レビュー
2007年03月01日 12時00分 更新

「ひぐらしのなく頃に祭」レビュー:

惨劇は進化する――舞台をPS2に変えた“正解率1%の謎”の魅力 (1/3)

口コミやインターネットからうわさが広がり、異例の大ヒットとなった同人PCゲーム「ひぐらしのなく頃に」が、プレイステーション 2版で登場した。制約がなく、幅が広い表現ができる同人作品から、規制のある家庭用ゲーム機へと変わることで、本作の魅力はどう変わったのだろうか。

止まることを知らない「ひぐらし」の世界

 まずは、元となった同人PCゲーム「ひぐらしのなく頃に」(以下、ひぐらし)について解説しよう。「ひぐらし」がその産声を上げたのは、2002年冬の「コミックマーケット62」。一見、普通のノベルゲームに見えるが、実は選択肢が登場せず、話を読ませるだけという、ゲームというよりは小説に近いシステムで話題を集めた。

 また、このときに作品が全て発売されたわけではない。実は、「ひぐらし」は全部で8つのストーリー(編)が存在し、それぞれが夏冬のコミックマーケットで発売されたのだ。このうち、前半の4編は「問題編」と呼ばれ、物語のタネあかしは行われない。後半の4編、通称「解答編」にて、徐々にその謎が解明されていく、という仕組みなのだ。

 ここで、“各編が間隔を開けて発売された”ことに注目してほしい。当時からリアルタイムでプレイしているユーザーは、解答編が発売されるまで、いわば“タネあかしのされていない推理小説”を突きつけられた形になり、物語の真相解明にやっきとなった。作中でのヒントもあまり多いとはいえず、全国の「ひぐらし」ファンは、自身のホームページで真相を推理したり、また本作を手がけた同人サークル「07th Expansion」の掲示板で、仮説や議論を飛びかわしたりして、盛り上げていった。

 その謎は非常に難しく、真相が明かされる前に、正しく推理できた人は皆無だったという。この難しさは“正解率1%の謎”として、大きな話題を呼んだのだ。まず、このユーザー間で議論を行うコミュニティの楽しみが、そのまま本作の魅力のひとつにあたる。

 もちろん、シナリオ自体の魅力も忘れてはならない。各編の前半では、ギャルゲーのようなほのぼのとしたシナリオパートが展開したと思えば、後半では冷水を背中にいきなり浴びせられるような、ゾッとするサイコホラーなミステリーパートに急転する。

 注目すべき点は、各編の物語は、同じ時系列のパラレルワールドになっている、ということだ。例えば、あるストーリーでは死んでしまう人物が、別のストーリーの同時刻では生きながらえているといった感じだ。こうなった原因とは一体何なのだろうか。もちろん、これはひとつの例であり、このような変化が多数ちりばめられているのが「ひぐらし」の世界。これらの情報から、物語の真相、そして事件の犯人を解明する物語なのだ。

 ユーザー間の盛り上がりや口コミ効果により、「ひぐらし」は同人業界では異例といえる大ヒットとなった。また、マンガやアニメ、携帯電話用ゲームなど、他メディアにも展開され、「ひぐらし」ワールドはどんどん広がりを見せている。

 さて、ギャルゲー好きを公言する筆者だが(関連記事参照)、実は本作の大ファンである。というか、今まで生きてきた中で、一番好きなゲームと言っても過言ではない。好きがこうじて、「ひぐらし」の舞台のモデルとなった村へ旅行してみたり、ペンネームを「ひぐらし」の舞台・雛見沢村にちなんで雛見沢秀一にしてしまったほどだ。

 というわけで、前置きが長くなったが、ここからプレイステーション 2版「ひぐらしのなく頃に祭」について語っていこう。

別物と呼べるほど、大きく変化したプレイステーション 2版

 「ひぐらしのなく頃に祭」は、原作から大きく変化している点がたくさんある。大筋のシナリオこそ同じだが、それ以外はほぼ別物と考えてもよさそうだ。では、大まかな変更点を一つずつ紹介していこう。

 まず大きく目をひくのが、キャラクターデザインが一新された点だろう。「ひぐらし」のキャラクターデザインを手がけたのは、原作者の竜騎士07(りゅうきしぜろなな)氏。対する「ひぐらしのなく頃に祭」は、2006年にナムコより発売されたニンテンドーDSソフト「怪盗ルソー」などキャラクターデザインを担当した、人気イラストレーターのrato氏が新たに書き起こしている。原作のファンは、大きくデザインが変わったため、若干戸惑いを覚えるかもしれない。

画像 原作では園崎魅音(左・そのざきみおん)が肩から吊っていたモデルガンがなくなるなど、細かい変更点も見られる

 また、原作ではボイスが存在しなかったが、「ひぐらしのなく頃に祭」では各キャラクターにボイスが追加された。ちなみに声優は、アニメ版「ひぐらし」のキャストと一緒だ。アニメ版を見ているファンにとっては、違和感なく楽しめることであろう。

 原作からのファンがもっとも注目したいのは、新シナリオが3本収録されている点だろう。「盥回し」編、「憑落し」編と、最終章「祭囃し」編に変わる「澪尽し」編が、今回新たに収められている。つまり、「ひぐらしのなく頃に祭」では計10本のシナリオを楽しめる。


画像 チャートを見ることで、自分がどんな選択肢を選び、どのルートに進んでいるかが分かるようになった

 個人的に最も大きな変更と思えるのは、ゲームシステムが大きく変化したことだ。前述の通り、原作は1編完結型だったため、最初に遊ぶ編を選択したら、あとは基本的に読み進めるだけであった。対する「ひぐらしのなく頃に祭」は、ゲーム中に選択肢が登場するようになり、その選択いかんによって、以後のストーリーが大きく変化するのだ。

 最初にさらっと述べたが、「ひぐらし」のほぼすべての“編”には、ほのぼのとしたギャルゲーのような前半部分と、シリアスな後半部分とにわけられている。つまり、“編”の数だけ異なる“前半パート”があったのだ。対する「ひぐらしのなく頃に祭」は、前半パートは1つにまとめられ、変わりにゲーム中に選択肢が登場するようになったのだ。

 もう1点、ゲーム中の楽曲が変更されたことも記載しておこう。原作では、多数の同人音楽製作者が作曲を担当していたが、「ひぐらしのなく頃に祭」では、ゲームのBGMを手がける音楽集団「5zizz」が楽曲を担当している。また、オープニングテーマ、エンディングテーマが2曲ずつ、計4曲新規収録されている。「ひぐらし」の魅力のひとつとしてBGMが挙げられるが、「ひぐらしのなく頃に祭」でもファンを魅了できるものに仕上がっているのか、個人的に注目している部分だ。

       1|2|3 次のページへ

[雛見沢秀一,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping