ニュース
2005/10/04 17:41 更新


グラス片手に特撮アクションドラマはいかが――「GARO」10月7日より放映開始

テレビ東京系で10月7日の深夜1時半より放映が開始される「GARO」。雨宮慶太総監督が放つのは、VFXを駆使した、大人のための“ハイパー・ミッドナイトアクションドラマ”だ。

 10月4日に都内の会場で開かれた記者発表会には、総監督の雨宮慶太氏のほか、主人公の「GARO=冴島鋼牙」を演じる小西大樹さん、ヒロイン「御月カオル」役の肘井美佳さん、心理カウンセラー「龍崎」役の京本政樹さんが登場した。

画像

左から肘井さん、小西さん、京本さん、雨宮総監督

――GAROのストーリー:太古の昔より人間を食らい続けてきた魔獣「ホラー」。その毒牙からひそかに人々を守り続けてきた者たちがいた。魔中を倒す力を一子相伝で伝承してきた「魔戒騎士」である。古びた洋館に住む謎めいた若者・冴島鋼牙こそ、魔戒騎士最高位の証、金色の鎧を受け継いだ「黄金騎士ガロ」である。邪悪な魔中を狩る黄金騎士の聖なる件が大都会の闇を切り開く――。

 当日は第1話の試写も行われたのだが、ワイヤーアクションやエアーラム、ハイホール、ラチェットといったハリウッド映画スタントの最新技術が映像には駆使されているほか、主人公の鋼牙とホラーとの戦いは“殺陣”が中心。スピード感あふれる戦闘シーンとなっている。

 雨宮総監督は「かつてヒーローものが好きで、よく見ていた世代に、もう一度わくわくするものを提供したい。子供のために作られたヒーローものをのぞき見している人には、自分たちのために作られたドラマであると実感してほしい」と語るが、その通りに、ドラマはかなりハードな内容だ。

 なお、京本さんはエンディング曲も担当する。「雨宮総監督とは10年以上のつきあいだが、一緒に食事をしたときに参加してほしいと請われて実現した。“必殺仕事人”以来21年ぶりの音楽作家。GAROの内容を考えながら作詞・作曲した。あと1、2曲用意しているので、期待してほしい」(京本さん)。エンディングテーマ曲のタイトルは「牙狼<GARO>〜僕が愛を伝えてゆく」。作詞・作曲・歌は京本さん。

画像

中央が黄金騎士ガロ

 放送開始は10月7日、深夜1時半から。概要は以下の通り。

放送局放送開始日放送時間
テレビ東京10月7日25時30分〜
テレビ愛知10月10日25時58分〜
テレビ大阪10月8日25時40分〜
テレビせとうち10月8日25時〜
九州放送10月8日24時25分〜
びわ湖放送10月13日24時55分〜
奈良テレビ10月26日24時40分〜

キャスト
冴島鋼牙小西大樹
御月カオル肘井美佳
涼邑零藤田玲
倉橋ゴンザ蛍雪次郎
コダママーク武蔵
加藤浩一徳井優
篠原亜佐美福井未菜
龍崎京本政樹(特別友情出演)
スタッフ
原作・総監督雨宮慶太
エグゼクティブプロデューサー二宮清隆
久保聡
白石誠
プロデューサー服部洋之
石田幸一
中川順平
アクション監督横山誠
VFXスーパーバイザー小坂一順
シリーズ構成・脚本梶研吾
脚本小林雄次
制作プロデューサー小河原修
テクニカルプロデューサー堀内勉
制作東北新社クリエイツ
オムニバス・ジャパン
ディープサイド
制作・著作Project GARO
(C)2005 雨宮慶太/Project GARO


[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping