ニュース
2005/09/27 16:46 更新


SCEI、プレイステーション 3向けツールおよびミドルウェアライセンス提供を開始

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、プレイステーション 3用ツール・ミドルウェア開発企業向けのライセンス提供を、10月1日より開始すると発表した。同時に、SNシステムズ、AGEIA Technologies、Epic Games、Havokの開発ツール群の提供が開始されることも発表された。

 今回のプレイステーション 3向けツール/ミドルウェアライセンスは、プレイステーション 3向けのミドルウェアおよびツールを開発する企業が対象で、参入するのは14社。ライセンス契約を締結したツール・ミドルウェア開発会社に対しては、プレイステーション 3プラットフォームに関するさまざまな技術についてサポートするとともに、コンテンツ開発者のニーズに合わせて適切なツール・ミドルウェア製品を紹介したり、ツール・ミドルウェアに関するロゴの使用を許諾するなど、マーケティング面でも積極的な支援を行う、としている。なお、ツールおよびミドルウェアには、コンテンツ開発ツールおよびライブラリ群、ゲームエンジン、コンテンツ自体に組み込めるソフトウェア部品などが含まれている。

プレイステーション 3向けツール・ミドルウェアライセンス 参入予定会社一覧(2005年9月27日現在。社名アルファベット順)
Alias Systems Corp.
Autodesk Inc.
Avid Technology Inc.
CRI Middleware Co., Ltd.
Emergent Game Technologies Inc. (※Numerical Design, Ltd. と合併)
Epic Games Inc.
Firelight Technologies Pty Ltd.
Havok (Telekinesys Research Ltd.)
Interactive Data Visualization Inc.
Metrowerks Games Team
Pixelux Entertainment Inc.
RAD Game Tools Inc.
SiliconStudio Corp.
Web Technology Corp.

 また同時に、SNシステムズ、AGEIA Technologies、Epic Games、Havokの開発ツール群の提供も開始されることが発表された。

 SNシステムズについては、2005年9月に買収が完了したことに伴い、同社が開発しているプログラミングツール「ProDG」のプレイステーション 3向け評価版および最終版を、2005年10月以降、プレイステーション 3用ゲームコンテンツ開発者に対して、SCEIが提供するプレイステーション 3向けSDKにあわせて、順次提供されることになる。

 AGEIA TechnologiesおよびEpic Games、Havokについても、2005年7月に締結した戦略的提携に基づき、2005年10月以降、SCEIが提供するプレイステーション 3向けSDKに併せて、各社の開発ツール群の評価版および最終版が順次されるとのこと。

 今回提供されるのは、物理演算ライブラリ「AGEIA PhysX. SDK」(AGEIA Technologies)、統合ゲーム開発フレームワーク「Unreal Engine 3」(Epic Games)、物理エンジン「Havok Complete XS」(Havok)を中心としたツール群となる。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping