ニュース
2005/09/19 06:12 更新

東京ゲームショウ2005――コナミブース:
「MGS 5」は桜井政博氏が制作? 衝撃的なコメントも飛び出した「MG Saga ON TGS」

コナミブースにて、「METAL GEAR」の歴史を振り返るステージイベント「MG Saga ON TGS」が開催された。ステージには、小島監督とアートディレクターの新川洋司氏に加え、特別ゲストとして、ゲームデザイナーの桜井政博氏の3人が登場した。
photo

 コナミブースにて、伝説のMSX版「METAL GEAR」から最新作となる「METAL GEAR SOLID 3」までの歴史を振り返るステージイベント「MG Saga ON TGS」が開催された。同ステージでは、小島秀夫監督とアートディレクターの新川洋司氏、そして特別ゲストとして「METAL GEAR」の大ファンだというゲームデザイナーの桜井政博氏の3人が登場した。

photo

(左から)小島秀夫監督、桜井政博氏、新川洋司氏

 シリーズの原点は今から18年前、1987年に登場したMSX版「METAL GEAR」となる。小島監督は当時を振り返り、「コナミに入ってファミコン(ソフトの開発)をやりたかった。でも、なぜかMSXの部署に配属……しかも、最初に作ったアクションゲームがボツにされて、とても落ち込んでいたんです。会社をやめようかとも考えていたんですが、1本作ってからやめろと言われて、その時に作ったのが「METAL GEAR」。ただ、その時のチームは自分と同じ新人か、もしくは先輩しかいなかったので、“こんな敵から逃げるゲームなんて聞いたことない。売れないと思うから作りたくない”という感じでした」とコメント。

 「プレゼンテーションもしますが、(言葉だけでなく)遊んでもらわないと伝わらないこともある。『METAL GEAR』はまさにそれで、反対があったり、協力してくれなかったりと、本当にいろいろとありました」と語る小島監督の顔からは、当時の苦労をうかがい知ることができた。

 ちなみに、桜井氏も当時を振り返り、「一番最初に『METAL GEAR』を見た時、結構ショックを受けたんです。それまでのものとは全然違うゲームじゃないですか。“隠れてみたい”、“忍んでみたい”と思ってました(笑)」と語ってくれた。

photo

当時のパンフレットなども公開。小島監督は「“潜入、破壊せよ!”って当たり前のことですね。こんなのキャッチコピーでも何でもない」と語りながらも、当時を思い出したのか、その顔には笑顔があふれていた

 続いて、2作目(「スナッチャー」を含むと3作目)となる「METAL GEAR 2」は1990年に登場。ここでは新川氏が当時を振り返り、「MSXはとても高かったので買えなかった。友だちの家で遊んでいたんですが、『METAL GEAR 2』はグラフィック、パッケージがとても格好良かった」とコメント。

photo

 また、本作よりオープニングに「HIDEO KOJIMA」の文字が表示されるようになるのだが、これについて小島監督は「当時は引き抜きなどが多くて、名前は載せられなかったんですが、僕が作っています、というものがやっぱりほしかった。ただ、これはアルファベット表示だったので、ファンレターがすべて当て字で……“秀夫”ではなく“秀男”と書かれているのが多かったですね」と、当時の思い出も交えながら語ってくれた。

photo

イベントで使用されている資料などは、すべて小島監督の私物。当時は「自分のソフトも3本くらい買っていた」(小島監督)のだとか

小島監督は「METAL GEAR SOLID 4」で引退、後任は桜井氏?

 プレイステーション「METAL GEAR SOLID」の登場、その少し前の1994年「ポリスノーツ」制作時には、新川氏が開発5部(小島組、もとい小島プロダクションの原点)へと加わることとなる。

 コナミに入社したのは“「METAL GEAR」を作りたい”という思いがあったからだと新川氏は述べてくれたのだが、これにはすかさず小島監督が「嘘ですよ。新ちゃんは確かにそう言って(面接に)来ましたけど、後で聞いたら“やってないです”って(笑)」と突っ込みを入れていたのが印象深かった。

photo

ゲームの制作同様に、トークでも非常に息の合ったところを見せてくれる小島監督と新川氏

 そしてトークはいよいよ1998年に登場した「METAL GEAR SOLID」へと移る。ここでは小島監督より「『METAL GEAR』を作る気はなかった。ただ、プレイステーションでは3Dポリゴンができるということで、掘り起こしたという感じでした」という衝撃の事実が、新川氏からは「ただ、3Dポリゴンの技術というのは、うちのチームにまったくなかったのものなので、一から構築していきました」といった、当時の思い出が語られた。

photo

記念すべき第1回「東京ゲームショウ」にて配られたという「METAL GEAR SOLID」のパンフレット

 次に2001年、プレイステーションからプレイステーション 2へと進化した際には、“「METAL GEAR SOLID 2」をどのように作るべきか?”を考え、実際にはポリゴンを増やしたり、人数を増やしたり、マップを大きくしたり、といったことに加え、雨や風、霧といった表現の処理に空気感を出し、“まるでそこにいるかのような感覚”を打ち出すべく、制作を進めていったことなどが語られた。

 また、桜井氏からは「『METAL GEAR SOLID 2』の特徴として、3割がスネークで7割が雷電を中心に物語が進むわけですが、なぜこのようにしたんですか?」という質問が投げかけられる。

 これに対して小島監督は「いろいろな人にテストプレイをしてもらっていた際に、女性、特に高校生や中学生から“こんなおっさんばっかり出てくるゲームは絶対に買わない”といった感想が書かれてしまして……そこで新ちゃんといろいろと話した結果、『2』では美少年を出そうかとなったんです」という、これまた意外な事実が明らかにされた。

 最後は2004年にリリースされた、現時点で世に出ている最新作「METAL GEAR SOLID 3」の話となるのだが、昨年といえば桜井氏がフリーのゲームデザイナーとなった年でもある。ただ、そこはやはりシリーズファンの桜井氏。「METAL GEAR SOLID 3」に関しては、「フリーになってすぐにタイトルを抱えていたので、忙しい時期ではあったんですけど、もちろんクリアしました」と語ってくれた。

photo

歴史を振り返るイベントだけに、このような資料も用意されていた。「METAL GEAR SOLID 4」にてソリッド3部作は完結するとのことだが……

 なお、まだ歴史には含まれないタイトルではあるが、プレイステーション 3にて登場が予定されている「METAL GEAR SOLID 4」にも話はおよぶ。ここでは桜井氏から「自分としては小島監督がやるのであれば、たとえスネークがじじいになったとしても、絶対に面白くなるはずと確信しているので、こうしてほしいといったことはないです。ただ、何でも良いのでということであれば、(小島監督の思うように)好き勝手やってみてもらいたい」といった要望が述べられた。

 また、小島監督と新川氏が“「METAL GEAR SOLID 4」を最後に本編シリーズから手を引く”という衝撃的な事実がサラッ語られる。では、小島監督は何をするのか? というと「携帯ゲーム機で『METAL GEAR ACID』シリーズがありますが、『ACID』だけでなく、携帯ゲーム機ならではの『METAL GEAR』を続けていきたいというのが1つ目。そして、オンラインで楽しめる『METAL GEAR ONLINE』をどんどん膨らませていきたいというのが2つ目。最後に3つ目として、次世代のマシンでの本編『METAL GEAR』というのがあり、このように『METAL GEAR』はどんどん広がっていきます」(小島監督)と、決して「METAL GEAR」という作品自体から完全に手を引くわけではないようだった。

 そしてさらなるサプライズとして、小島監督は「METAL GEAR SOLID」シリーズの自分の後任として桜井氏を指名する。その理由としては「桜井さんはすごくゲームを愛しているから。クリエイターというのは、何だかんだ言ってもゲームを商売のネタとしか考えていない人もいるんです。でも、桜井さんはすごく真摯な態度でゲームに取り組んでいる」と語ってくれた。

 指名された桜井氏と言えば、急なオファーにとまどいを隠せなかったようで「あまり真に受けないでくださいね」とコメントしたものの、その様子を見る限りでは、まんざらでもないようだった。果たして今後どのような展開を見せるのか?

photo

小島氏からの突然のオファーに、慌ててコメントを述べる桜井氏

 なお、後任の話が冗談だったとしても、小島監督と桜井氏は常日ごろからお互いを認め合っているらしく、いつかコラボレーションタイトルを制作してみたいという思いがあるとのこと。こちらのほうが実現の可能性は高いだけに、ぜひとも期待したいところだ。

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping