ニュース
2006年05月15日 17時00分 更新

シリーズ最新作「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」、この秋ニンテンドーDSに初登場

株式会社ポケモンは今秋に、ニンテンドーDS対応ソフト「ポケットモンスター ダイヤモンド」、「ポケットモンスター パール」を2本同時に発売する。

 株式会社ポケモンは2006年秋に、ニンテンドーDS対応ソフト「ポケットモンスター ダイヤモンド」、「ポケットモンスター パール」を2本同時に発売すると発表した。両タイトルは、「ポケットモンスター」シリーズ(ルビー、サファイア、エメラルド、ファイアレッド、リーフグリーンなど)の最新作で、ニンテンドーDSでは初登場となる。

新たな冒険の始まり

 ゲームの舞台は、豊かな自然が広がる「シンオウ地方」。そこに住むポケモンすべてを集めて、「ポケモンずかん」を完成させることと、ポケモンを育ててバトルを勝ち抜き、ポケモンリーグのチャンピオンになることがプレーヤーの主な目的である。

hn_dia01.jpghn_dia02.jpghn_dia03.jpg 新たな冒険の舞台、シンオウ地方。緑豊かな大地が広がっている

 冒険を始める前に、プレーヤーは、男の子、女の子どちらかの性別を選択する。主人公は、シンオウ地方の街「フタバタウン」から出発し、旅を続けるうちに、同じくポケモンを集め、育てているトレーナーたちと出会い、さまざまな出来事に遭遇していく。なお、選ばなかったキャラクターは、主人公を助ける人物として冒険の途中に登場するらしい。

hn_dia06.jpghn_dia07.jpg 若葉が息吹く街、フタバタウン。主人公の冒険は、この街から始まる

hn_dia04.jpg 帽子をかぶり、リュックを背負った男の子の主人公。腕には、時計のようなものも見える
hn_dia05.jpg 大きなバッグをかかえた女の子主人公。深くかぶった帽子とピンクのブーツが印象的だ

新ポケモンが登場

 シンオウ地方には、これまでの「カントー地方」や「ホウエン地方」などではまだ発見されていない未知のポケモンが多数生息しているとのことだ。今回は新たなポケモンのうち、2体を紹介しよう。

hn_dia08.jpg おおぐいポケモンゴンベ。「あついしぼう」または「ものひろい」がとくせい。たかさ0.6メートル、おもさ105キロ。わざ「のみこむ」を使って体力を回復する。カビゴンへと進化する、ノーマルタイプのポケモン
hn_dia09.jpg かぎづめポケモンのマニューラ。プレッシャーがとくせいで、たかさ1.1メートル、おもさ34キロ。わざ「リベンジ」で相手を攻撃する。進化前のニューラと同じ、“あく”と“こおり”の2つのタイプを持っている

hn_dia10.jpghn_dia11.jpghn_dia12.jpg ゴンベとマニューラのバトル

 主人公は「モンスターボール」というどうぐを使って、野生のポケモンを捕まえることができる。手に入れたポケモンは、自分の仲間として、野生のポケモンや道行くトレーナーとのバトル、友だちとの通信対戦の際に活躍することになる。

 「ダイヤモンド・パール」では、出現するポケモンが一部異なり、両ソフト間でポケモンを交換することで初めて、ポケモンずかんの完成に近づく。友だちや家族とのコミュニケーションが重要なカギになるだろう。また、ゲーム中のある条件を満たすと、ゲームボーイアドバンス版「ポケットモンスター」シリーズのポケモンを、ニンテンドーDSのダブルスロットを使用して「ダイヤモンド・パール」の世界へ連れて行くこともできるので、要チェックだ。

 さらに両タイトルには、通常のゲームプレイでは登場しない幻のポケモン「マナフィ」が存在するのだが、これは7月15日公開「劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ」のWミッション引換券付き特別前売券購入者対象の特典となっている。マナフィの入手方法などについては、別途紹介する。

タイトルポケットモンスター ダイヤモンド/ポケットモンスター パール
発売元ポケモン
製造・販売任天堂
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルRPG
発売日2006年秋発売予定
希望小売価格未定

画面は開発中のものです

(c)2006 Pokemon.(c)1995-2006 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは、任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。


[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping