レビュー
2007年02月09日 00時00分 更新

「ボクらの太陽 Django&Sabata」レビュー:

自然を感じながらプレイする「ボクタイ」シリーズの最新作 (1/2)

シリーズ4作目となる本作は、初のニンテンドーDS用タイトルとなり、ニンテンドーDSならではのゲーム性に磨きがかかった。上画面で刻々と変わる天候を味方につけて、ダンジョンを攻略せよ!
画像 ニンテンドーDSとゲームボーイアドバンスソフトを同時に本体に差すと太陽光センサーが使えるほか、ショップで買えるアイテムが増えるなどさまざまな特典がある

 2003年にゲームボーイアドバンスソフトとして発売された「ボクらの太陽」(以下、ボクタイ)に筆者は度肝を抜かれた。太陽光を実際にカートリッジに当て、ゲーム中のエナジーをチャージする。発想自体も斬新だが、そこに強いメッセージ性を感じた。晴れの日もあれば雨の日もある。刻々と変わる自然を肌で感じながらゲームをしてほしい……。そんな想いを込められたソフトは今まで決してなかっただろう。

 制作したのは、「メタルギアソリッド」でおなじみの小島秀夫監督率いるクリエイター集団・小島組(現在の小島プロダクション)。小島プロダクションの作品は、いつも既存のゲームの枠を破ろうとする力に満ちている。まさにボクタイも象徴的な1本だろう。

 その後、同コンセプトで「続・ボクらの太陽 太陽少年ジャンゴ」(2004年)、「新・ボクらの太陽 逆襲のサバタ」(2005年)と1年に1本ずつ続編が出ている。

 今書いたように、ボクタイというと、とかく太陽光を使うシステムだけが注目されがちだが、独特の世界観とよく練られたゲーム性も忘れてはならない。闇の一族イモータルと太陽少年が対立するスケールが大きい物語に、やり込み度の高いアクションがマッチする。単純に、太陽光を使うアイディア先行ではシリーズは続かず単発に終わっていただろう。

画像 今回は上下2画面構成。上画面の気候シミュレータ「ギジタイ」をチェックしながらゲームを進めよう。温度や湿度までも表示されるのだ

 今回の「ボクらの太陽 Django&Sabata」(以下、「ボクタイDS」)は、シリーズ初となるニンテンドーDS作品。太陽光を感知するセンサーはなくなったが、その分、“気候”をキーワードにしたゲーム性が新しい。上画面には気候シミュレータ「ギジタイ」が表示され、15分に1度、昼から夜へ切り替わる。しかも、晴れ、曇り、雨と天気も変わるのだ。このギジタイを上手に利用するのが今回の大きな要素だ。太陽光センサーがなくなったとはいえ、自然を感じるゲーム性はしっかりと残っている。

 あとで詳しく書くが、小島プロダクションらしく、サービス精神も旺盛だ。ボス戦後のシューティングや、ロックマンシリーズの最新作「流星のロックマン」とのコラボ……。プレイヤーに目一杯楽しんでもらおうという気持ちが随所に感じられる。

リニューアルされた世界観

 気になる舞台は、前作の“世紀末世界”の設定を一部引き継ぎつつも、主人公の仇敵ヴァンパイアの一族がパワーアップしてしまった“星紀末世界”へと移行した。太陽も外部からコントロール可能なギジタイに代わり、体質を強化する「棺桶スーツ」に身を包んだヴァンパイアは、行動の自由を獲得しているという、相変わらずオリジナリティのある設定だ。

画像 ゲームは全6章。1章ではこのサバタを操って辺境伯ライマーの館へ侵入する。人を助けることにはまったく興味がない謎めいた黒衣の剣士、サバタ。その過去とは?

――伝承の時代から人々を脅かすヴァンパイアたち。ついには太陽の力をも克服し、地球は明けることのない夜の闇に包まれた。ヴァンパイアの支配を受け入れた人々は、首輪をつけられ、血液を搾り取られて奴隷のように生きるしかない。暗黒と絶望の時代が到来した。

 そんな中、人間狩りを好む残忍な辺境伯ライマーの館に侵入する1人の少年、サバタがいた。暗黒の剣を手に、お供の闇の精霊を連れたサバタは、ギルドの女戦士ビーティーに言い放つ。「オレの前に立ちはだかろうというのなら、何者であろうとたたきつぶすだけだ」と……。

 一方、ヴァンパイアへの抵抗運動を続けるギルドには、心に太陽を宿した少年ジャンゴがいた。伝説の戦士トリニティの息子であるジャンゴは、ギルドがヴァンパイアの手の者に襲撃されたとき、真の力に目覚めた。

 やがてジャンゴとサバタはクリアカン旧市街の酒場で出会う。2人は協力して戦うことに……。

 過去3作と主人公の名前は一緒だが、今回はまったくの別人。2人のキャラクターを紹介しよう。

ジャンゴ

 ヴァンパイアに抵抗する組織「ギルド」の見習い銃士。無鉄砲で行動的。戦いの経験は乏しいが、光の星霊獣オテンコさまに導かれ、ゲーム冒頭で秘めた力を発揮する。正義感にあふれた元気少年。

サバタ

 暗黒の力を帯びた大剣を振るい、月の光を力とする眼帯の少年。ヴァンパイア狩りに執念を燃やす。相棒の黒猫ネロにしか心を許さない一匹狼だったが、太陽銃を使えるようになったばかりのジャンゴと出会い、女戦士ビーティーに無理やりコンビを組まされてしまう。

 太陽の少年と暗黒の少年、これまでの双子という設定もなくなって、新鮮なイメージが生まれた。赤い服を身にまとった熱血少年ジャンゴと、黒いコートを翻すニヒルなサバタの2人の対比が、ストーリーに厚みを生んでいる。反ヴァンパイアという点ではどちらも同じだが、アプローチも考え方もまったく違う。それでも2人いなければ、目的は成し遂げられない。昼と夜の両方が揃って初めて1日が成り立つのと同様だ。キャラクターの背景などはもう少し描き込まれていてもよかったが、暗くて大人びた過去作に対して、アニメ的で明るい新しいボクタイ像を作り出すのに成功している。

画像 サバタとジャンゴが合流する3章以降は、2人を切り替えてアクションに挑む。「ボクタイDS」ではサバタのほうが年上という設定
画像画像 メイドの“カーミラ”や、“ひまわり娘”アリスなど、前3作と関連する名前のキャラクターも登場する。予備知識がなくても遊べるが、ファンならシリーズのつながりを類推するのも楽しいだろう
       1|2 次のページへ

[立花裕壱,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping