表情で表現できる部分があるので、シーンごとのセリフを逆に凝縮して濃密なものにしていくことができたんです。最初の最初は20分程度の企画で、子供達とクラウドとティファが出てくるぐらいの物語だったのが、こんなに大きな作品になったわけですけど、本当にやって良かったと思います」と自信をのぞかせる。

 今回、ゲームとは違う「映像作品」を手がけた野村哲也氏。彼は本作について「最初は短期間で作って、すぐに終わうと思っていたんですが、やってるうちに本格的なものになってしまいましたね。僕としては、ゲームも映像作品も、違いというのは実はあまりなくて、基本的に大きな指針をキッチリと出して、あとは現場がやりたいように頑張って、いいものに作り上げる。このやり方は、いつも僕らがゲーム作りでやっている方法となんら変わらなかったんですね。結果として、ゲームとはまた違ったものがたくさん味わえて、良かったと思います」と語る。

 実は、ヴェネチア国際映画祭のマルコ・ミューラー会長は、わざわざ日本に何度も足を運び、毎回野村哲也氏に直接会いに来て、2年連続の出展を熱烈に要請したという。スクウェア・エニックスとしても、ゲーム発の映像作品という“初の試み”に対し「2年半前の段階ではまったくゼロだったものですからね。始めた頃にゼロだったものが、今やヴェネチアにまで来ることになるなんて、当時は誰も予想してませんでしたから。ゲーム発の映像作品。それがこうして、1つの形になったということは、とてもうれしいことです」と橋本慎司プロデューサーは総括する。

 このあと、9月8日にヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズでジャパンプレミア上映が行われ、9月10日〜16日には東京・名古屋・京都の3都市でリミテッドスクリーニング(特別上映)を経て、9月14日にDVD-VideoとUMD-Videoで発売が予定されている本作。

 「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」は、全世界で1000万人のファンがいる「FFVII」の続編的な映像ではあったが、それはある意味で「FFVII」の歴史を見届ける作品とも言える。一部海外サイトでは、勘違いな批評も出ているようだが、本作は間違いなくファンは感動を覚え、何度も観てしまい、そしてファン同士で語り合いたくなる歴史に残る名作であり、大傑作だと言える。日本での発売まであと10日ほど。みんなの期待は絶対裏切らないと断言しよう。

wk_0903ac101.jpg

左から野村哲也氏、野末武志氏、野島一成氏、橋本慎司氏。連日海外メディアへの対応で引っ張りだこの中、我々の取材に応じてくれた。さらなるエピソードは、「ドリマガ」でも掲載される。そちらも必見

[西岡浩二郎,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping