特集
2006年10月12日 16時39分 更新

写真で見るプレイステーション 3――その1:本体ってこうなってました (2/2)

前のページへ 1|2       

 さて、背面に移ろう。すでに発表されているとおり、20GバイトモデルにもHDMI端子が用意されているので、背面を見た感じでは60Gバイトモデルも20Gバイトモデルも一緒だ。左からHDMI出力端子、LANコネクタ、光デジタル出力端子、AVマルチ出力端子が並び、右端にはメインスイッチとAC電源コネクタが用意されている。写真で見ると分かるように、プレイステーション 2のように二又ではなく、一般的なPCなどと同じ三又だ。

 ちなみに本体に同梱されるケーブルは、プレイステーション 2と同じく3ピンのAVマルチ端子用ケーブルとなり、HDMIケーブルは同梱されないので注意しよう。もちろん、市販のHDMIケーブルであれば利用可能だ。

 画面の解像度は、どのケーブルが差さっているかにより自動的に認識される。ちなみにAVマルチケーブルを利用していたが、途中から高解像度のTVを購入したのでHDMI端子につなげ直したい、といった場合には、先ほどと似たようなバージョンの「長触りリセット」をする必要がある。長触りしていったん電源を落としたあとも触り続けたままにしておくと、プレイステーション 3が自動的に再起動する。これにより、差さっている端子を再認識するようになっている。

画像画像

画像 上部には排気口に加えて、対応するフォーマットのロゴが書かれている
画像 底面。こちらの写真でも素材が半透明であることが分かるだろうか

 では、最後にコントローラーまわりをご紹介していこう。すでに紹介しているとおり、正式名称は「SIXAXIS」(関連記事参照)。コントローラー上部には1〜4までのランプと、ミニBのUSBコネクタが存在する。

 なお、コントローラーを認識させるためには、一度プレイステーション 3に有線でつないでから「PSボタン」を押す必要がある。認識したあとは無線での利用が可能だ。

画像画像画像

画像 記念として「ファンタビジョン」を起動してみた

 ざっとではあるがプレイステーション 3のハードウェアまわりを紹介してきた。次回は気になる「クロスメディアバー(XMB)」のメニュー内容についてお伝えするので楽しみにしていただきたい。

前のページへ 1|2       

[ITmedia +D Games取材班,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping