ニュース
2005/09/17 03:34 更新

東京ゲームショウ2005――タイトーブース:
Xbox 360「ワールドエアフォース(仮称)」を前面に出しつつも実は……

タイトーはXbox 360と同時発売される「ワールドエアフォース(仮称)」を中心に、あらゆるジャンルで手に触ってもらうことを重視し展開している。

 現在開催中の「東京ゲームショウ2005」において、タイトーはコンシューマー向けとして16本のタイトルを出展しすべて試遊可能となっている。なんといっても注目なのが、Xbox 360での開発が進んでいる「ワールドエアフォース(仮称)」と言える。タイトーブース正面には、「ワールドエアフォース(仮称)」の試遊台が並んでおり、中でもゲームショウ専用コクピット型筐体が目につく。

wk_0917TGS202.jpg

 マイクロソフトブースにもプレイアブルが出展されているが、こちらも長蛇の列ができていた。ほかにも注目すべきはニンテンドーDSの「LOSTMAGIC(ロストマジック)」とPSPの「EXIT(イグジット)」。こちらもぜひ手にとって遊んでもらいたい。つい次世代機関連に目が行きがちだが、抑えるところはきっちりしているのがタイトーらしい。なお、プレイアブル16タイトルは以下のとおり。

対応機種タイトル
Xbox 360ワールドエアフォース(仮称)
DSLOSTMAGIC(ロストマジック)
PSPEXIT(イグジット)
PSPジェットでGO!ポケット
PSP零式艦上戦闘記 征空王
PS2HOMURA (ほむら)
PS2魔探偵ロキRAGNAROK 魔妖画〜失われた微笑〜
DSバブルボブルDS
PS2アルティメットプロピンボール
PS2ラングリッサーIII
DSタッチゲームパーティー
PSP電車でGO!ポケット山手線編
PS2雷電III
DS恐竜対戦ダイノチャンプ最強DNA発掘大作戦
PS2タイトーメモリーズ上巻
PS2タイトーメモリーズ下巻

wk_0917TGS203.jpg

 着目したいのは、今回のゲームショウにおいてタイトーは、11月24日にプレイステーション 2用ソフトとして発売することを明かした「魔探偵ロキRAGNAROK 魔妖画 〜失われた微笑〜」(価格は税込み6090円)をはじめ、12月1日に発売すると発表したシューティングゲームの「HOMURA」(価格は税込み7140円)ほか、12月発売予定の旅客機を操縦するPSP版「ジェットでGO!ポケット」(税込み5040円)と、ゼロ戦やレシプロ機などを操作できる「零式艦上戦闘記 征空王」(税込み5040円)と、PSPで遊べるフライトゲームを2本、隠し球としてプレイアブルで出展している。

wk_0917TGS204.jpg

「魔探偵ロキRAGNAROK 魔妖画 〜失われた微笑〜」は、月刊コミックブレイドで連載されアニメにもなった「魔探偵ロキRAGNAROK」をゲーム化した作品。ゲームオリジナルのキャラクターも登場する。プレーヤーは主人公・ロキとなり、街に発生した謎を解き明かしていくことに

(C)2003 木下さくら・マッグガーデン/魔探偵ロキRAGNAROK製作委員会/テレビ東京
(C)TAITO CORP.2005

wk_0917TGS205.jpg

戦国時代を舞台に、抜刀によって周囲の敵を倒していく一風変わった「HOMURA」は、プレーヤーが主人公「焔」(ほむら)となり、天界の宝物「天星為魂」を取り戻すため戦うシューティングゲーム

(C)Skonec ENTERTAINMENT Corporation 2005
(C)TAITO CORP.2005

wk_0917TGS206.jpg

PSP版となった「ジェットでGO!ポケット」では新たに「タイム制」を導入。日本航空が協力していることもあり、登場する機体は、現在現役で稼働しているJAL B747-400、767-300など。東京国際空港、関西国際空港、大阪国際空港、福岡空港の実在の空港も登場する。モードは、旅客機を安全に着陸させる「フライトモード」と、時間内着陸を目指す「トライアルモード」、プレイを鑑賞する「リプレイモード」と、データ閲覧の「フライトガイド」の4つとなる。「フライトガイド」には、JALの2005年版最新データが収録されている

(C)TAITO CORP.1999,2005

wk_0917TGS207.jpg

「零式艦上戦闘記 征空王」は、第2次世界大戦に活躍したレシプロ機にフィーチャーした本作では、当時の飛行機乗りのように、移動先を予知して機銃を当てる「見越し射撃」などが魅力のひとつ

(C)TAITO CORP.2003,2005 (C)2003,2005.Marionette Inc.
※このゲームは、第二次世界大戦の歴史的背景を題材にして制作されておりますが、ゲーム中に登場する国家・団体などの名称、及び設定等は全てフィクションであり、実在のものとは一切関係ありません。

 また、タイトーブースにはジャレコやプリンセスソフト、スターフィッシュなどのメーカー提供のタイトルも展示されている。中でもPS2タイトル「高速機動隊 〜World Super Police〜」では、車を搬入するくらいの力の入れようで、17日・18日ともにステージイベントも予定している。ミニスカポリスもやってくるそうだが、すでにコンパニオンのミニスカポリスが案内してくれていた。プレイアブル展示されているのは以下のタイトル。

対応機種タイトル
PS2高速機動隊 〜World Super Police〜
PS2 しろがねの鳥籠
PS2ルーンプリンセス
PS2おとなのギャル雀2 〜恋して倍満!〜
PSPくるくるカメレオン
PS2Mobile Train Simulator + 電車でGO! 東京急行編
PS2Train Simulator 京成・都営浅草・京急線

wk_0917TGS203.jpg

 ほかにも新作のゲームアプリの展示をはじめ、タイトーは物販ブースも展開している。また17日からは朝からステージイベントも繰り返し行われるので、そちらもチェックしてもらいたい。

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping