ニュース
2007年04月27日 17時57分 更新

ニンテンドーDSによる業界の“パラダイムシフト”が起きている――任天堂決算説明会 (3/3)

前のページへ 1|2|3       

質疑応答に答えて

 発表終了後、来場者による質疑応答時間も設けられた。岩田社長による回答を抜粋・要約して掲載する。


画像

 プラットフォームは勢いのビジネスであるというのは本当だ。勢いがあるとユーザーもソフトを購入するし、ソフトメーカーもまた参入するため数が増え、またユーザーも増えていくといういいサイクルができてくる。新しいプラットフォームでは、1年目から2年目にかけて、いかに間を空けず次々とタイトルを出していくかが重要で、これは自社の仕事となる。この動きを見極めて、ソフトメーカーがタイトルをリリースする。Wiiの場合は下馬評は芳しくなかったため、自社で作っていくことにしてきた。現在Wiiで45タイトル、ニンテンドーDSで79タイトルを自社で開発している。

 やりこみ要素のあるようなゲームは、たとえば「スーパーマリオギャラクシー」であったり、「大乱闘スマッシュブラザーズX」、「メトロイドプライム3 コラプション(仮称)」などが夏の終わりから暮れにかけて発売され、夏から年末年始を支えてくれる。理想で言えば春ごろにそういうソフトが出ればよかったのだが、中途半端な状態では出したくないので、満足する水準まで磨いていきたい。


 Wiiチャンネルだが、ユーザーから課金などで収益を得るといったビジネスモデル以外の可能性を秘めている。広告などによる収入もあるかもしれない。いずれにしてもさまざまな会社からいろいろな形での申し出を受けている。ただしどれほど大きなビジネスに今後発展していくのかは不明だ。


 開発環境については今後も増強する。ただし、2倍のソフト本数を販売すると言っても、人員が倍になるというわけではない。宮本茂専務取締役については、自分のチームに集中できる体制を整えている。開発中のタイトルは多いが、それをすべて見ていくことは不可能だ。それよりも自分のチームをしっかりと見て、高いクオリティを保つのが一番大事。それができてきたので、ミリオンセラーが増えたのかもしれない。


 かつて米国は、欧州の2倍売れるというのは当たり前だった。ただしニンテンドーDSではまだそのようになっていない。「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」が米国で発売されたが、それだけでは不十分だろう。ただしWiiについては、米国では強いものを感じる。Nintendo of Americaの社員も、仕事と離れたところで、これほど自社の製品の話を聞いたことがない、と言っている。アメリカのパーティ文化と「Wii Sports」などがマッチしたこともあるが、独自の立ち位置をふまえて、年末にはさらに加速させていく。最大の市場で売れて欲しいと思っている。


 FPSについては、家庭用ゲームよりも左手でキーボード、右手でマウスを使う方が操作しやすいと言われている。Wiiリモコンとヌンチャクを使うのは、これと近い印象があり、可能性を感じる。このジャンルはWiiがいいねと呼ばれるのが目標だ。FPSにも新しいユーザーを連れてきたい。


 現在の供給台数についてだが、ニンテンドーDSは月250万台生産している。ゲームボーイアドバンスでは1度だけ月に230万台を供給したことがあるが、数えるほどはなかった。現在の供給台数を継続していきたい。Wiiについては月産台数を公開していないが、増産しており、今月あたりから少しずつ改善されていくと思う。任天堂のハードはハイテクを使っていないと誤解されるが、低消費電力などハイテクが詰まっており、1つの関門を乗り越えるとまた次に難問が出るなど、これを増産するのは容易ではない。

 ニンテンドーDSは国内で900万台販売したが、これは異常な数。単年度で600万台売れたハードはこれまでなかった。この販売数値を前提に予想を立てるとアグレッシブすぎるので、少し控えめな数値となった。プラットフォームの寿命は据え置き型で5年、携帯型ではもう少し短いと言われているが、最初に寿命が決まっているのではなく、ソフト+プラットフォームで決まるもの。ただし、任天堂がチャレンジしなくなったら短いだろう。チャレンジを続けていけば長くなり、寿命は延びるかもしれない。長く生きて、社会のインフラのようになっていければと思う。

 携帯電話は9000万台売れていると言っても、アーキテクチャは1つではない。ニンテンドーDSは2000万台だが、さらに普及していけばまったく違う価値を生み出すだろう。そうなれるようなチャレンジをしていきたい。また一方で新しい価値を生み出す必要もあるので、ハードウェアのチームは常に次を考えている。


 Wiiについては、1度でもWiiリモコンを触ったことがある人を増やそうと思っている。いまはそういう段階だ。やり込み系のソフトを発売するが、そのときに手にとってもらえるかもらえないかは、その前にリモコンを触ってもらっているか、いないかで違う。


 「Second Life」については、個人的には興味もないし、ものすごいものになるとも思えない。現代を生きる人が使えるエネルギーは多くない。ゲームとは何か、にもかかわってくるが、人が何かをインプットしたときに、より価値のあるものが返ってくるときに、人はやめずに続けていく。ご褒美がなかったら続けられない。「しゃべる!DSお料理ナビ」を使い続けているが、これはゲーム中にはご褒美がないものの、料理を食べておいしいというご褒美がある。なので飽きずに使う。長期にわたって使えるものをどう作るかが重要だ。


 ※携帯電話向けのソフトを供給しないのかという質問に対して。

 携帯電話のゲームが、携帯型ゲーム機を食ってしまうと5年前から言われているが、その予想が当たったらこのような状況にはなっていないだろう。ソフト+ハードで提案できるのが任天堂の強みであり、ソフトだけでやっていくのは強みの1つを捨てることになる。ほかのプラットフォームでできないことを、ハード+ソフトで一体となって、いかに作り出すかが大事。また、すでに実施してきたことは、ほかのプラットフォームでもすぐに取り入れてくる。携帯電話でできない、それ以上のことをチャレンジし続けていく。

前のページへ 1|2|3       

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping