ニュース
2006年08月25日 00時00分 更新

仲間がいるって素晴らしい――本当の“軍”になった「地球防衛軍X(仮)」

「THE お姉チャンバラ」に続き、SIMPLEシリーズの人気タイトルである「THE 地球防衛軍」の最新作も、Xbox 360で登場することが明らかになった。デザイン、世界観などが一新されたという、その内容とは?
photo

 「SIMPLE2000シリーズ Vol.31 THE 地球防衛軍」、「SIMPLE2000シリーズ Vol.81 THE 地球防衛軍2」に続く、3Dアクションシューティングゲーム「地球防衛軍X(仮)」がXbox 360に登場する。

 Xbox 360用ソフトとしては、本日公式サイトなどで正式タイトル名が明らかになった、「姉チャン」シリーズ最新作である「お姉チャンバラvorteX〜忌血を継ぐ者たち〜」(紹介記事はこちら)が発表されたばかり。SIMPLEシリーズの人気タイトルが、またもやXbox 360で発売されることとなった。


「地球防衛軍X(仮)」物語設定

・2013年
異星生命体のものと思われる飛行物体が確認される。
異星生命体を「フォーリナー」と呼称。
・同年
フォーリナーへの接触を試みるも、彼らは呼びかけに応じず。
・2014年
さまざまな努力にもかかわらずフォーリナーについては、すべてが不明のまま。
・2015年
最新鋭の装備をもつ連合地球軍「EDF」が設立される。
・2017年
フォーリナーの大船団が飛来。果たして彼らの目的は……。

photophotophoto 空を覆うほどの大船団でやってきたフォーリナーの目的とは?



 ここからも分かる通り、「地球防衛軍X(仮)」の世界観は前2作から一新されており、これまではただの巨大生物扱いであった敵にも「フォーリナー」という立派な(?)名称が与えられた。世界観の変更に伴い、敵キャラクターのデザインにも手が加えられているが、シリーズファンにはおなじみの巨大甲殻虫は登場するそうなので、安心してもらいたい。

photo 明らかにこれまでの侵略者とは異質のようだ
photo 黒いものが降ってきている……これはまさか?
photo やっぱりアリだった! しかも数が尋常じゃない

photophotophoto (左から)アリとクモと人型の生命体。人型の生命体もそうだが、シリーズファンとしては、巨大化するとそのキモさが際立つ、ムカデが出てくるのかも気になるところだろう

photo プレーヤーキャラクター

 これまでとの大きな違いとしては、プレーヤーが隊長となり、仲間の兵士たちを引き連れて戦うことができるようになった点も挙がる。“地球防衛軍”と言いながら、基本的にはたった1人で戦っていたことに寂しさを感じていた人も多かっただろうが、本作では仲間とともに戦う醍醐味(だいごみ)を、思う存分に味わうことができるだろう。

 ちなみに、EDFにはプレーヤーのチーム以外にも、ほかの隊長によって率いられたチームが登場する。画面を埋め尽くすほどの数の敵に対し、EDFも多数で立ち向かうわけだ。兵士たちはAIによって制御されており、状況に合わせてさまざまなセリフをしゃべってくれるという。


photophotophoto 心強い仲間たちの存在。ただし、決して無敵というわけではないので、自らの手は抜かないように注意したい

 今回はあくまで第1報ということで、これ以上の情報は明らかにされていないものの、本作でも武器や乗り物は豊富に用意されているはず。こちらに関しては続報を楽しみに待っていてもらえればと思う。なお、本日正午より、地球防衛軍X(仮)のティーザーサイトがオープンするとのこと。こちらも合わせてチェックしていただきたい。

地球防衛軍X(仮)
対応機種Xbox 360
メーカーディースリー・パブリッシャー
ジャンル3Dアクションシューティング
発売日2006年冬予定
価格未定
(C)2006 SANDLOT (C)2006 D3 PUBLISHER


[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping