ニュース
2007年02月26日 15時37分 更新

来場者は多けれど――「ワンダーフェスティバル2007[冬]」開催

2月25日、東京有明にある東京ビッグサイトにおいてガレージキットの祭典「ワンダーフェスティバル2007[冬]」が開催された。今回も多くの動員を果たしたようだが……。
wk_070225wf01.jpg 入場ゲート前にチケットを購入しようと並ぶ列は、一時期ビッグサイトを飛び出し、駅近くの陸橋まで伸びていた

 毎年冬と夏の2回(一度の休みあり)開催している日本最大のガレージキットコンベンションが2月25日、「ワンダーフェスティバル2007[冬]」(以下、ワンフェス)と銘打って開催された。

 今年はXbox 360用ソフトとして発売されたバンダイナムコゲームスの「アイドルマスター」関連のステージイベントがあったりしたものの、全体的に一時期よりもゲーム系の企業ブースが縮小傾向。ただし、イベント規模は最大となり、入場者数も確実に増えているように見受けられた。

wk_070225wf02.jpg 会場を俯瞰して見ると、その人の多さに驚かされる。会場外にも人は溢れ、当初イベント開催側が目標としていた3万9000人を越えたのではないだろうか

 開場前から列をなした今回のワンフェス参加者を見渡すと、より幅広いユーザー層で形成されていることが分かる。折しも、ガイドブックで海洋堂の宮脇修一氏も言及しているように、「ゆるいユーザー」が確実に増えていると思われる。昼近くまで入場待ちの列は解消することもなく、盛況ぶりがうかがえた。


wk_070225wf12.jpg 1700以上のアマチュアディーラーが参加

 今回のワンフェスも東京ビッグサイトの東3〜6ホールを使用し、企業スペースと一般ディーラースペースに出展。朝10時の開場後、あっという間に長蛇の列が完成し、人気ディーラーブースや一部企業ブースでは、数分で完売御礼の止め札が出るほど。企業ブースを見渡すと、前述したとおりゲーム系は減少したものの、お約束のコナミやタカラトミー、ブロッコリーなどは健全で、各ホビー系の出版社ブースや新規メーカーなども見られた。また4回目を迎えた「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!」も新作展示のほかに、前述した「アイドルマスター」のイベントステージなどを開催し、多くの集客を達成していた(詳細はこちら)。

 イベントの主催者でもある「海洋堂」ブースには、「リボルテックヤマグチ」シリーズの新作や、「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズが陳列。さらに、BOME氏の美少女フィギュアシリーズ「MON-SIEUR BOME COLLECTION」が閲覧できた。また、会場の別ブースでは海洋堂フィギュアミュージアム黒壁の展示も行われていた。また、目立ったところではハンバーガーを食べている姿がキュートな「黒セイバー もきゅもきゅVer.」を販売した「アルター」には、2007年秋発売予定のコレクションフィギュア「アイドルマスター Part2」などを出展。コトブキヤも多くのゲーム関連フィギュアを展示していた。すでに常連となった「KONAMI」には、2007年4月放映のTVアニメ「天元突破グレンラガン」関連のフィギュアを展示。アクションフィギュアシリーズ「武装神姫」もしっかり公開されていた。

wk_070225wf03.jpg 海洋堂のフィギュアミュージアム黒壁には、ホビーの天才レオナルド・ダ・ビンチのモナリザが立体模型として展示されていた
wk_070225wf05.jpg アルターに出展していたコレクションフィギュア「アイドルマスター Part2」は秋発売予定
wk_070225wf04.jpg コトブキヤには「ファイナルファンタジー」や「キングダムハーツ」関連のフィギュアなどが展示されていた

wk_070225wf06.jpg トミーテックが3月末に発売を予定している「鉄道むすめExpress〜鉄道制服コレクション〜」のサンプルも展示
wk_070225wf07.jpg ブロッコリーブースでは、先日戦略発表会もあったゲーム最新作「ギャラクシーエンジェルII 無限回廊の鍵」のプロモーション映像も上映されていた
wk_070225wf08.jpg アージュにもたくさんの人の列ができていた。このように特に午前中から昼過ぎにかけては会場いたるところで列ができ、完売の声が鳴り響いていた

wk_070225wf09.jpgwk_070225wf10.jpg マブラヴオルタネイティヴトータルイクリプスは「A3」のメカアクションフィギュアを出展。可愛いお姉さんがご案内
wk_070225wf11.jpg もちろん会場内外にはコスプレーヤーの方々が、さまざまな出で立ちで闊歩しておりました……。あ、リンクとマリオ!?

 年に2回しかないということもあり、多くの来場者を記録した[冬]ではあるが、大量生産ができなかったり、たとえ大量生産したとしても今度は質の問題と、完成度を求められるフィギュアを取り巻く状況は順風満帆というわけでない。いうなれば年2回しかできないわけで、だからこそ多くの来場者を記録するともいえる。ますます完成品を求めるユーザーの数は増えているだけに、今後もディーラーの悩みは尽きないだろう。

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping