ニュース
2007年01月23日 16時45分 更新

PS3システムソフトウェアVer.1.50にアップデート――「Edy」での入金に対応

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、プレイステーション 3のシステムソフトウェアを、1月24日よりバージョン1.50にアップデートするのに伴い、PLAYSTATION Storeで「Edy」を利用できるようになる。
wk_070123ps301.jpg

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(以下、SCEJ)は、プレイステーション 3のシステムソフトウェアを、1月24日よりバージョン1.50にアップデートする。それに伴い、ユーザーはPLAYSTATION Network 2のPLAYSTATION Storeでこれまで利用できたクレジットカードに加え、プリベイド型電子マネー「Edy」(エディ)を利用することが可能となった。

 このことにより、手持ちのおサイフケータイをはじめとする「Edy」を利用してPLAYSTATION Networkのウォレットにチャージ(入金)できるようになる。なお、「Edy」の使用には、FeliCaを利用した非接触式IC リーダ・ライタ「PaSoRi」(パソリ)と組み合わせてのサービスとなる。

 そのほかにシステムソフトウェア バージョン1.50で更新される機能は以下のとおり。

ユーザー

  • ユーザーアイコンの画像を[フォト]から選べるようになる。

設定

  • 「Edy Viewer」が追加。
  • 「サウンド設定」に「操作音」が追加。
  • 「本体設定」の「バックアップユーティリティー」に「バックアップデータの削除」を追加。
  • 「ネットワーク設定」>「インターネット接続設定」>「無線」、「アクセスポイント別自動設定」の「AOSS」で利用できるセキュリティ方式にWEP128、WPA-PSK(TKIP)、WPA-PSK(AES)が追加。
※以前のバージョンですでにAOSSの設定をしている場合、上記のセキュリティ方式を利用するには、もう一度AOSSの設定をする必要がある。また、利用するセキュリティ方式は自動的に設定される。

ネットワーク

  • PLAYSTATION Storeで「Edy」からウォレットをチャージ(入金)できるようになる。

フレンド

  • PLAYSTATION Networkのパスワード保存/自動サインインの方法を選べるようになる。

その他

  • キーボードで韓国語が入力できるようになる。
  • PS3における一部のプレイステーションおよびプレイステーション 2規格ソフトウェアの動作ステータスを更新。最新の動作ステータスは専用検索サイトで確認できる。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping