インタビュー
2006/01/10 00:43 更新

2006 International CES:
短期でなく、長期的な視野で日本市場に取り組んでいる――ピーター・ムーア氏インタビュー (1/2)

CES 2006で、Xboxのキーマンであるピーター・ムーア氏にインタビューする機会を得たので、HD DVDサポートに関することや、低調な滑り出しとなった日本市場に対する展望などを聞いた。

 今年のCESでは、ソニーやMicrosoftがブースに試遊台を数多く設置するなど、過去にはないほどゲーム分野に力の入った展示を行っていた。また、ビル・ゲイツ氏の基調講演では、Xbox 360用に外付けのHD DVDドライブが発売されるという発表があるなど、大きなトピックも目立った。そのCES 2006で、Xboxのキーマンであるピーター・ムーア氏にインタビューする機会を得たので、HD DVDサポートに関することや、低調な滑り出しとなった日本市場に対する展望などを聞いた。

画像

HD DVDは映像再生用途のみで、ゲームはDVDで発売する

――なぜこの段階でHD DVDへの対応について発表したのですか?

ピーター・ムーア氏(以下、敬称略) 「HD時代」では、ハイデフィニション(日本で言うところのハイビジョン)映像が非常に重要な要素です。Xbox 360のオプションとして外付けのHD DVDドライブを提供し、Xbox 360ユーザーがHD DVDドライブを接続するだけでHDクオリティの映画コンテンツを再生できたほうが、ユーザーにとって利益になると考え決断したのです。

画像

Microsoftコーポレート バイスプレジデント ピーター・ムーア氏

――HD DVDドライブの接続はどういった方法になりますか?

ムーア 接続方法もそうですが、仕様面や価格など、現時点ではまだ発表できるものはありません。

――このタイミングでの発表というのは、HD DVD対応のXbox 360が発売されるという、先日の日本での報道を受けてのものでしょうか?

ムーア いえ、違います。あの報道とはまったく関係ありません。また、あの報道もスクープでも何でもなく、単なる憶測であり完全な誤報です。あの報道では、HD DVDを内蔵するXbox 360が発売されるという内容に近かったですが、我々は外付けのオプションとしてHD DVDドライブを提供するのですから、完全な間違いですね。

――では、HD DVD内蔵型のXbox 360を提供するというプランはないのですか?

ムーア その通りです。現時点ではそういったプランはまったくありません。Xbox 360の本体デザインには日本のデザイナーも関わって、非常にすばらしいものができたと考えています。もちろん、Xbox 360のデザインには大変な労力や時間をかけています。そういったものを、1年も経たない間に捨て、新しいものを作るというのはあり得ませんし、その理由もありません。第一、買っていただいたユーザーに対して失礼です。

――HD DVDドライブを外付けで提供するということは、他のデバイスに対しての対応も可能と言うことを意味すると思います。例えば、外付けでBlu-ray Diskドライブを提供することも可能なはずです。将来の状況によっては、そういったこともあり得るのでしょうか?

ムーア ベータとVHSのようなフォーマット戦争が起こらないように願っています。それによって不利益を被るのは消費者ですし、本当なら規格は統一されるべきなのです。ただ、現時点ではどちらが勝つかはわかりません。我々は、HD DVDのほうが、HDムービーの再生にも、PC用のデバイスとしても最も適したものであると考えています。特に、基調講演でも紹介したように、HD DVDのマネージメントコピー機能(クオリティを損なわずにHD DVDの映画のデータをPCにコピーできる機能)は、Blu-ray Diskにはないすばらしい機能です。

 現時点では、そういった部分を考慮してHD DVDを選択していますが、実際にはHD DVDとBlu-rayのどちらが勝つかはわかりません。ただ、我々は外付けドライブという形態を取りますので、将来の状況の変化に対して対応は可能です。しかし、ソニーはそれができません。Blu-rayが勝てば、ソニーには大きなチャンスとなるでしょう。しかしBlu-rayが負けると、ソニーはかなりの痛手を被ることになるはずです。

――例えば、プレイステーション 3に対抗して、プレイステーション 3が発売される前に、Xbox 360のオプションとして外付けのBlu-ray Diskドライブを提供するというのはどうですか?

ムーア それは、次世代DVDフォーマット戦争が早期に終結して市場でBlu-rayが勝つ、ということを前提として話をしているように感じますね。しかし実際には、どうなるかはまだ分かりません。私たちは今年数百万台のXbox 360を出荷する計画ですが、それでもフォーマット戦争の結果を待って対応することができます。しかし、ソニー(プレイステーション 3)はBlu-ray決め打ちですから、それはできません。

 ただ、ゲーム機と、次世代DVDの規格をオーバーラップして考えている人も多いようですが、ゲーム機ではすばらしいゲームがプレイできるという部分が重要です。ですから、我々は現時点でやるべきこと(すばらしいゲームを提供すること)に注力します。

――では、HD DVDディスクを利用したゲームの発売はありますか?

ムーア 現時点では考えていません。HD DVDドライブは映像再生のみをサポートしたものとなります。現状のDVDフォーマットでも、すばらしいゲームが提供できると考えています。

      | 1 2 | 次のページ

[聞き手:平澤寿康,ITmedia]

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping