速報
2005/09/16 12:32 更新

東京ゲームショウ2005――基調講演:
任天堂「Revolution(仮)」隠されていたコントローラ明らかに

千葉県・幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2005で、基調講演に立った任天堂の岩田聡代表取締役は、任天堂が2006年発売を予定している次世代ゲーム機「Revolution(仮)」の秘密にされていたコントローラを披露した。

 本日16日、千葉県・幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ2005」で行われた基調講演「ゲーム人口の拡大に向けて 〜ゲーム産業に今、何が必要か〜」において、先のE3で発表された任天堂の次世代ゲーム機「Revolution(仮)」で、キモとなるコントローラを明らかにした。

wk_0916tgs201.jpg

 壇上に立った任天堂取締役の岩田聡氏は、家庭用ゲームが世に出て約20年、そのコンセプトを変えずにいたコントローラ部分に着目し、据え置き型のゲーム機の新たな可能性を示すとして片手で操作できるリモコン型を提案。ゲーム機が家庭にあっても触る人と触らない人に差が出るのはなぜなのかを考えた結果生み出されたと、その使用例をプレゼンテーションした。

wk_0916tgs202.jpg

 このコントローラの先端には、最新のダイレクトポインティングデバイスと呼ばれるセンサーが取り付けられ、画面上のどこを指し示していても検出できるようになっている。このデバイスによって画面との距離やヒネリも検出でき、コードレスになったことでより自由度の高いゲーム性を実現できるようになっているばかりでなく、直感的でわかりやすい操作を提供できるのだという。

wk_0916tgs203.jpg

 また、このコントローラは複数同時に使用も可能。柔軟な拡張性も提案されている。「ダイレクトポインティングデバイス」の反対側には拡張コネクタがあり、このコネクタを使用しヌンチャクのような“両手の位置関係を自由に操作できる”「フリースタイルコントローラ」も披露された。こちらは本体に標準で同梱される予定とのこと。

 このフリースタイルコントローラは左手で進行方向を、右手で画面上で何かを狙うなどを同時に行うことができ、例えばFPSなどのジャンルでも新しいスタンダードになりえるのではないかと提案された。フリースタイルコントローラを懐中電灯に見立て、暗闇を探検したり、複数のコントローラで使用可能なのを活かし、家族で世代問わず直感的に楽しめることもできるのではないかと岩田氏は語った。

 ちなみに従来型のゲーム――バーチャルコンソールのゲームはどうやって遊ぶのかと心配している方に向けて岩田氏は、クラシックゲーム対応アダプタを用意すると発言した。

 さらなる詳細はおって報告する。

wk_0916tgs204.jpg

wk_0916tgs205.jpg

wk_0916tgs206.jpg

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping