連載
2007年01月24日 00時00分 更新

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:

今週はのんびりと「けっきょく南極大冒険」 (1/3)

連載第36回は、「イー・アル・カンフー」とともにKONAMIのファミコン参入第1弾ソフトとなった、「けっきょく南極大冒険」。作られたのが四半世紀近く前なので、今から見るとかなり単純ですが、ちょっとした時間に何となくプレイしてしまう、そんなゲームです。

青空の下でのんびりとプレイしようと思ったが……

 前回書いた「ストリートファイターII」の記事が非常に長くなったもんで、書き上げたらもうぐったり。

 こんなときは、のんびりしたゲームをやって、頭をちょっと休めたいと思った。

 そこで今回プレイしたのが、「けっきょく南極大冒険」。MSXからの移植作で、ファミコン版は1985年に発売された。ペンギンを操作して、南極にある各国の観測基地を回り、南極大陸を1周するアクションゲームだ。

画像 1956年から南極観測船となった「宗谷」。船の進水は1938年で、最初は貨物船だった。その後、海軍の特務艦、引揚船などを経て、南極観測船に

 どうせなら屋外で、日の光を浴びながらプレイしたいと思ったので、南極にちなんで、お台場・船の科学館にある、南極観測船「宗谷」の前までやってきた。

 南極観測船を背景に、「けっきょく南極大冒険」をやることで、遥かなる大陸の息吹が感じられるのではないか。そう思っていたのだが、ここまで来た時点で、携帯型ファミコン互換機「ポケファミ」を、家に忘れてきたことに気づく。

 しかたがないので船の写真だけ撮って、ゆりかもめに乗って帰ってきた。素直に家でプレイしよう。

走れペンギン! 飛べペンギン!

 「けっきょく南極大冒険」は、当時では珍しかった、疑似3D視点のアクションゲームである。

 主役はペンギン。昭和基地を出発して、9つの観測基地と南極点を巡り、制限時間内に南極を1周するのが目的だ。

 南極ではさまざまな障害が待ち受ける。氷の穴や、クレバス(氷の割れ目)があり、足を踏み入れると、つまずいてしまう。ペンギンは、ジャンプでそれらをかわしていく。

画像 ファミコンでは多分、「F1レース」(任天堂)に次いで2つめの疑似3Dアクションゲーム
画像 クレバスの中にすっぽりはまることもある

 ときどき氷の穴から、アザラシが顔を出すことがある。アザラシのいる穴は、正面からジャンプで飛び越えることができない。

 一方で、氷の穴からは魚も飛び出してくる。うまくキャッチすると得点が入る。また、氷上には旗が立っていて、これも取ると得点になる。

画像 カーブの途中で使うと、自然にカーブ外側の端に移動できる

 ファミコン版では、次々と色が変わる旗を取ると、「ペギコプター」というアイテムが手に入る。ジャンプボタンを連打すると、ペンギンの頭のプロペラが回り、一定時間空を飛べるのだ。クレバスや氷穴はもちろん、アザラシも正面衝突でない限り避けられる。ただし、飛んでいる間は横移動できない。アザラシと正面で当たることのない、コースの端っこで使うのがいいだろう。

連続ジャンプを極めよう

 ……とまあ、これで内容がほぼ全部説明できるくらい単純なゲームではあるのだが、何度かプレイしているうちに、いろんな攻略法が見えてきて、なかなか奥深い。

 例えばアザラシ。実は同時に2匹出てくることはない。だからアザラシが出ている間、ほかの氷穴はジャンプで越えてもだいじょうぶなのだ。また、魚が出てきた穴からもアザラシは出ない。

 クレバスは連続して現れることが多い。ペギコプターがあればまとめて飛び越せるが、ないときは、できるだけクレバスを近くに引きつけてからジャンプするといい。もし次のクレバスが続いていたとしても、2本一緒に越えられることが多い。

 運が悪いと、つまずいている間にまた別の障害物につかまって、氷穴やクレバスを渡り歩く、“おっとっとスパイラル”とでも言うべき状態に陥ってしまう。ゲームオーバーになるときはたいていこれが原因。

画像 リズミカルにジャンプして、次々と現れるクレバスを2本ずつ飛び越える。成功すると気持ちいい
画像 この写真の状態では、よろけ動作の間に、目の前の氷穴を2つ続けて踏んでしまうことが確定

 「けっきょく南極大冒険」は、レースゲームのようなシステムだが、普通のレースゲームと違って、余ったタイムが次のステージに持ち越されない。どのステージも、設定された時間内にゴールしないと即ゲームオーバー。ほんわかとした見た目や、ゆったりとしたBGM(スケーターズワルツ)に反して、意外にシビアな緊張感がある。

 とはいえ、難易度は(レベル1から3まで選択できるが)全体的に低めで、気楽に遊べる。何度かつまずいても、特に問題なくゴールできるだろう。

画像 端の方を走っていれば、アザラシとの正面衝突は避けられるが、そのかわり旗や魚を取りづらくなる

 面クリア式のゲームだが、多くの面をクリアするというよりは、点数を稼ぐゲームといえる。旗や魚といった、取ると点数が入るアイテムが多い。さらに、氷穴やクレバスを飛び越えても得点が入る。

 1周するのは割と簡単だが、ひとたび点数を追求しだすと、長く遊べるゲームになるかもしれない。

       1|2|3 次のページへ

[ゲイムマン,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping