ニュース
2006年04月25日 21時01分 更新

フィギュアの中にゲームがある――工画堂スタジオ新作「Dear Pianissimo」

工画堂スタジオから、体長約13cmのPVCフィギュアの中に、USBメモリを内蔵し、そのメモリー内にオリジナルミュージックアクションゲームが収録されているPC用ソフト「Dear Pianissimo」が登場する。発売予定日は2006年7月、価格は未定。
photo

 工画堂スタジオは、「Music Angel Collection」シリーズの第1弾として「Dear Pianissimo」を発売する。発売予定日は2006年7月、価格は未定。Dear Pianissimoは、“体長約13センチメートルのPVCフィギュアの中に、USBメモリを内蔵し、そのメモリ内にオリジナルミュージックアクションゲームが収録されている”というもの。

 ゲームの特典としてフィギュアが付いてくるという話は良く聞くが、Dear Pianissimoはフィギュアの中にゲームが内蔵されているというのは、ありそうでなかったアプローチである。なぜ、このような形をとったのか? それについて工画堂スタジオは、「(これまでのフィギュアでは)二次元を三次元に変換するにとどまり、原作物との溝は永遠に埋まることはないように思えます。端的に表現すると、原作は原作、フィギュアはそれらコンテンツ(キャラクター)への愛情としてのアイテムのひとつでしかない、“ただの飾り”以上の価値を持つことは難しかった、ということです。そこで、立体化したキャラクターフィギュアにもうひとつの存在意義を持たせてみようという発想にいたり、製品を企画しました」とのコンセプトを明らかにしている。


photophotophoto 体長約13センチメートルのPVCフィギュア。ゲームの登場キャラクターである「ぴあの」をモチーフにしている。制作を担当しているのはYUJINさんだ

 なお、ゲームをプレイする際には、フィギュアに直接USBケーブルを接続し、PCのドライブとして使用することとなる。プレイ後は、PCモニターの横に、アクセサリーとして展示すればいいわけだ。“飾れるゲーム”とでも言えばいいのだろうか。いずれにせよ、新しいコンテンツ提供のひとつであることは間違いないだろう。


 さて、フィギュアの話はこれぐらいにしておいて、メモリ内に内蔵されているゲームについても少し触れておこうと思う。収録されているのは、OP/EDを含む楽曲全5曲+ビジュアルノベル形式のアドベンチャーだ。最後にストーリーとキャラクターを、それぞれ紹介していく。

Dear Pianissimoストーリー

photo

 昨日から降り続いた雨が止み、薄い雲間から太陽が顔を出し、見慣れた町並みがキラキラと輝いていたそんなさわやかな午後。
 ピザ屋の配達バイクで川沿いの土手道を走っていたシュウは、さわやかな雰囲気を一変させるほどの歌声がどこかから流れてくるのに気付く。
 歌声の主は、華奢で大人しそう外見の女の子。
 その外見と歌声とのギャップに歌い終わるまでシュウは見とれていた。
 ひとしきり歌い終わり、ちょっと気合を入れた女の子は、シュウのほうへ向かって歩いてきて、そしてすれ違った。

 その女の子、ナギは、声優のオーディションを受けるために、すこし早くに家を出て河原で歌の練習をしていた。
 大人しくて引っ込み思案な自分にとって、オーディションを受けるなんて、これ以上ないくらいの勇気を出してがんばっている。
 でも、それが精一杯の勇気。
 少しでも受かる可能性を高めるため、ギリギリの時間まで歌の練習をして、オーディション会場へと歩きだす。
 途中、ピザ屋さんのバイクとすれ違う。
 同い年くらいの男の子が乗っている。
 さわやかな汗が仕事を頑張っているのをよくあらわしている。
 オーディションに頑張って受かるよう気合を入れなおすナギ……。

 そんな、日常のささいなふたりの出会い。

 最後の配達が終わり、シュウはビル工事現場近くの交差点で赤信号に捕まっていた。
 信号を待っている間、目の前の横断歩道を信号が青にもかかわらず、いっこうに渡ろうとしない女の子に気がつく。
 トートバックを胸の前で抱え、沈んだ様子のその娘は、さっきの、河原で歌っていた女の子のようだ。
 偶然にも同じ女の子と2回すれ違うなんて珍しい……。
 何事も起こらなければ、その日はただそう思っただけで終わったはずだった。
 そう、同じように偶然、居眠り運転だか酔っ払い運転だかのトラックがシュウに突っ込んで来たりしなければ……。

photo

 この世とあの世との狭間に存在する学園“コンサヴァトリ”……。ここは不意に命を落とし、現世へと強い想いを残してしまったものを一時的に集める場所。どこか見たような懐かしい街の風景は、まるで今までの生活と平行して存在しているかのような穏やかさに満ちていた。ただひとつ、命の消滅への一時的な拘留場所であるという冷酷な事実を除いて。
 シュウとナギも、それぞれの現世への強い未練を持ったまま、コンサヴァトリで目を覚ます。
 この不可思議な場所、コンサヴァトリには、ひとつのルールがあることを告げられる。それは、ここには、ここにたどり着いた者を、現世へと戻す道が用意されていること。
 そしてその権利は、一対一形式で開催される音楽コンクール“レコンコルソ”で勝利をすることで得られるということ。
 つまり……、現世へと戻れるのはふたりにひとり。

 コンサヴァトリへと連れてこられたシュウとナギのふたりも例外ではなく、ふたりは現世に戻るために、コンクールで勝利しなければいけなかった。
 二人に二度目の皮肉な偶然が訪れる。
 シュウの対戦相手、ナギ。
 よみがえりの一枚の切符を手にするためにシュウは、対戦相手として、コンクール当日まで一緒に練習をすることを提案する。



photo 嵩科愁(タカシナ・シュウ)
とっても不幸な星の下に生まれた境遇の持ち主。母親を早くに病気で亡くしているうえ、父親は若い女をつくって家を出ているため、高校生にもかかわらず幼い(小学生)妹とたちの世話をしながら暮らしている。いくつかのバイトを掛け持ちしながら生活のやりくりをしているのだが、そのバイトの途中、今回の出来事に遭遇する
photo 暮里菜葱(クレサト・ナギ)
いまどきの女子高生からみると、少し大人しくて控えめな感じの女の子。どちらかというと一歩下がってのタイプ、のように見えるがその実、意外と頑固で意地っ張り。誰にも言わないが、実は将来「声優」になりたいという大きな夢がある。が、すさまじく音痴
photo ぴあの
シュウが“学園”で出会ったピアノ(楽器)の妖精。シロクロの「ピアノカラー」の衣装をまとっているのは必然。しゃべり言葉にちょっと癖がある。年齢不詳

photo 鳴海澄香(ナルミ・スミカ)
シュウやナギと同じく”学園”へと呼ばれた女の子。性格にヒネたところがあり、トゲトゲした発言で周りを困惑させる
photo 花山田茉莉花(ハナヤマダ・ジャスミン)
“学園”でシュウやナギたちの担任となる教師。“学園”で教師をしていることからもわかるようにシュウやナギとは違い、現実世界で一度死んだ魂たちではない。もちろん人間でもない
Dear Pianissimo
対応機種PC(WindowsMe/2000/XP)
メーカー工画堂スタジオ
ジャンルショートノベル+ミュージックアクション フィギュア
発売日2006年7月予定
価格未定
(C)2006 KOGADO STUDIO,INC.


[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping