ニュース
2006年03月23日 16時22分 更新

Game Developers Conference 2006:

「ワンダと巨像」が5冠制覇――「Game Developers Choice Awards」

現地時間の22日夜、GDC恒例の「Game Developers Choice Awards」の発表と授賞式が、San Jose Civic Auditoriumにて開催。「ワンダと巨像」が5部門制覇し、今年のBEST GAMEに選ばれた。TECHNOLOGY部門では「nintendogs」も受賞。
wk_060321gdc01.jpg

 ゲーム開発者を対象としたGame Developers Conference 2006(以下、GDC 2006)が、米国サンノゼのSan Jose McEnery Convention Centerなどを会場に現在開催されている。現地時間の22日夜、恒例の「Game Developers Choice Awards」が今年も催された。

 「Game Developers Choice Awards」は、ゲーム開発者が投票でノミネート作品を選出し、その年の優秀なゲームと開発者を讃えるもの。毎年GDCでは盛り上がるイベントとあって、会場となったSan Jose Civic Auditoriumは、ノミネート作品関係者はもちろんのこと、GDCに参加している開発者や観衆で開始前から盛り上がっていた。

 「Game Developers Choice Awards」は2部構成となっており、第1部となる「8th Independent Games Festival & Awards Ceremony」ではインディペンデント系の授与式を。その後行われる「6th Annual Game Developers Choice Awards」では、「WRITING」、「GAME DESIGN」、「CHARACTER DESIGN」、「TECHNOLOGY」、「VISUAL ARTS」、そして今年一番のゲームを決める「BEST GAME」などの各部門に分け、著名な開発者達をプレゼンターとして迎え表彰する。

 今年は各部門発表の幕間に、主催者側が製作したゲームのパロディームービーが流される新機軸も打ち出し好評だった様子。少しだけ紹介すると「ルイージマンション」を実際にやってみようと、オバケが出ると有名な観光地化した古い家に、ルイージらしき男が小型クリーナーを持参し現れ怒られたり、「ICO」を街中でやってみたりと会場は爆笑の渦に巻き込まれていた。

wk_060321gdc02.jpg 「Independent Games Festival & Awards Ceremony」では「DARWINIA」がゲームズ・オブ・ザ・イヤーに選ばれた
wk_060321gdc03.jpg 今年はAUDIO部門のプレゼンターに、七音社の松浦雅也氏が登壇
wk_060321gdc04.jpg LIFETIME ACHIEVEMENTで評されたのは、「ウルティマ オンライン」などの製作に関わったAichard Garriott氏

 ノミネート作品はすでに発表されているので、こちらを参考にしていただくとして、各部門と受賞作品を以下に列挙する。

INNOVATION

  • 「Guiter Hero」
  • 「nintendogs」
  • 「ワンダと巨像」(英題「Shadow of the Colossus」)

NEW STUDIO

  • Double Fine Productions (Psychonauts)

WRITING

  • 「Psychonauts」

GAME DESIGN

  • 「ワンダと巨像」(英題「Shadow of the Colossus」)

AUDIO

  • 「Guiter Hero」

CHARACTER DESIGN

  • 「ワンダと巨像」(英題「Shadow of the Colossus」)

TECHNOLOGY

  • 「nintendogs」

VISUAL ARTS

  • 「ワンダと巨像」(英題「Shadow of the Colossus」)

BEST GAME

  • 「ワンダと巨像」(英題「Shadow of the Colossus」)
wk_060321gdc07.jpgwk_060321gdc05.jpg

wk_060321gdc08.jpg

 実に5冠と各部門総ナメといっていい成績を残した「ワンダと巨像」プロデューサーの海道賢仁氏は、「ICO」製作以来4年かけてこうして評価される作品を作ったスタッフを誇りに思うし、栄誉なことだと思っていると発言。最高の結果で評価されたことにとても感激しているようだ。同じく本作のディレクター&ゲームデザイナー&アートディレクターの上田文人氏は、本日5回目の登壇ということもあり「本当はこれが欲しかった」と会場を笑わせる。

 受賞にあたって「ワンダと巨像」のプロデューサーであるソニー・コンピュータエンタテインメントの海道賢仁氏は、「こうしていろんな部門で受賞できたのもチーム全体が評価されたことだと理解しています。まだ何も言うことはできないが、次回作でもこうして評価されるよう狙っていきたいと思います。ICOも以前表彰されているのですが、その時はルーキータイトルとして、まだ我々も疑心暗鬼の中での受賞ということでうれしかったですし、今回はさらにチームとしても成長してると実感できたので、これもまた違った意味で喜びも大きいです」とコメント。同じく本作のディレクター&ゲームデザイナー&アートディレクターを担当する上田文人氏もいまだに信じられないと話す。「まったく予想してなかったです。ICOの際にもノミネートは経験しているのですが、こうして賞を取るとは夢にも思っていませんでした。もっとちゃんとしたかっこうで来れば良かった」と率直に喜びを表現する。次回作ではあまりこういう受賞は意識することなく取りかかりたいと語る上田氏だが、これを機会にもっと遊んでくれる人が増えることを期待しているとメッセージを寄せてくれた。

wk_060321gdc06.jpg

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping