ニュース
2006年03月27日 15時08分 更新

見た目はまるで日本? アマテラスの冒険の舞台となる世界「ナカツクニ」を徹底解剖――「大神」 (1/2)

大神アマテラスとなり、世界に命と緑を取り戻すために冒険を繰り広げるプレイステーション 2用ソフト「大神」。今回は、アマテラスの冒険の舞台となる世界「ナカツクニ」の詳細が明らかになったので、これまでに公開されたフィールドのおさらいも含めてお届けする。

 見て目はただのオオカミ、しかしてその実体は大神であるアマテラスとなり、世界に命と緑を取り戻すために冒険を繰り広げるプレイステーション 2用ソフト「大神」。これまでアマテラスが使う、森羅万象を操る神の力「筆しらべ」や登場キャラクターを中心にお伝えしてきた本作だが、このたび、アマテラスの冒険の舞台となる世界「ナカツクニ」の詳細が明らかになったので、今までに紹介しているフィールドも含めて、「ナカツクニ」内にあるさまざまな場所を改めて見ていこうと思う。

photo 「ナカツクニ」全体図。これまでに紹介してきたフィールドはその中ほどに位置する一部の地域で、まだまだその何倍もの広大なフィールドが存在している。はたしてそこには、どんな大冒険がアマテラスを待ち受けているのだろうか?

これまでに紹介したフィールドのおさらい

神木村

photo

 アマテラスの旅がはじまる村。以前はご神木「コノハナさま」の庇護の下、天下の景勝地と謳われていたが、その「コノハナさま」も妖怪たちの邪気によって今ではすっかり枯れてしまい花も実もつけていないという。村の長老ミカン爺は一子相伝の花踊りで「コノハナさま」を蘇らせようとしている。


神州平原

photo

 ナカツクニで最も美しいと言われ、かつてヤマタノオロチを退治したイザナギの伝説の舞台ともなった大平原。以前は神木村や花咲谷、アガタの森など数々の景勝地に向かう人々の往来が頻繁にあったのだが今では妖怪たちがさ迷う不気味な風景が広がっている。


花咲谷

photo

 神州平原の奥に広がる渓谷。昔は花が咲き乱れ美しい瀧が流れる名所だったが、今では妖怪たちが住み着いてしまい、すっかり荒れ果てている。谷の奥には不思議な水晶玉が祀られていたのだが……。


アガタの森

photo

 神州平原の先に広がる深く大きな森。肥沃な土壌の下、美しい自然が広がっている。さまざまな動物たちが暮していたが最近では妖怪が頻繁に出没するようになり、その数もめっきり減ってしまった。


ツタ巻き遺跡

photo

 遥か昔からアガタの森の奥深くに存在する何のために作られたのか誰も知らない神秘の遺跡。森に住む子供たちの格好の遊び場となっていたが今では遺跡の奥に妖怪達が住み着き邪気の吹き溜まりの様になってしまっている。


高宮平

photo

 神路岳(かみじだけ)から吹き降ろす退魔の風「神風」によって守られて来た平原。都へと続く関所があるため多くの旅人たちが行き交いその身を休める憩いの場となっていた。しかしある日を境に、その神風がピタリと止んでしまい、それに合わせるかのように妖怪たちがはびこるようになってしまった。


笹部郷

photo

 親分ジャンバ太夫を中心としたスズメ組が住んでいると言われる秘境。この笹部郷には「心が清らかな人しか入る事ができない」という言い伝えがある。普段は、ゆっくりと時が流れる穏やかな里だが今はなぜか入り口を堅く閉ざしてしまっている。


       1|2 次のページへ

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping