レビュー
2006年08月24日 16時42分 更新

「THE メイド服と機関銃」レビュー:

すべてはご主人様のために――戦うメイドが撃って斬ってと大暴れ (1/2)

SIMPLEシリーズにメイドが主役のスタイリッシュアクションゲームが誕生した。一見、梅干とウナギのように食い合わせが悪そうな気がする“メイド”と“アクション”だが、新たな化学反応から萌えは発生しているのか?

時空をかけるメイド

 風のウワサで“メイドがご主人様を守るため、銃や剣を手にジョン・ウー映画ばりのスタイリッシュなアクションを見せるゲームが出る”と聞き、個人的にずっと気になっていた作品がある。それが本作「SIMPLE2000シリーズ Vol.105 THE メイド服と機関銃」だ。

 本作でプレーヤーが操るのは、あらゆる戦闘機能にタイムトラベル機能を併せ持つ、少々天然ボケのメイドロボ「ユウキ」。このメイド、某ターミネーターよろしく、現代から過去へタイムトラベルしてきたという設定で、ロボなため迫り来る敵を容赦なく叩き潰す。凶悪犯罪がはびこる昨今、一家にひとりは置いておきたいと誰しもが思うパワフルなメイドなのだ。

photo マサキ博士は、謎の組織が行う歴史の改ざんを阻止すべく、そして自らを守るべくユウキを過去の世界に送り込む

 ちなみにユウキがなぜ、過去へとタイムトラベルすることになるのかというと、ユウキの生みの親でありご主人様であるマサキ博士。その少年時代が敵に狙われ、ピンチに陥ったから。つまり、ユウキの目的はマサキ少年を保護することにある。

photo マサキが敵に捕まりかけている瞬間。必死に振りほどこうとしているが、徐々に体力がなくなっていくだけのマサキのヘタレっぷりに萌える

 マサキ少年はショートカットに半ズボンというおぼっちゃまスタイルで、仮にプレーヤーが女性じゃなくても“守ってあげたい!”という気持ちが芽生えてくる。つまり本作は“ショタ萌え”というニーズにもさりげなく応えているわけだ。

 例えば、マサキ少年が敵に捕まらないよう護衛しながら目的地に向かうという特殊ステージがあるのだが、ここでは彼がおびえる姿をたっぷりと堪能できる。ショタ萌え専用ステージと言ってもいいほどだ。と、ここまでショタ萌えを強調しておいてなんだが、筆者は残念ながらそちらの属性はないため、マサキには特別何も感じなかった。


photophoto パッケージ絵(写真左)にもなっている、ユウキに抱きつくマサキ少年。ショタ属性のある方、いかがでしょうか?

仕草とミスマッチさに萌えるべし

 タイトル画面でスタートを選択すると、ユウキが“お帰りなさいませ、ご主人様”とプレーヤーに話しかけてくれる(ちなみに声優はユウキ役に永田依子さん、マサキ役に皆川典子さん)。いきなり登場した萌えボイスの先制パンチに、筆者は早くもダウン寸前だったが、何とか気をとりなおして、戦うメイドさんことユウキのスタイリッシュな活劇を堪能すべく、プレイを開始した。ちなみに本作は全部で8ステージ存在し、各ステージにはボスが待ちかまえている。

photo 画面中の敵全員に大ダメージを与える「必殺バズーカ」を使用すると、アニメーションのカットインが入る

 ユウキのアクションはかなり豊富で、銃器での遠距離攻撃、剣での近接攻撃に加え、ジャンプ攻撃、前転や側転、ダッシュ突きなど、多彩なアクションが楽しめる。また前転や側転中に射撃を行うこともできるため、避けながら相手を攻撃するといったスタイリッシュなアクションも可能だ。

 中でも特に注目したいのは「メイドスタイル」と呼ばれるアクション。このアクションを発動すると、ユウキがトレイを抱えお辞儀、ホウキでお掃除、お茶をくむなど、いくつかの萌えアクションを行い、アクション終了時までダメージを受けずにいると、CからSのランクで評価される。高評価を受けてステージクリアすると、ボーナスが入る仕組みだ。くるっと回りこちらに微笑まれでもしたらもう、思わず“2次元万歳!”と叫びたくなる。

 メイドスタイル以外にも、各々のアクションにしっかりと萌えが含まれていることにも注目したい。例えば、剣による多段攻撃のバリエーションにある、ユウキの連続キック。ユウキが足をバタバタさせる仕草がなんともかわいらしい。またアクションのたびにユウキがしゃべるため、筆者のテンションは常時アップし続けている状態だ。

 筆者が個人的にお勧めしたいが、対戦車ライフルを撃つ時の“お掃除しちゃいますよ!”と、敵の攻撃を食らいダウンしたときの“痛いです……”や“エッチ!”というセリフ。もう問答無用で、たまらなく萌えた! 何度も聞きたくてついダメージを受け過ぎ、ゲームオーバーになりかけることが数回あったほどだ。本作をプレイする場合は、ぜひ聴いてほしい。

いろいろなメイドさんの姿を楽しめるステージ群

 ステージのバリエーションも豊富で、多彩なアクションで敵を倒していく一般的なステージに加え、狙撃のみで敵を倒すステージ、逃げる敵を車で追跡するステージ、前述したマサキ少年を護衛するステージなどがある。メイドさんがスナイパーとなり、カーチェイスまでこなしてしまうゲームは、そうそうないだろう。ミスマッチに思えるこの展開に、何だか引き込まれている筆者がいた。

 各ステージは短く、オールクリアまでさほど時間はかからないだろう。ただし、手に入れた武器やポイントの引継ぎ、クリアによって現れる新たなモードなど、やり込み要素も用意されている。繰り返しプレイを前提に考えれば、全体的なボリュームはそこそこあるはずだ。特に、新たな衣装を手に入れた時は、思わず小躍りしてしまうほどうれしかった。

 なお本作は、アクションゲームとしての面白さ以外にも、ユウキの少しずれた会話や、敵として登場するラウラのツンデレっぷりなど、演出面での見どころがたくさんある。その中から印象に残る場面を2つほど紹介しよう。

photophotophoto ユウキがステージ4にてラウラと初めて顔合わせするシーン。身体に人工的な強化を施したラウラが、まだ自分の体に慣れずマサキ少年を押し倒してしまう。慌てふためくラウラにユウキが割って入る。焦った表情で説明するラウラがかわいい。というかマサキ少年、おいしすぎる

photophotophoto 間に合わせで作ってしまったせいか、単語を忘れていたり自分のご主人様をオトリに使うなど、ところどころ微妙におかしいユウキ。だが、彼女のその変な言動にも心がときめく
       1|2 次のページへ

[雛見沢秀一,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping