ニュース
2005/12/27 12:03 更新


「うちはメイド喫茶ではありません」――“喫茶店”としてのプライドをかけた再出発

2カ月のリニューアル期間を経て、正統派メイドさんが働くカフェ「Victorian Cafe Emily」か12月24日からオープンした。メニューも大幅に変更された新生Emilyを、1日早く訪問してみた。

 新宿西口からほど近い、とは言え「こんな所にメイド喫茶が?」といぶかしがるような場所に「Victorian Cafe Emily」(以下、Emily)はある。控えめな入り口ではあるが、確かに中では数人のメイドさんたちが、オープン前に忙しく働いている様子が見える。リニューアルにあたって採用されたメイドさんは全部で7名とのこと。EmilyのWebサイトにも書かれているが、今回は「紅茶とコーヒーに詳しい」ことが採用条件となっており、応募者には何と3種類の紅茶/コーヒーのテイスティングまで行われたそうだ。

画像

白壁に小さな「Emily」の看板があるだけの静かなたたずまいだ

 リニューアルで大きく変更されたのは、何と言ってもメニューだろう。店長の橋本さんいわく「従来のEmilyは何にでもこだわりすぎ、手を広げすぎたのが反省点。これからのEmilyは“喫茶店”であることを重視し、フードとアルコールメニューを全面的に撤廃しました。その代わりコーヒー・紅茶は厳選した自信作ばかりです。他のお店ではなかなかお目にかかれないような、珍しい茶葉等も仕入れました」とのこと。

 確かにメニューを見ると、おなじみのダージリンやアッサムティーに加えて「ダージリン・シルバーニードルズ・マカイバリ」(3000円)、「桐木正山小種」(1200円)なども提供されている。蛇足ではあるが、紅茶の茶葉には白っぽく非常に柔らかい高級品で「シルバーチップス」と呼ばれるものがあり、シルバーニードルズはさらにその上を行く茶葉である。3000円という価格はちょっと立ち寄ってお茶する感覚にはそぐわないかもしれないが、真のお茶好きならばその価値が分かるはずだ。このほかにも、7人のメイドさん達によるオリジナル・ブレンドティーが用意されているのだ。風花さんによる「Couleur de miel」(はちみつくまさん)や椿さんの「Princesse de came'lia」(椿姫)という風に、それぞれの個性やイメージを象徴した紅茶に仕上がっている。こちらは各種1.000円と財布に多少優しいお値段なので、お気に入りのメイドさんが決まったら、オーダーしてみてはいかがだろう?

画像

変わったのはメニュー内容とスタッフのみ。店内の調度品などは以前のままらしい

画像

紅茶をサーブ中のメイドさんは、ななこさん。面接にて店長から「雰囲気がうちに合っている」と即採用だったとか

画像

キッチンで働くメイドさん達の姿、なんとなくグっときます。フードの提供がなくなったため、制服も長袖に統一された

 昨今のメイドカフェやメイドリフレなどと呼ばれる店舗が増殖するブームについてどう思うか、単刀直入に質問してみたところ、橋本氏いわく「うちはメイド喫茶ではありません。ですからメイドブームやメイドカフェブームとは無縁のところにあります」とキッパリ。また、「たとえメイド喫茶であっても“喫茶”と名乗る時点でそれ相応のサービスを提供できなければいけない」とも述べた。確かにメイド服をユニフォームに着て、ご主人様と発言してれば良いだろう、というような投げやりなサービス内容の店舗が乱立する今のメイドブーム。一線を引いてあくまでメニュー内容で勝負するという姿勢は評価できる。

画像

店長の橋本宗明氏

画像

まだまだ不慣れなメイドさん達に、紅茶の扱いや入れ方を指導している。いい絵柄ですよね……

 メイド喫茶のファンサイトなどでは「イスのすわり心地が抜群」などと評価の高いEmily。オリジナルのティーコジーといった小物は従来のままに、メニュー内容を一新して再スタートしている。取材時にはコーヒー用と紅茶用のカップを間違えて出してしまうなど、まだまだメイドさんたちも不慣れなようで、ドジっ子メイドを見たいなら今のうちかもしれない。

画像

店内は全面禁煙なので、スモーカーにはちょっとつらいかも

画像

半そでバージョンの制服は旧型タイプ? エプロンにはEmilyの刺繍入り。ヘアバンドではなくキャップな所が正統派メイドファンにはたまらないはず

店舗名Victorian Cafe Emily(ヴィクトリアン カフェ エミリー)
住所東京都新宿区西新宿7-15-13
営業時間正午〜午後8時

[角田氷,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping