ニュース
2005/12/01 18:49 更新


スクエニ「FFXII」、サントリーとコラボで「ポーション」発売――メインテーマに葉加瀬太郎氏を起用 (1/2)

スクウェア・エニックスは本日、2006年3月16日に発売を予定している「ファイナルファンタジー XII」の価格を税込み8990円と発表。また「FFXII」に関する2つのコラボレーションについても公開した。

wk_1201FF01.jpg  スクウェア・エニックスは12月1日、品川プリンスホテル エグゼクティブタワー3F「クラブ eX」にてサントリーとのコラボ企画である「ポーション」の発売を発表した。

 これは、2006年3月16日に発売が予定されている「ファイナルファンタジー XII」(以下、FFXII)との連動企画で、「FF」シリーズに登場する体力回復アイテム“ポーション”をイメージして開発された。「FF」シリーズは、1987年に第1作が登場して以来、全世界で6300万本以上を出荷する人気作品。ありそうでなかった“ポーション”の発売、そしてメインテーマ曲はいかにして決まったのか……。まずは、スクウェア・エニックス代表取締役社長 和田洋一氏が登壇した。

 和田氏は、ゲームが多様化されエンターテインメントの1ジャンルとして認められるようになった昨今、ファイナルファンタジーシリーズがその大きな位置を占めていることを誇りに思っていると切り出す。「グラフィックはもちろんのこと、システムやキャラクターも総合的なエンターテインメントとして成長したファイナルファンタジーは今回で12作目となる。ひとつのエンターテインメントの一角として、さらなる広がりを求め、他業界との関係を密にしていくことが大事であると考えている」と、今回のコラボレーションに期待をしていると挨拶した。

 続いて登壇したスクウェア・エニックス コーポレート・エグゼクティブの橋本真司氏は、2006年3月16日に発売を予定している「FFXII」の価格を、税込み8990円に決定したと発表した。この発売に弾みをつける意味も込めて、サントリーとのコラボとなったと今回の企画経緯について語られた。

wk_1201FF02.jpg

(左写真)左からスクウェア・エニックス代表取締役社長 和田洋一氏、同社コーポレート・エグゼクティブ 橋本真司氏、同じく田口浩司氏、サントリー常務取締役 食品事業部長 寺澤一彦氏、同社食品事業部 副事業部長 齋藤和弘氏が並ぶ。(中央)和田氏は今回のコラボについて大きな期待を寄せていると発言。(右写真)サントリー側からの提案ではじまった、FFシリーズには欠かせない“ポーション”を現実世界に送り出すため、ゲーム開発陣も気に入り協力を惜しまなかったと橋本氏は明かす

wk_1201FF08.jpg

飛行艇を手に入れ自由に空を駆けめぐりたい主人公ヴァンは、イヴァリースと呼ばれる世界に存在するダルマスカ王国の王位継承者である王女・アーシェと出会う……。ご存じ「FF」シリーズ最新作「ファイナルファンタジー XII」は、魔法と科学が混在する世界観を縦糸に、さまざまな出会いと別れを経験するドラマを横糸に編み込まれる壮大なストーリーが魅力

サントリーとのコラボはありそうでなかった「ポーション」

      | 1 2 | 次のページ

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping