ニュース
2006年01月30日 16時00分 更新

父から子へ受け継がれるプログレスモード――「機動戦士ガンダム クライマックスU.C.」 (1/2)

バンダイが3月2日に発売するプレイステーション 2用3Dアクションシューティング「機動戦士ガンダム クライマックスU.C.」は、オリジナル主人公で宇宙世紀が追体験できるプログレスモードも必見。

 バンダイが3月2日に発売するプレイステーション 2用3Dアクションシューティング「機動戦士ガンダム クライマックスU.C.」は、「機動戦士ガンダム」から「ガンダムF91」までの宇宙世紀シリーズ8作品を堪能できる“集大成”といえる作品。前回、「機動戦士ガンダム」「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZZ」「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」「機動戦士ガンダムF91」の、名場面ばかりを楽しめるクロニクルモードは紹介したとおり。各作品のクライマックスシーンでは、サンライズによる新規描き下ろしアニメーションが入る。

wk_060130uc01.jpg

 今作は、クロニクルモードのほか、一年戦争から年代順に並んだ9つのステージを通して、オリジナル主人公で遊べるプログレスモードが用意されている。このモードでは、プレーヤーがオリジナル主人公を選び、戦いを通して育成していくことになる。宇宙世紀シリーズは「機動戦士ガンダム」から「機動戦士ガンダムF91」まで、44年経っている。そのため、今作のモードでは世代交代が行われる。親から子へ、才能は引き継がれる。だが、そのためには特定条件を満たしてクリアしなくてはならない。

 プレーヤーは地球連邦軍かジオン軍(デラーズフリート)のどちらかを選択。ステージを進めていくと時代が動き、所属軍チェンジイベントが発生し、任意に次世代の所属を選択できるようになる。地球連邦軍からエゥーゴかティターンズを、ジオン軍(デラーズフリート)からエゥーゴかアクシズかを。エゥーゴとティターンズから地球連邦軍(ロンド・ベル)、アクシズからネオジオン。そして次世代へ……。

wk_060130uc02.jpg
ステージ4からエゥーゴかアクシズを選択

 このようにステージが進むにつれ、ストーリーは複雑に入り組んでいく。プレーヤーが過去に作成し、メモリーカード内に存在しているパイロットが、同じ軍の同僚や上官として登場することもあるという。プレーヤーの選択はイベントにも派生する。オペレーターや同僚パイロットと仲良くなるイベントなど、さまざまな恩恵があり、「世代交代」に影響していく。

 オリジナル主人公は、ストーリーに沿って得たスキルポイントを自由に振り分け、パイロットを育成していく。戦果に応じて階級がアップ。それに応じてモビルスーツが支給され、乗り換えが可能となる。プレーヤーは最初、主人公キャラクターの性格を3つのタイプから選び決定することができる。性格によって、セリフのパターンが変更されるほか、上がりやすい能力値も決まっている。

wk_060130uc03.jpg 「逆襲のシャア」と「F91」の時代までは30年の時間を隔てている。こうしてプレーヤーは、親から子へと世代交代イベントを経て、受け継がれていく。最初のオリジナル主人公はカムナ・タチバナ。1stガンダムから逆襲のシャアまでの時代を駆け抜け、エースへと成長していく。軍人家系の名門の生まれで、士官学校卒
wk_060130uc04.jpg 子供を得るにはパートナーがいなくては話にならない。プレーヤーは、ストーリーを進めるうちに「オペレーターの女性」、「同僚女性パイロット」、「民間人の女性」の3人から、結婚相手を選択することになる。選んだ相手により、子供の能力値が変動する。スクリーンショットの子はエレン・ロシュフィル。カムナの専属オペレーター。民間からの志願兵で、エリートのカムナを尊敬している。明るく前向きな性格のため、みんなのアイドル的存在。いわゆるガンダムヒロインの定番
wk_060130uc05.jpg ナギサ・フローリン。カムナの隊の同僚女性パイロットで、士官学校時代カムナと成績を争った。冷静な大人の女性だが、時折お茶目な面も見せる
       1|2 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping