ニュース
2006年03月20日 15時31分 更新

Flashで制作したTVアニメ「THE FROGMAN SHOW」をテレビ朝日系で放送開始

 DLEは、蛙男商会と共同で、全編をFlashアニメーションで制作したギャグアニメ番組「THE FROGMAN SHOW」を4月5日より3カ月間、テレビ朝日と朝日放送で放送する。放送時間は毎週水曜26時40分から。

画像画像

 THE FROGMAN SHOWは、「古墳GALのコフィー」と「鷹の爪」の2本立て。いずれも一話完結。

 古墳GALのコフィーは、古墳が女子校生だったらという設定で、死のイメージとかわいいギャルをミックスした(キモかわいい)キャラが主役。友情、恋愛、親子の愛情などを熱っぽくストーリー展開する。インターネット上では、すでに1カ月に15万人が見る人気番組だ。

 鷹の爪は新作。悪の秘密結社の4人が世界征服を狙うが、実は日々の生活もままならず、情に厚くて涙もろく、弱者を助けてしまう。一方で正義の味方も登場するが、ぜいたくな生活をし、冷たい。負け組の悲哀を描きながら、世の中は勝ち負けではない、と社会風刺するストーリーとなっている。

 なおDLEのニュースリリースによると、これまで1話の制作費に約100人が数カ月間携わり、約1200万円程度の予算がかかっていたところ、Flashを活用することで3人で1週間、数十万円で仕上げることができたとのこと。少人数、低予算の制作が可能になることで、個人や中小企業でも容易にアニメ番組を制作することができるようになり、他業界からの新規参入や新たな才能の開花につながることが期待できる、としている。

(C)蛙男商会/DLE


[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping