PR
Special
2006年12月01日 09時30分 更新

Xbox LiveがXbox 360の楽しさを増幅する:

Xbox Live「裏マニュアル」その1――まずは基本をおさらいしよう (1/4)

Xbox 360で利用できる「Xbox Live」。これを使うと世界中のXbox 360ユーザーと対戦プレイや協力プレイが楽しめるだけでなく、ゲームの拡張データを始め、最新ゲームの体験版やプロモーション映像など、さまざまなデータのダウンロードも可能となっている。Xbox 360を楽しむ上で、Xbox Liveは欠かせない存在なのである。

ゲームを問わず常に同じ「ゲーマータグ」でネットワーク対戦が可能

 Xbox 360には、「Xbox Live」と呼ばれるネットワークサービスが標準で提供され、購入後すぐに利用できるようになっているのはご存じの通りだ。Xbox Liveを利用することで、ネットワーク経由での対戦プレイが可能なのはもちろん、ゲームの拡張データや最新ゲームの体験版などのダウンロードなど、さまざまなサービスが提供されており、Xbox 360を利用する上で欠かせないサービスだ。

 では、Xbox Liveで利用できるサービスにはどういったものがあるのだろう。そこでまず、Xbox Liveで提供されているサービスを紹介していこう。

画像 Xboxダッシュボードの左上の赤い枠内に表示されているのが、「ゲーマータグ」や「ゲーマーアイコン」が表示される「ゲーマーカード」

 まず、Xbox Liveのサービスの中で核となるのが、ゲームのネットワーク対戦環境を提供するというもの。それも、全てのXbox 360向けゲームで共通となるネットワーク対戦環境が提供される。

 Xbox Liveを利用する場合には、「ゲーマータグ」というユーザー固有のハンドルネームを登録することになるが、このゲーマータグは全てのゲームで共通に利用できる。PC向けのネットワークゲームでは、ゲームごと(もしくはポータルサイトごと)に固有のIDを登録しなければならないが、Xbox Liveであれば、ゲームが変わっても常に同じゲーマータグを利用してネットワークプレイが可能となる。つまり、ゲームが変わるたびにIDを登録する必要がなく、また、ゲームが変わっても対戦相手を簡単に特定できるため、気の合う仲間との対戦もすぐに楽しめるのだ。

 このような、Xbox Live上のプレーヤーがゲームに関係なく固有のゲーマータグによって識別できるという仕組みによって、ユーザー間でより強固な関係を築けるサービスが用意され、すぐに利用できるのもXbox Liveの大きな特徴だ。

画像 これまで自分がプレイしたゲームの種類や、ゲーム中に達成した内容などもゲーマーアイコンで管理され、どんどん登録されていく
画像 特定のゲームで指定された内容をクリアしていくと、「ゲーマースコア」というポイントがもらえ、実績として蓄積されていく

 気の合う友人を登録する「フレンドリスト」は、全てゲーマータグで管理され、Xbox 360を起動してXbox Liveにログインすると、フレンドリストに登録されたゲーマータグのユーザーがXbox Liveにログインしているかどうか、今どのゲームをプレイしているのか、といったことが簡単に確認できる。

 もちろん、ゲーマータグを利用して相手にメッセージを送ることも可能。そのため、友人がログインしていることを確認したうえで、対戦プレイを誘うメッセージを送ることができる。しかも、送信したメッセージは、相手がゲームプレイ中であっても、画面にメッセージが届いたことを知らせるアラートが表示されるので、すぐ読んでもらえるわけだ。

画像 フレンドリストも、ゲーマータグによって管理されている
画像 フレンドリストに登録されているプレーヤーはもちろん、たまたま対戦したプレーヤーのゲーマーカードももちろん参照可能だ
画像 フレンドリストに登録されているプレーヤーはもちろん、ゲーマータグを指定してメッセージを送ることが可能。受け取った相手は、ゲーム中やDVD再生中でもメッセージが届いたことが画面上に表示される

 さらに、メッセージのやりとりは文字だけでなく、音声によっても行える。「Xbox 360専用ヘッドセット」があれば、特定のユーザーとの間でのボイスチャットが可能。ボイスチャットは、ゲーム中はもちろん、ゲームをプレイしていない時やDVDを見ているときなども可能なので、こちらも相手がXbox Liveにログインしていれば利用できる。

画像 「Xbox 360用ヘッドセット」があれば、対戦プレーヤーやフレンドリストに登録されている友人とボイスチャットが楽しめる
画像 フレンドリストに登録されているプレーヤーがXbox Liveにログインすると、ゲーム中であっても画面上にログインしたことを示すメッセージが表示される

 また、ゲーマータグは、個人を特定する情報だけでなく、プレイしたゲームの履歴やプレイ内容なども管理されるようになっており、ゲーマータグの付加情報として参照できる。Xbox 360のゲームでは、ゲームで特定の技や高得点を出したり、設定された場面までゲームを進めたりすると、「ゲーマースコア」というポイントがもらえ、ゲーマータグに登録されていく。このゲーマースコアを確認することで、そのプレーヤーのゲームスキルがチェックできるというわけだ。この、プレイしたゲームの履歴やプレイ内容などの付加情報は「ゲーマープロフィール」と呼ばれている。

 そして、こういった情報は、「ゲーマーカード」という自己紹介カードに集約されている。ゲーマーカードには、ゲーマータグ名とともに、ゲーマースコアや「ゲーマーアイコン」というイメージ画像などが表示される。このゲーマーアイコンは、ユーザーが自由に登録できるので、個性を発揮させるのに持ってこいの機能だ。

画像 ゲーマーカードに表示されるゲーマーアイコンやプロフィールなどの情報は、自由に変更できる
画像 ゲーマーアイコンは、標準で登録されているものや「Xbox Live マーケットプレース」からダウンロードしたものなど、多数用意されている。中には、特定の条件でゲームをクリアすることで入手できるレアなものも存在している

 もちろん、Xbox Liveのネットワーク対戦は、特定の友人とだけでなく、世界中の見知らぬプレーヤーと簡単に対戦できるというのが醍醐味でもある。ただ、対戦相手がどういった人なのか分からないので、気軽に対戦できないのでは、と考えている人もいるだろう。確かに、中には暴言を吐いたり、迷惑をかけるプレイばかりする人もいるかもしれない。そこでXbox Liveでは、プレーヤーの素性をある程度判断するための「評判」というシステムが取り入れられている。対戦相手からの評価によって、ゲーマーカード上の星の数が増減するのだ。例えば、星の数が多い人なら、対戦相手から安心して対戦できると高い評判を得ている人だと判断できるというわけだ。こういったシステムが取り入れられているため、Xbox Liveでの対戦プレイは、とても安心して体験できるのである。

画像 「ゲーマーゾーン」では、自分のゲームプレイのレベルを4段階で設定できる。自分のレベルを示すとともに、対戦相手のレベルを知る指標にもなる
画像 ゲーマーカードに表示されている★印は、そのプレーヤーの評判を表す。★の数が多いほど、多数のプレーヤーから好印象を受けているプレーヤーであることを示している
       1|2|3|4 次のページへ

[PR/ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:マイクロソフト 株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2006年12月31日