ニュース
2005/09/16 23:50 更新

東京ゲームショウ2005――セガブース:
「アーマード・コア」以上の自由度とオリジナリティを――Xbox 360「クロムハウンズ(仮称)」

セガとフロム・ソフトウェアがコンビを組んだ、Xbox 360向けメカアクションゲーム「クロムハウンズ(仮称)」。フロム・ソフトウェアの「アーマード・コア」シリーズのノウハウはもちろん、両社の持つ技術が注ぎ込まれた本作のプレゼンテーションが行われた。

 セガとフロム・ソフトウェアがコンビを組んだ、Xbox 360向けメカアクションゲーム「クロムハウンズ(仮称)」。フロム・ソフトウェアの「アーマード・コア」シリーズのノウハウはもちろん、両社の持つ技術が注ぎ込まれた本作に関して、実機を使っての解説、および多人数対戦のプレゼンテーションが行われた。

photo

 まずは、本作のプロデューサーを務めるフロム・ソフトウェアの鍋島氏と、セガのマーケティングマネージャーである下村氏の2人が登場し、本作のトレーラームービーの上映が行われた。

photo

(左)セガ 下村氏。(右)フロム・ソフトウェア 鍋島氏

 なお、本作の企画コンセプトについて、鍋島氏は「映像に関しては、細かいディテールの表現ができるようになりましたので、その点にかなりこだわりました。存在感のあるロボット、ということを心がけて作っています。ロボットのデザインについても、より機械らしいという部分にこだわりを持って、そういった部分が目立つように作っています」とコメント。

 また、本作では「アーマード・コア」シリーズのようにいろいろとパーツを組み合わせることが可能となっているが、この点について鍋島氏は「『アーマード・コア』以上に自由度と、オリジナリティのあるものが作れるシステムにしています」と、本作が「アーマード・コア」におけるカスタマイズとは、ひと味違うものを持っていることが語られた。

photo

細かい部分までパーツの交換が可能な「ガレージ」

 この後、ステージでは対戦前のカスタマイズ画面となる「ガレージ」や、ボイスチャットを使い、チームメンバーで作戦を練る「ブリーフィング」などが紹介され、セガブースから5人、マイクロソフトブースから5人、計10人によるチーム対戦の実演が行われた。

photo

マップ画面を見ながら、チームで相談する「ブリーフィング」

photo

セガとマイクロソフトが対戦中。緑チームのセガは、赤チームのマイクロソフトの拠点(赤い建物)を破壊すれば勝利となる

 対戦中もボイスチャットは、敵の発見時や増援の要請など、さまざまな場面で活用され、コミュニケーションはもちろん、ゲームを進める上でも欠かせない要素のひとつであることが伺えた。なお、対戦自体は戦況が不利と見るや、潔くも特攻を仕掛けた作戦が功を奏し、セガチームの勝利となった。

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping