レビュー
2007年06月27日 00時00分 更新

「トラスティベル 〜ショパンの夢〜」レビュー:

ショパンがいまわの際に見た夢とは?――実在した音楽家をモチーフにした異色のRPG (1/2)

ロマン派を代表する音楽家で、特にピアノ曲で数多くの傑作を遺したショパン。39歳という若さでこの世を去った天才作曲家は、その命が絶えるとき、いったいどんな夢を見ていたのか。バンダイナムコゲームスが放つ新作RPG「トラスティベル」は、その着想の奇抜さとXbox 360ならではの美しいグラフィックに舌を巻く。

題材や世界観にオリジナリティを感じさせる期待作

 ちょうどいまから1年前、「トラスティベル 〜ショパンの夢〜」の制作が公表されたときには、ずいぶんと変わったところに目をつけたなあ、と思った。著名な作曲家であるショパンをモチーフにしていることや、彼が亡くなる3時間前に見た夢というシチュエーションには、大いに心がひかれ、これまでにないRPG作品の登場を予感させた。

 1810年にポーランドで生まれたショパンは、ロマン派を代表する音楽家の1人。早くから卓越した作曲能力を開花させ、「別れの曲」や「幻想即興曲」など、現在でも広く親しまれている名曲を数多く書いた。ほかの作曲家の多くは、交響曲、管弦楽、歌曲など、さまざまなジャンルの楽曲を手がけているのに対し、ショパンはピアノ曲の数が群を抜いて多いという点で特異な存在だ。ピアノ協奏曲も書いているが、それもわずか2曲だけで、作品の大部分はピアノ曲の小品で占められている。その作風は、甘やかで繊細、抒情的、そしてメランコリック。その一方で、故国ポーランドの民族舞曲をベースにしたマズルカやポロネーズも多く作曲しており、「英雄ポロネーズ」のような勇壮で力強い楽曲を書くという一面もある。作曲家として、またピアニストとしても早くから名声を得ていたショパンだが、結核に長く苦しみ、1849年、39歳という若さで亡くなっている。

 短い生涯の間にショパンが書いた楽曲の数々は、映画やテレビ、CMなど、現在でもいたるところで使われているので、誰もが一度は耳にしているはず。たとえ「ショパンの曲といわれてもひとつも思い出せない」という方でも、この言葉を出せばメロディが頭に浮かぶだろう。とある胃薬のCMで昔から変わらず使われているピアノ曲は、実はショパンが作曲した「24の前奏曲 第7番 イ長調」という曲だ。なんでも、“胃腸”薬と“イ長”調を掛けてこの曲が選ばれた、という話も……。本当かどうかは分からないが、実際、ショパンの楽曲でイ長調の曲は数えるほどしかないことを考えると、あながち冗談とも言い切れないような気がする。

画像 Xbox 360で発売された期待の新作RPG「トラスティベル 〜ショパンの夢〜」。副題にもあるように、音楽家ショパンが死を目前にして見た“夢”が舞台になっている。

 この「トラスティベル」では、ショパンという実在した音楽家を題材にしつつも、彼が最期に見た夢の世界というフィクションになっているが、これをRPGに仕立てるという着想がおもしろい。その夢の中は、おとぎ話のように幻想的でありながら、人々が独立した自我や感情を持ちながら生きているという、虚構と現実がない交ぜになったような不思議な世界として描かれる。

 物語は、ショパンの夢の中に生きる少女“ポルカ”が、「一番大切な人のため」という言葉を口にしながら、断崖から身を投げるというショッキングな場面から幕が開く。続いて、幼少期のポルカとその母親が、美しい花畑で話をしている様子が回想のように描かれる。ここで母親は、幼い子供にはおよそ似付かわしくない難解な話を始める。さらに場面が転換し、舞台は1849年10月16日深夜のパリに移る。そこには、病床に伏せるショパンと、彼を見守る医師や身内(うちひとりは、おそらく姉のルドヴィカだと思われる)がいる。時間軸を前後させたり、夢と現実とを交錯させながら進む導入部に、見ているプレイヤーはすっかり惑わされてしまう。

画像 ポルカが断崖から海に身を投げるという衝撃的なシーンから始まる
画像 続くシーンでは、幼少期のポルカと母親の会話が描かれる。子供らしい素朴な疑問を投げかけるポルカに対し、母親はなぜか難解な答え方をする
画像 場面は現実の世界へと変わり、病床のショパンが映し出される。すでに意識はなく、昏々と眠り続けながら夢の世界へと迷い込んでいく

 夢の中の世界設定で興味深いのは、不治の病に冒され、余命短い者は魔法が使えるということ。ポルカもその1人で、また現実世界で死を迎えようとしているショパンもそう。また、ショパン自身が「これは自分の夢だ」とおそろしく冷静に受け止めていることもやるせない。しかし、夢の中でポルカたちと接するうち、その考えが揺らぎ始める。

控えめな色遣いと繊細な線で描かれたグラフィックが見事

 ゲームを始めて、まず感心させられたのが、ため息の出るような映像の美しさ。単にHD出力で精細感が高いというだけでなく、繊細なタッチと淡い色彩を巧みに用いていて、どこを見ても優美さが感じられる。中でも、序盤に訪れることになるリタルダントという港町の美しさは格別で、ファンタジックな魅力にあふれている。柔らかな光の表現や、被写界深度を浅めにして奥行き感を出すなど、空間表現も凝っている。

 キャラクターのデザインも魅力的に映る。トゥーンシェードでアニメチックに描かれていながら、平面的になりすぎず、デフォルメも極端すぎず、とバランスよく作り上げられているところに好感を覚える。

画像 全体的に淡い色調で、暖かみのあるグラフィックが美しい。この港町リタルダント以外にも、ゲーム中には風光明媚な場所が数多く出てくる
画像画像 本作の主人公アレグレットと、本当の兄弟ではないが彼を“兄ちゃん”と呼んで慕うビート。食料品などに課せられる税金があまりに高いため、彼らもまた日々の生活に困っている

画像 ゲームは章立てで構成され、各章のタイトルはショパンの曲にちなんで名付けられている。ちなみに「雨だれ」、「別れの曲」といった名前は後から付けられた“通称”であって、ほとんどはショパン自身が名付けたものでない

 また、ショパンを題材にしているだけあって、ショパンの有名な楽曲が使われていることも、このゲームの大きな注目点。しかも、あのスタニスラフ・ブーニンが弾いているというから、大した力の入れようだ。ブーニンといえば、ポーランドで5年に一度開催されるショパン国際ピアノコンクールの第11回(1985年)で、弱冠19歳という若さで優勝したという経歴の持ち主。これをきっかけに、とりわけ日本で絶大な人気を集め、当時の熱狂ぶりは「ブーニン現象」とまで呼ばれた。その彼が、今回の「トラスティベル」のために全て新録音でショパンの曲を弾いているのだから、話題性十分だ。

画像 ブーニン奏するショパンの曲は、一枚の静止画と「ショパン評伝」なる字幕解説とともに流れ、ゲーム中のイベントシーンなどでは使われない

 「トラスティベル」で個人的に一番注目していたのは、ショパンのどの曲がどんな場面に使われるのか、という点にあったが、これが想像とは大きく違っていた。ショパンの曲はイベントシーンなどのバックで流れるのではなくて、各章の途中に鑑賞コーナーのような形で挿入される。ショパンの曲がかかるときは、画面が絵画風の静止画になり、ショパンの生い立ちやその楽曲が書かれた背景などの解説が字幕で表示される。

 これは本当にもったいない……。ブーニンの演奏をじっくり聴かせたいという思いからか、あるいはゲーム中に使うことで曲が分断されたり、声優のボイスと被さることが忍びなかったのか。発売前に公開された予告編映像では、ポルカが崖から飛び降りるシーンに「別れの曲」が効果的に使われていて、大変感銘を受けた。ゲーム本編でも、“ブーニンが弾くショパンの名曲が重要なシーンで流れる”という贅沢な使い方を期待していただけに、至極残念だ。収録されているショパンの楽曲も、想像していたよりは数が少ない。

 ただ、ブーニンのピアノ演奏は、楽曲に対するひたむきな解釈が強く表れていて、聴き応えがある。楽曲にもよるが、遅いテンポで弾いているため演奏時間が長めになるのが特徴的。ほかのピアニストのCDと聴き比べたとき、ブーニンの方が1分以上長くなる曲もある。遅いといってもしまりのない演奏では決してなく、速いところはものすごく速く弾くなど、緩急と抑揚を恣意的につけながらドラマチックに聴かせる。音の粒がきれいに揃ったトレモロは、本当に美しくて感動的だ。

 また、5.1chサラウンドによる効果音の演出もなかなか凝っている。フィールド上ではわざとらしくない程度に環境音が鳴っているが、後述するバトルシーンになると仲間の声が真横から聞こえてきたり、必殺技を発動した際の効果音が部屋中を飛び交うように聞こえたりと、かなり派手な音響効果が楽しめる。

       1|2 次のページへ

[小泉公仁,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping