ニュース
2006年07月27日 16時47分 更新

PSPのシステムソフトウェアがバージョン2.80にアップデート――液体パズルゲーム「タマラン」体験データも配信

SCEJは、PSPのシステムソフトウェアをバージョン2.80にアップデート。RSSチャンネルで登録したチャンネルの動画コンテンツと画像コンテンツをメモリースティック デュオに保存可能とする機能などが追加された。
wk_060727sce01.jpg

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(以下、SCEJ)は、PSPのシステムソフトウェア バージョン2.80のアップデートを本日開始した。

 今回のアップデートにより、RSSチャンネルで登録したチャンネルの動画コンテンツと画像コンテンツを“メモリースティック デュオ”に保存可能とする機能が追加された。また、「ロケーションフリープレイヤー」のワイヤレスLANアクセスポイント経由の機器登録が可能となり(ロケーションフリーベースステーションについてはこちらを参照)、ミュージック拡張子が「.3gp」のAACファイルを再生できるようになった。その他にも“メモリースティック デュオ”の「MUSIC」、「PICTURE」、「VIDEO」フォルダに保存されたコンテンツに対応するようになった。さらなる詳細はシステムソフトウェアアップデートサイトを参照のこと。

 また、2006年8月24日に発売を予定しているPSP用ソフト「タマラン」のPC経由及びPSP経由でのゲーム体験版のデータ配信を開始した。これは、体験版はPSPシステムソフトウェア バージョン2.80へのアップデートを行うことでデータのダウンロードすることができるようになるというもの。

 「タマラン」はマーキュリー(水銀)をレール上などを転がしてゴールへ導くという液体パズルゲーム。基本操作はアナログパッドでステージを傾けるだけという誰でも直感的に楽しめるPSPならではのゲームシステムとなっている。体験版では実際に遊んでみないと分からないマーキュリー独特の動きをまさに体験でき、130を超えるといわれるパズルステージの一端をいち早く実感できるようになっている。

wk_060727sce02.jpgwk_060727sce03.jpgwk_060727sce04.jpg

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping