ニュース
2006年09月15日 01時55分 更新

Wii Preview:

まだまだあります――Wii Previewで遊べたあんなタイトルやこんなタイトル

初めてWiiを触るという人に、遊びながら操作に慣れてもらうことを目的とした「はじめてのWii」、現状唯一の脳活性化ソフト「Wiiやわらかあたま塾(仮称)」、正統進化の「ファイアーエムブレム 暁の女神」など、5タイトルを紹介する。

現状唯一の脳活性化ソフト――「Wiiやわらかあたま塾(仮称)」

photo

 ニンテンドーDSで発売中の「やわらかあたま塾」が、“頭をやわらかくするという”コンセプトはそのままに、Wiiで登場する。

 体験したバージョンでは、ブロックを砕いて見本と同じ形にする「型ぬきブロック」、パーツを配置して見本と同じ絵にする「お絵かきスタンプ」、じゃまな積み木をはじいて数字の合計に合わせる「たし算積み木」といった3つの問題を使ったレースバトル(先に12問正解したほうが勝ちとなる対戦モード)を楽しむことができた。

 使用ボタンはAボタンのみ、問題は有名私立幼稚園児が解くもの、とは言え大人であれば誰でも簡単に解ける問題ばかり。グラムで表示される「やわらか度」も健在だ。今回は対戦モードしか体験できなかったが、ニンテンドーDS版にあった「あたまのストレッチ」のように、ひとりでじっくりと鍛えるモードも搭載されるのだろうか。

 発売予定日は2007年春とまだ少し先の話ではあるが、現状では唯一明らかにされているWiiでの脳活性化タイトルだけに、今後の続報を期待したいタイトルだ。

ゲーム性はまったくの別もの――「スイングゴルフ パンヤ」

photo

 ゲームポットが運営するオンラインゴルフゲーム「スカッとゴルフ パンヤ」がWiiに登場。オリジナルのモードとして、各キャラクターになりきり、パンヤの大会に出場する「パンヤ・フェスタ」や、1コース上に漂うバルーンを爆破させていく「バルーン・クラッシュ」などが搭載されている。

 基本操作は、ゴルフクラブを持つようにWiiリモコンを両手で握り、Wiiリモコンを振りかぶるとパワーゲージが上昇、止めたい個所でAボタンを押し、押したまま振り下ろすとショットを打つことができる。慣れない間は、パワーゲージを上昇させ過ぎたり、Aボタンを押し続けなけばならないところをはなしてしまい、空振りになることも多いだろうが、それも含めて、本当にスイングをしているかのような気分を味うことができる。

 ちなみにパワーゲージを上昇させ過ぎた場合、Aボタンを離せば解除することができるのだが、その場にいたテクモのスタッフに聞いたところ“それだとつまらなくなってしまうので、何らかの対応を検討中”とのことだった。PCでプレイしているというユーザーでも、Wiiでのまったく新しい操作と、オリジナルモードのために、購入してみるのも良いかもしれない。

遊びながら操作を覚える――「はじめてのWii」

photo

 「はじめてのWii」はその名の通り、初めてWiiを触るという人に、遊びながら操作に慣れてもらうことを目的としたタイトル。これ1本で「ゆびさしピンポン」、「釣り」、「シューティング」、「ビリヤード」、「あのMiiを探せ」、「ポーズMii」、「ホッケー」といった7つのゲームを楽しむことができる。

 操作に慣れさせることを目的としたタイトルなので、操作は非常にシンプル。例えば、「ゆびさしピンポン」ではAボタンで行うサーブ以外は、一切ボタンを押す必要がない。Wiiリモコンで球を打ち返せそうな位置にラケットを移動させれば、自動的に打ち返してくれる親切設計だ。ラケットに当てる位置によっては、球の軌道も変わるので、シンプルではあるが、奥の深いゲームでもある。

正統進化に思わず納得――「ファイアーエムブレム 暁の女神」

photo

 「ファイアーエムブレム」最新作はWiiで登場する。体験会場に展示されていたタイトルの中では、唯一クラシックコントローラでのプレイとなっており、逆にそれが注目を集めていたようだ。

 クラシックコントローラを使用していることからも分かる通り、これまでのシリーズをプレイしている人であれば、特に説明を受ける必要もなくプレイすることができる。Wiiリモコンをどのように使うか? ばかりが注目されるが、王道とも言えるこういったタイトルは、正統進化を遂げるだけで十分に面白い。当然のことではあるが、改めてそれを認識させられた。

今後への大きな可能性を感じる――「ポケモンバトルレボリューション」

photo

 WiiとニンテンドーDSの連動デモンストレーションが行われた「ポケモンバトルレボリューション」。ここでは3Dで描かれた「ディアルガ」、「パルキア」、「カイオーガ」、「グラードン」といったポケモンたちに加え、必殺技を駆使しての派手な対戦バトル確認することができた。

 発売前の「ポケットモンスター ダイヤモンド」、「ポケットモンスター パール」を使用していることもあってか、実際にプレイすることはかなわなかったが、ニンテンドーDS Liteをコントローラ代わりにしてのデモには、まったく違和感を抱かなかった。むしろ、ニンテンドーDS(Lite)がコントローラの代わりになるということに、大きな可能性を感じた次第だ。

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping