ニュース
2006年05月10日 13時32分 更新

E3 2006「マイクロソフトプレスブリーフィング」:

2006年6月までに550万台の販売を目指す――「DOA:Xtreme 2」、「ソニック」など新作ぞくぞく (1/2)

マイクロソフトは現地時間の5月9日、北米ロサンゼルスのGrauman's Chinese Theaterにおいて、Xbox E3 プレスブリーフィングを開催。同社のコーポーレート バイスプレジデントであるピーター・ムーア氏からは、今後の注目タイトルが発表された。

 世界的に有名なFPS「アンリアル」シリーズを手がける、Epic GamesEpic Gamesが開発を務めるアクションゲーム「Gears of War」(※日本は2006年発売予定)のデモプレイからスタートした、今年のXbox E3 プレスブリーフィング。ひと足先に次世代機であるXbox 360を発売していることもあり、新作タイトルの紹介がブリーフィングの中心となった。

photo Gears of Warのデモプレイを行ったのはリードデザイナーのクリフ・プレジンスキー氏だ
photophoto Gears of War スクリーンショット

photo ピーター・ムーア氏

 マイクロソフトのコーポーレート バイスプレジデントであるピーター・ムーア氏は、「次世代のゲームを今ここで紹介できることにとてもエキサイティングしている。ゲームはマイクロソフト全体のビジョンを示すもの。皆さん自身や友だちのライフスタイルを象徴するゲーム、ハイビジョンのゲーム体験を、私たちはすばらしいパートーナーとともに、よりパワフルなものにしていきたい」とコメント。

 また、ピーター・ムーア氏は「(Xbox 360は)次世代機の中で最も早いスタートをきっている。来月の終わりまでには、(全世界で)500万〜550万のXbox 360を販売するつもりだ」と、これまでの状況とともに、これからの展望を語った。ちなみに、発売から8カ月で550万台を突破すると、Xboxはもちろん、プレイステーション、プレイステーション 2よりも早い普及になる。ムーア氏は「Xbox 360はソフトの販売数、アクセサリー(周辺機器)の販売数でも、最も早い普及率となっている。北米での2006年3月の販売ランキングトップ10で最も売れているのはXbox 360のタイトルだった」と続けた。

photophoto
photo Luminess Live。Xbox Live マーケットプレイスからパズルはもちろん、マドンナのシングル「Sorry」をはじめとした音楽、テーマ(壁紙)などがダウンロードできるという

 昔懐かしい定番タイトルからオリジナルタイトルを楽しむことができるXbox Live アーケードタイトルも発表も行われた。2006年4月に日本で開催されたXbox 360メディアブリーフィングでは、バンダイナムコゲームス、コナミデジタルエンタテインメント、ハドソン、SNKプレイモア、ユークス、ディースリー・パブリッシャーの6社の参入が決定していたが、これに加え「Sonic The Hedgehog High Speed」、「Luminess Live」、「STREET FIGHTER II' HYPER FIGHTING」といったタイトルの投入が明らかにされた。


photo 現在のところ100メーカーが参入を予定しているXbox Live アーケードタイトル。今後もその数は増えていく予定だという

 Sonic The Hedgehogと言えばセガ、STREET FIGHTERと言えばカプコンだが、今回の場合、メーカーとしての参入というよりは、ひとつのタイトルを提供という形が取られている。とは言え、どちらも古くから活躍しており、数多くの名作タイトルを持っているだけに、メーカーとしての参入が発表されるのを心待ちにしたいところだ。なお、ブリーフィングでは、これから1年間の間に現在の推移を維持すれば、Xbox Liveの会員数は600万人を突破する、との見解も示された。

       1|2 次のページへ

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping