ニュース
2006年05月18日 13時57分 更新

「おいでよ どうぶつの森 ミュージアム」を原宿で開催

ラップネットは、ニンテンドーDS用ソフト「おいでよ どうぶつの森」の世界をリアルベースで体感するイベントを、5月23日(火)〜6月4日(日)の期間中、東京都渋谷区のLAPNET SHIPで開催する。
wk_060518odm01.jpg

 ラップネットは、任天堂が2005年11月23日に発売したニンテンドーDS用ソフト「おいでよ どうぶつの森」の世界をリアルベースで体感するイベントを、5月23日(火)〜6月4日(日)の期間中、東京都渋谷区のLAPNET SHIPで開催する。入場は無料(要入場整理券)。


 「おいでよ どうぶつの森」は、“わたしだけの村”で晴れを愛で、雨をしのぎ、雪を仰ぐなど、四季の移ろいを感じ、1日を過ごすという現実と同じ時間の流れの中でのスローライフを楽しめるゲーム。小さな森では、さまざまなどうぶつをモチーフにしたキャラクターと交流でき、ひとりの時間も釣りや昆虫採集、ガーデニングなど楽しめ、魚や虫、海岸で拾った貝殻、育てた果物、化石などを売ってお金(ベル=森での通貨)で家具や洋服を得、家を増築するなど、生活を彩ることもできる。また、Wi-Fi通信を使用し、自分の村に友人を招待することもできるなど、実生活でのコミュニケーションもとれるとして、250万本の出荷本数を誇る人気タイトルとなっている。

 今回のイベントでは、どうぶつの村をリアルスペースで体感でき、会場でしか得ることができないさまざまなコンテンツを実現している。

My favorite「おいでよ どうぶつの森」展:「おいでよ どうぶつの森」をテーマとした風景画や立体作品などの競演。イラストレーター、アートディレクター、オブジェアーティストなど約10人が参加予定。参加予定アーティスト(敬称略/参加依頼順):フリフリカンパニー、デビルロボッツ、森チャック、タケヤマ・ノリヤ、TOUMA、五月女ケイ子、スズキリエ、イマイサヤカ、ほか。

「おいでよ どうぶつの森」絵日記展:日々『おいでよ どうぶつの森』で暮らしている、ファンたちによる絵日記コーナー。

「村長さんからのプレゼント」コーナー:イベント時のみ入手できるスペシャルアイテムをダウンロードできるコーナー(※過去配信したピクミン、ファルコン、マリオを再配信予定)。

記念撮影コーナー:「おいでよ どうぶつの森」の中で展開する、春夏秋冬の美しい風景。会場では、初夏の森の壁画(横幅3〜4メートル×高さ2.4メートル予定)の前で記念撮影ができます。

映像コーナー:「おいでよ どうぶつの森」のイメージ映像や宣伝用映像を上映。

グッズ販売コーナー:「おいでよ どうぶつの森」関連グッズやニンテンドーDS本体やソフト、また展覧会に参加したクリエイターのオリジナルグッズを販売予定。

開催日時:2006年5月23日(火)〜6月4日(日)
会場時間:11時〜20時(最終日のみ11時〜18時)
入場料:無料(要 入場整理券)
会場:LAPNET SHIP(東京都渋谷区神宮前1-9-11-1F/03-5411-3330)
※このイベントの入場には「入場整理券」が必要。毎日、30分ごとに30人ずつの入場となる。「入場整理券」は4月23日から会場受付で配布中。「入場整理券」は、おひとり様2枚まで。
wk_060518odm02.jpgwk_060518odm03.jpg

wk_060518odm04.jpgwk_060518odm05.jpg

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping