ニュース
2007年02月16日 19時14分 更新

AOU2007アミューズメント・エキスポ(後編)――懐かしいようで新しいアーケードの今後 (1/2)

アーケードマシンを一堂に集めた「AOU2007アミューズメント・エキスポ」が開催。KONAMIの「オトメディウス」や「SILENTHILL THE ARCADE」、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」など初出展。
wk_070216aou01.jpg

 全日本アミューズメント施設営業者協会連合会(以下、AOU)が主催するアーケードマシンを集めたイベント「AOU2007 アミューズメントエキスポ」が開幕した。千葉・幕張メッセでの開催で、一般公開となる2月17日は午前10時〜午後5時の開催となっている。業界関係者向けとなる初日の様子を、セガ、バンダイナムコ、バンプレストといったブース紹介に引き続き、コナミ、タイトー、カプコンの様子を見てみよう。

シューティング復活への狼煙を上げたか――KONAMI

wk_070216aou02.jpg

 会場中央奥に陣取ったKONAMIブースでは、初公開となった「オトメディウス」と「SILENTHILL THE ARCADE」に注目。「pop'n music 15 ADVENTURE」や「beatmania IIDX14 GOLD」など音ゲー5作品に、「麻雀格闘倶楽部6」、「クイズマジックアカデミー4」など出展。メダルゲームでは、「モンスターゲート」シリーズ最新作「ETERNAL NIGHTS」がプレイアブルで出展されており、多くの来場者を集めていた。また、ブース中央付近には「クイズマジックアカデミー」や「Elebits」、「beatmania IIDX」、「pop'n music」などの最新フィギュアやぬいぐるみなどが展示されていた。ちなみに、試遊台はどれも20分から多いところでは60分待ちの盛況を誇っていた。

 なお、明日17日には「BEMANI 10周年記念 トークショー」をはじめ、「クイズマジックアカデミー4 AOU2007 アミューズメント・エキスポ 特別杯」、「エターナルナイツ ドリームバトル AOU2007・アミューズメントエキスポ 杯」、「麻雀格闘倶楽部グランプリ」の開催が予定されている。

wk_070216aou03.jpg

 「オトメディウス」は、「グラディウス」シリーズ、そして「パロディウス」シリーズの血統を受け継ぐシューティングゲームで、e-AMUSEMENTに対応しているのが特徴。e-AMUSEMENTは、アーケードゲームをインターネットでつなぐことにより、全国の店舗と通信対戦をすることができ、全国ランキングやプレイデータの保存を可能にするネットワークサービスのこと。「麻雀格闘倶楽部」シリーズや「クイズマジックアカデミー」シリーズなどに対応していることでも知られている。


wk_070216aou04.jpg

 「オトメディウス」はタッチパネルで敵をロックオンできるなど、今までになかった仕様が見受けられる。今回のAOU版ではタッチするしないの選択もでき、難易度はやや簡単な仕様となっていた。本作は、e-AMUSEMENTに対応したことで、タイムリリースによる新規キャラクターや新ステージ、キャラクターカスタマイズなども可能となった。吉崎観音氏が描いた本作オリジナルの可愛いらしい女の子などを自機とした横スクロールは、往年のシューティングマニアにもすんなり没入できるゲーム性を実現しているのではないだろうか? 今回は2種類のステージがプレイ可能だったが、本格稼働を予定している夏にはステージセレクトはもちろんのこと、プレイキャラクターも増えていることと思われる。


wk_070216aou05.jpgwk_070216aou06.jpgwk_070216aou07.jpg 今回公開された吉崎観音氏が描くオトメキャラたち

wk_070216aou08.jpg 周囲をカーテンで隠すことで暗く雰囲気が出ている

 「SILENTHILL THE ARCADE」は、昨年映画化もされた家庭用ゲーム機のアーケード版。2P対応のガンシューティングゲームで、協力しながらクリーチャーを蹴散らしストーリーを進めていく構成になっている。「サイレントヒル2」に登場した「リトル・バロネス号の謎」を取り上げたオリジナルストーリーで、主人公2人と友人が1811年に失踪した、リトル・バロネス号の真相を探ろうとサイレントヒルにやってきたことから物語が始まる。−−

wk_070216aou09.jpg

 まず目に入るのが、筐体に破れかけたカーテンが備え付けられているということ。外界から隔離された暗いスペースで、気分いっぱいに敵と戦えるという趣向だ。5.1chのサラウンドサウンドが周囲から襲ってくる恐怖感をより高めてくれるのも特筆しておきたい。本作は、ゲームのプレイ状況によって突然「裏世界」に導かれることがあるという。こちらもe-AMUSEMENTに対応しており、パスを使ってプレイ状況を記録するだけではなく、繰り返す遊ぶことで別ルートが出現したり、隠されたエンディングを探ったりと、飽きの来ないよう工夫されていた。

wk_070216aou10.jpgwk_070216aou11.jpgwk_070216aou12.jpgwk_070216aou13.jpg 次から次と沸いてくるクリーチャーたちに足腰立たないとか言っている場合ではない。協力して撃つべし! もちろん1人でもプレイはできるが……呆れるほど沸いてくるので要注意!

wk_070216aou14.jpgwk_070216aou15.jpgwk_070216aou16.jpgwk_070216aou17.jpg 家庭用ゲーム機でのシリーズを遊んだ方にはふと思い出す言葉や設定……。悪夢はこうして連鎖していくのだ……

wk_070216aou18.jpgwk_070216aou20.jpgwk_070216aou19.jpg 2007年4月稼働予定の「麻雀格闘倶楽部6」では、二階堂姉妹や田村りんかプロ雀士が入れ替わりで4人対戦に参加しており、明日の17日(土)にはプロ雀士12人と麻雀格闘倶楽部代表12選手との団体戦が催される予定となっている。本作は、新モード「日本プロ麻雀連名公認 麻雀格闘倶楽部 競技ルール卓」を搭載しており、ハイレベルな戦いを実現している。また、23インチワイドモニタが採用されたり、メダルゲームでは馴染み深い「JACKPOT」要素を取り入れていたりと、演出面にも力を入れている。本作ももちろんe-AMUSEMENT対応

wk_070216aou21.jpgwk_070216aou22.jpgwk_070216aou23.jpg 4月下旬稼働予定の音楽シミュレーション「pop'n music 15 ADVENTURE」は、新曲を40曲以上収録されよりバラエティ豊かに。e-AMUSEMENT対応。ブースにはミミとニャミも駆けつけた

wk_070216aou24.jpgwk_070216aou25.jpgwk_070216aou26.jpg 2007年夏に稼働を予定している「GuitarFreaksV4 Rock×Rock」や「DrumManiaV4 Rock×Rock」もe-AMUSEMENTに対応したことでランキングへの参加や新モードが遊べるようになるとのこと。もちろんこちらも楽曲は450以上収録されている

wk_070216aou27.jpgwk_070216aou28.jpgwk_070216aou29.jpg 今年で10周年を迎えるシリーズ最新作は、2007年2月下旬稼働予定の「beatmania IIDX14 GOLD」。当然過去最大の440曲オーバーの収録数を実現。金色を基調としたイメージでハイグレード感を高めている。e-AMUSEMENT対応。なお。明日17日には「BEMANI 10周年記念 トークショー」が開催される。時間と出演アーティストは以下のとおりだ。10時45分から村井聖夜&泉 陸奥彦、12時30分からDes-ROW&dj TAKA、14時15分からwac&TOMOSUKE、16時15分からjun&DJ Yoshitaka

wk_070216aou30.jpgwk_070216aou31.jpgwk_070216aou32.jpg 「ETERNAL NIGHTS」は剣と魔法の世界を舞台に、ダンジョンを攻略しながら自分たちの王国を発展させていく冒険シミュレーションRPG。モンスターゲートシリーズのドリームバトルを搭載し、店舗内で1つの王国を発展させることに注力する。全国のプレーヤーがサポートしてくれるシステムも特筆もの。e-AMUSEMENT対応のメダルゲーム

       1|2 次のページへ

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping