レビュー
2005/11/07 21:28 更新

「ワンダと巨像」レビュー:
「ICO」同様、既存のゲームと比べることがナンセンス (1/3)

世界が待ち望んだ「ICO」制作チームの新作「ワンダと巨像」。その内容はワンダを操作し、巨像を倒すというシンプルながら力強いもの。スタートボタンを押すと、その先には美しいフィールドが広がっていた。

空気感が絶賛された「ICO」

 2001年に発売された「ICO」は、それまでのゲームの常識を打ち破ったタイトルだった。主人公はいけにえとして霧の城に連れてこられた角が生えた少年イコ。同じく城に囚われていた少女ヨルダと手を取り合って、複雑に入り組んだ城の出口を目指す。

 登場人物は限りなく少なく、主人公のイコと謎めいた少女ヨルダ、そして城の女王の3人程度で物語は展開する。状況を説明する文章や無駄な会話は排され、RPGやアドベンチャーにありがちなコレクション要素やミニゲームもない、極限まで削ぎ落とされたスタイルが斬新だった。

 シンプルゆえに、ICOの世界はプレーヤーを強くひきつける。この城はどうしてできたのか、イコにはなぜ角が生えているのか……。想像の翼は限りなく広がっていく。さらに、絵になるビジュアルも特徴のひとつだ。巨大な城とちっぽけなイコ、白い少女と黒い影の対比。ムービーだけでなく、プレーヤーが操作するゲームの一瞬一瞬でさえも、ハッとするほど美しい。

 結果として、ICOはライトユーザーも巻き込んで、口コミでロングセラーになったのはご存じの通り。国内のみならず海外でも各種の賞を受賞し、世界中で高い評価を受けた。

 こうなると当然のように注目されるのが次回作だ。ICO制作チームの次回作は、発表前から「NICO」というコードネームで呼ばれ、世界規模でさまざまな噂が飛び交ってきた。そして2005年10月27日、とうとう新作「ワンダと巨像」がお目見えした。

 本作の主人公はイコではなく、タイトルにもあるようにワンダ。世界観はある程度重なっているようにも映るが、物語そのものは直接的な続編ではない。本作のメインは巨像との対決。巨像と小さな人間である青年の対比が目を引く。そしてやはり無駄な演出は省かれ、こちらの想像力を強くかき立てる作りとなっている。

 あれだけカリスマ的な人気を得たICOだから、ゲーム内容や主人公を変えずにそのまま続編を作るという手もあったのかもしれない。しかし、安易にそうしなかった作り手の、本作にかける思い入れが伝わってくる。もはやゲームと呼ぶよりは、アーティスティックな“作品”と呼ぶのにふさわしいと言えるだろう。

photo

石造りの「霧の城」が舞台だった前作と異なり、今回は自然に満ちた壮大な荒野「古えの地」を駆けめぐる

photo

ワンダは「いにしえの剣」を携えて、死者が蘇るという伝承が残るこの地へ来た。足を踏み入れることは禁じられているようだが……

      | 1 2 3 | 次のページ

[立花裕壱,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping