ニュース
2006年02月15日 16時31分 更新

ニンテンドーDS、新展開――ブラウザやワンセグ放送に対応

2月15日、都内の会場で開催された「ニンテンドーDS カンファレンス!2006.春」で、今後ニンテンドーDS向けのブラウザソフトやワンセグ放送対応のチューナーが発売されることが発表された。速報でお伝えする。

 2月15日に開催された「ニンテンドーDS カンファレンス!2006.春」。登壇した任天堂の岩田社長から、ニンテンドーDS本体の出荷台数が600万台を超えたことが発表された。岩田氏によると、これまでのゲーム機史上で最速の達成となったとのこと。また、「おいでよ どうぶつの森」の200万本突破や「マリオカートDS」の100万本突破などを含め、ミリオンセラーとなったタイトルが7タイトルとなり、ニンテンドーDSの普及が加速。2006年末までに1000万台の普及を目指すことなどが語られた。

画像 「『ニンテンドーDS Lite』の発売により、さらなる普及を目指す」と任天堂代表取締役社長 岩田聡氏

 なお、ニンテンドーDS対応ソフトとして、Operaをアレンジし、ジャストシステムのATOKを搭載した「ニンテンドーDSブラウザー」を6月に発売することや、ワンセグ放送へ対応した「DS地上波デジタル受信カード(仮称)」の発売も発表された。

画像 発表されたニンテンドーDSブラウザー
画像
画像 ワンセグ放送対応のDS地上波デジタル受信カード(仮称)
画像 ワンセグ放送受信時のイメージ

 なお、ニンテンドーDS カンファレンス!2006.春の詳細については追ってお伝えしたい。


※詳細記事はこちら

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping