ニュース
2005/10/21 16:30 更新


PSP、全世界での生産出荷累計1000万台を達成


 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)は、同社が世界各地域で展開している携帯ゲーム機「PSP」が、2005年10月21日時点で、全世界での累計生産出荷台数1000万台を達成したと発表した。

 PSPは、2004年12月に日本、2005年3月に北米、2005年5月にアジア、2005年9月に欧州地域で発売されており、約10カ月間で1000万台という出荷数量は、SCEIがこれまでに導入してきたプラットフォームの中でも、最速の普及スピードとなっている。

photo

11月17日には1GBのメモリースティック PRO デュオを同梱した「PSP ギガ・パック」が新たに発売される。こちらは本体色がセラミック・ホワイトのPSP ギガ・パック「PSP-1000 G1CW」

photo

本体色がブラックのPSP ギガ・パック「PSP-1000G1」もある

 なお、PSP用ゲームソフトウェアについの発表も行われており、こちらは2005年9月末時点で全世界197タイトル、累計生産出荷本数は1960万本に達しているとのこと。以下、各地域でのPSP生産出荷累計台数。

 ・日本(アジア含む) 300万台 (発売日 2004年12月12日)
 ・北米 447万台 (発売日 2005年3月24日)
 ・欧州(PAL地域) 253万台 (発売日 2005年9月1日)

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping