ニュース
2007年01月17日 19時35分 更新

アーケードの操作感を再現。オリジナルモードも――三国志大戦DS

セガから1月25日に、ニンテンドーDSソフト「三国志大戦DS」が発売される。アーケード版の「三国志大戦2」をベースに新規カードも収録。Wi-Fiにも対応しているので、全国のプレーヤーと対戦が可能だ。

 「三国志大戦」シリーズはご存じの通り、フラットリーダー形筐体とトレーディングカードを組み合わせたアーケードゲームが始まり。筐体の盤面上を戦場に、自分で集めて編成したカードを部隊に見立てて盤面上に配置し、ダイレクトに動かすことで部隊を自らの手で操作するというシンプルで直感的な操作感が好評を博しており、数多くのファンを獲得しているゲームだ。

画像画像画像

画像

 今回、ニンテンドーDS版として登場する「三国志大戦DS」は、アーケード版「三国志大戦2」をベースに、「三国志大戦」で使用されていたカードはもちろんのこと、最新の「三国志大戦2」に登場したアイテムや、新規カードも収録する。ニンテンドーDSのタッチスクリーンを使用して武将たちを直接動かすことで、アーケード版の操作感を再現している。ニンテンドーDSを、本を開くように縦に持つことでプレイするスタイルだ。

 なお、ニンテンドーDS版オリジナルの要素として、三国志の物語を「魏・呉・蜀」それぞれの視点で見ながら、いくつもの名勝負や激戦、決戦をプレーヤー自身の軍隊で勝利を目指す「ストーリーモード」が新規に追加されている。集めた武将で、自分だけの軍勢を編成することや、好きな武将や好きな陣営で固めることも可能。自分ならではのスタイルで軍勢をカスタマイズしながら、三国志を演出することになる。また、Wi-Fiにも対応しているので、日本全国のライバルたちと通信対戦で覇権を争うこともできるます。

画像画像画像

画像 小林智美さんが担当した「凌統」

 またニンテンドーDS版には、アーケード版「三国志大戦2」で実際に使用することができるエクストラカードが同梱される。イラストを担当するのは小説のイラストや、ゲームのキャラクターデザインで有名な小林智美さん。また、小林智美さん以外にも、金子一馬氏や石渡太輔氏といった、ゲーム関連にゆかりの深い著名なイラストレーターが参加。ニンテンドーDS版のために新規で書き下ろされたオリジナルデザインのカードも登場するとのことだ。

三国志大戦DS
ジャンル リアルタイムカード対戦
発売元 セガ
発売日 2007年1月25日発売予定
価格(税込) 5695円
(C) SEGA
※画面は全て開発中のものです。


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping