ニュース
2006年09月21日 20時49分 更新

「シムシティ DS(仮)」登場

エレクトロニック・アーツは、都市育成シミュレーション「シムシティ」シリーズ最新作として、「シムシティ DS(仮)」を発表した。今冬発売予定。
画像画像

 「シムシティ DS(仮)」は、2000年にPC用として発売された「シムシティ3000」がベース。ただし、このタイトルは日本法人のプロデュースによる開発となるので、単なる移植に留まらず、日本向けのアレンジやニンテンドーDSならではの機能を生かした追加要素を含め、まったく新しく生まれ変わるとのこと。

 ゲーム内容としては、タッチペンでの操作に加えて上画面を「景観パネル」、下画面を「作業パネル」に配置。都市育成に必要な助言をしてくれるアドバイザーキャラクターの採用や、住人からの苦情や要望への対応、書類へのタッチペンでのサインなど、従来シリーズ作以上に市長気分を味わうことができるようになっている。

画像画像

 ゲームモードは、市長となって1から都市開発を行うメインモードをはじめ、日本をモチーフにした各都市の災害対策や環境改善を行う問題解決モードや、ニンテンドーDSのワイヤレス通信機能を使ったモードなど、都市育成を楽しむ要素が用意されている。

 このほかにも今作では日本らしさを追及し、グラフィックを一新。街の構成要素となる建物の大部分をアレンジし、瓦屋根の一軒家や農家、郵便局や駅、草野球場など日本ならではの建物や施設を取り入れている。さらに「シムシティ」のシンボル的なランドマークには、日本を象徴する全国各地の“お城”を再現。このほかにも驚くようなランドマークが収録される予定とのことだ。

画像画像画像

 プロデューサーの村上貴宏氏はプレスリリースの中で、「『シムシティ DS(仮)』では、大きな街を手のひらの中にすっぽり納めてプレイできますので、シリーズの中で最も“市長感”を味わっていただくことができると思います。自分だけの箱庭を、親しみをもって育てる楽しさをご提供いたします」と語っている。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping