ニュース
2005/10/21 13:25 更新


プレーヤー機、敵エース機の一部を公開――「エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー」 (1/3)

「ACE5」のオープニングで語られた「ベルカ戦争」を舞台とする、PS 2用ソフト「エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー」。今回は敵となるベルカ公国空軍のエースパイロットたちが所属する部隊&機体、さらにはステージとなるであろう舞台を公開する。

 「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」のオープニングで語られた15年前の戦争「ベルカ戦争」を舞台とする、プレイステーション 2用ソフト「エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー」。

 前回の記事では、本作のストーリーと敵軍エース機として登場する「Typhoon」や「F/A-18C」を紹介したが、さらに敵となるベルカ公国空軍のエースパイロットたちが所属する部隊&機体の存在が明らかになったのでお届けする。

photo

ベルカ公国空軍マーク

 これまでの「エースコンバット」シリーズ以上に“敵の存在”に重点を置いている本作では、ベルカ公国空軍の敵エースたちがメインテーマにそえられている。ゆえに、そのひとりひとりの性格や戦い方は異なり、プレーヤーの行く手を遮る強力な敵として登場するわけだ。

 また、その機体は各部隊ごとに個性際立つカラーリングが施されている。これにより、各隊のプライドの高さが象徴されるとともに、「強き者」としての存在感を誇示しているとのこと。

ベルカ公国空軍 第2航空師団第52戦闘飛行隊 ロト隊(4機編成)

photo

隊長はデトレフ・フレイジャー中佐、通称“赤いツバメ”の率いるエリートパイロット部隊。ベルカ絶対防衛戦略空域「B7R」の制空任務を主とする。同時に、伝統のベルカ空軍の象徴的存在として、戦意高揚を目的とした軍プロパガンダにも幾度となく登場

Typhoon

photo

ロト隊の面々が乗る、国際共同で開発された制空戦闘機。カナード翼(前翼)付デルタ翼の制御は高度に自動化され、超音速・亜音速領域共にタイフーン(台風)の名に違わぬ敏捷性を発揮する

ベルカ公国空軍 第10航空師団第8戦闘飛行隊 グリューン隊(4機編成)

photo

隊長は“フクロウの目を持つ男”の異名を持つベルンハルト・シュミッド大尉。第10航空師団に所属する厄介者の寄せ集めで構成されながら、臨機応変な戦闘形態で、ベルカ戦争初期段階において数々の功績を上げる

F/A-18C Hornet

photo

「ホーネット(スズメバチ)」と呼ばれる艦載機。機体の配備数の限られた空母での運用を想定し、対空・対地戦闘共に汎用的にこなせる設計のマルチロール機である

ベルカ公国空軍 第7航空師団第51戦闘飛行隊 インディゴ隊(4機編成)

photo

隊長はデミトリ・ハインリッヒ中佐。東部戦線の防空を主任務とする第7航空師団の精鋭部隊で、“ベルカ藍色の騎士団”と呼ばれる。機体性能を最大限に引き出す、鋭さと優雅さを兼ね備えた戦術機動は、多くの戦績を叩き出している

JAS-39C Gripen

photo

低コストと高い整備性の傑作マルチロール機。JASとは「戦闘・攻撃・偵察」を意味し、多彩な任務をこなす。伝説上の有翼の怪獣に由来する「グリペン」の愛称で呼ばれる

次ページは「ベルカ公国空軍 第5航空師団第23戦闘飛行隊 ゲルプ隊(2機編成)」の紹介から

      | 1 2 3 | 次のページ

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping