ニュース
2007年08月31日 03時01分 更新

絢香さんもお祝い――「FINAL FANTASY VII 10th ANNIVERSARY Gallery」レセプション・パーティ開催

スクウェア・エニックスは、8月31日から9月2日までスパイラルガーデンでFINAL FANTASY VII 10周年記念イベント「FINAL FANTASY VII 10th ANNIVERSARY Gallery」を開催する。その前日、レセプション・パーティが行われ、歌手の絢香さんがサプライズゲストとして登場。ポーションプロジェクトの新展開も発表された。
wk_070830ffvii01.jpg 「F」ゲートと呼ばれる入口。奥にはもうひとつ「F」の文字で切り抜かれたゲートがあり、こうして正面から見ると「FF」と重ねることができる

 スクウェア・エニックスは「FINAL FANTASY VII」の発売10周年を記念して、原画や映像など貴重な資料を展示する「FINAL FANTASY VII 10th ANNIVERSARY Gallery」を8月31日(金)から9月2日(日)まで東京港区のスパイラルガーデンで開催する。それに先駆け8月30日、プレス・関係者を集めたレセプション・パーティが催された。

 「FINAL FANTASY VII 10th ANNIVERSARY Gallery」では、その原点となった「FINAL FANTASY VII」はもちろんのこと、そこから派生した関連作品である「BEFORE CRISIS -FINAL FANTASY VII-」、「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」、「DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-」、そして今年9月13日に発売予定の「CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-」までの合計5作品について、設定原画やイメージイラストの展示、各種プロモーションビデオの上映などが展示されている。


wk_070830ffvii02.jpg アトリウムを上から眺める。ミッドガル周辺には、4本のコンピレーション作品それぞれのPVなどが上映されるタワーが並ぶ

 会場は、グッズなどが展示されているギャラリー部分とミッドガルを精巧に模したガレージキットを中心に各作品のPVとグラフィックパネルが並ぶアトリウム、そして最新作「CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-」も遊ぶことができるカフェの3ブロックに分かれている。会場には来場者がメッセージを残せるメッセージボードも設置されている。

 「FINAL FANTASY VII 10th ANNIVERSARY Gallery」開催の前日のレセプション・パーティではまず、スクウェア・エニックス代表取締役社長和田洋一氏が登壇した。


wk_070830ffvii03.jpg スクウェア・エニックス代表取締役社長 和田洋一氏

 「FINAL FANTASYが誕生してから10年後に『FINAL FANTASY VII』が世に送り出されました。『FINAL FANTASY VII』は、ゲーム業界にとってエポックメイキングで非常に大きな作品だったと誇りを持っています。ゲームというコンテンツが、映画とも小説とも漫画とも違う、深く作品の中に入っていけるゲームの新たな可能性を示すことができたんじゃないかと。当時の優れた表現能力によって、それ以降の10年における“ゲームの進歩”を啓示した作品になったと自負しています。そう考えると、『FINAL FANTASY VII』でもっとやりたかったことをそれからの10年追求する中で、それぞれの作品を進化させていったのじゃないかとも思えてきます。作り方も考え方も『FINAL FANTASY VII』を起点に変わってきました。ユーザーの感覚もしかりです。ひとつのタイトルとしては、世界的な記録を持つ作品となった『FINAL FANTASY VII』に対する我々の愛着は尋常ではありません。それが昨今のコンピレーション作品につながっているわけです。こうした試みも他作品ではなかったのではないでしょうか。今回の10周年を迎えた今、業界全体のターニングポイントとなった『FINAL FANTASY VII』を振り返ることで、今後の10年どう進化していくのかを提示する年だと考えています。それを考えるとワクワクしております」(和田氏)

 続いてソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役社長兼グループCEOの平井一夫氏が登壇。「FINAL FANTASY」の新作を世界中が待っており、今後もプラットフォームホルダーサイドからの協力は惜しまないと熱い祝辞を贈った。平井氏は会場にあるメッセージボードへのメッセージカードに英語で、「素晴らしい10年間をありがとう。これからも『FINAL FANTASY VII』はいける」という意味のコメントを残してくれた。


wk_070830ffvii04.jpg ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役社長兼グループCEOの平井一夫氏

 「『FINAL FANTASY VII』は、プレイステーションの歴史を紐解くと必ず出てくる名前です。当時私は北米にいたのですが、発売日に並んでいる姿を目の当たりにして肌ですごいタイトルなのだと感じました。北米ではRPGは振るわないと言われていた中で、いざ北米で発売するとなった際はまさに社運をかけてのマーケティング活動を行いました。ある意味、超大作の映画を売り出す勢いで発売に至りました。『FINAL FANTASY VII』は北米でも列をなすほどで、プレイステーションの爆発的ヒットにつながる起爆剤となったと思っています。そういった意味では個人的にも思い出のあるタイトルですし、『FINAL FANTASY VII』ロゴを見るだけでも武者震いするほどです。『CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-』の発売に合わせて、新型PSPとの同梱版も発売させてもらいます。『FINAL FANTASY VII』発売から10周年を迎えた今年、『CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-』で今度はPSPで発売することができたことを感謝しています」(平井氏)

 「FINAL FANTASY」シリーズで忘れてはならないのはポーションの存在。昨年の3月にサントリーから発売された「ポーション」は、「ファイナルファンタジーXII」とコラボレーション商品として誕生した。すでに既報のとおり、今年は「FINAL FANTASY VII」とのコラボレーションとして「FINAL FANTASY VII 10th ANNIVERSARY POTION」が発売される。

 本日はさらなるコラボレーションプロジェクトとして「FINAL FANTASY VII POTION キャラクター缶」を発売すると発表された。

 「FINAL FANTASY VII POTION キャラクター缶」は、ゲーム中でヒットポイント回復アイテムとして使用される「ポーション」の中身をイメージした缶入り栄養炭酸飲料で、ローヤルゼリーにビタミンB1、B6、といったビタミンを7種類配合し、シトラスの風味が爽やかな味わいが特徴で、「FINAL FANTASY VII」および「COMPILATION of FINAL FANTASY VII」に登場する主要キャラクターがデザインされている(全16種類)。容量は350ミリリットルで、価格は191円(税別)。10月23日数量限定で全国で発売される。

 さらに「FINAL FANTASY VII」および「COMPILATION of FINAL FANTASY VII」シリーズのキャラクター缶1本とフィギュア1体が同梱された「FINAL FANTASY VII POTION with TRADING ARTS Mini」も発売すると発表。フィギュアは各8種類となっている。こちらの価格は934円(税別)。11月27日に100万セット限定で全国で発売される。

wk_070830ffvii05.jpg 今回のコラボレーションについてサントリーの田中氏と木村氏が説明
wk_070830ffvii06.jpgwk_070830ffvii07.jpg 左が「FINAL FANTASY VII POTION キャラクター缶」、右が「FINAL FANTASY VII POTION with TRADING ARTS Mini」となる


wk_070830ffvii22.jpg

 イベントでは最後に10周年を祝いに絢香さんが駆けつけ、「CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-」のテーマソング「Why」を熱唱した。「Why」は、絢香さんが開発現場に足を運び、ストーリーや世界観を開発スタッフと話しながら共有したとのこと。

 絢香さんは楽曲提供について、「ゲームはしないほうですが、テレビCMなので映像は知っていて、毎回音と映像のコラボが心に伝わってきていました。ワタシの曲もあそこにはまるのかと感動しています。『why』は16歳の時に書いた曲なのですが、こうして今にして思えば今回の『FF』の話が来るのを待っていたんじゃないかと思います。実際、映像と一緒になった時には涙が流れそうになるほど感動しました。10周年という特別な年に関われたことを幸せに思っています」とコメント。実は「FINAL FANTASY」と同じ誕生日の絢香さんは、一緒に年を重ね今年20歳を迎える。絢香さん自身、そう聞いて運命を感じているとのこと。これからもいろんな場所で気持ちを込めて「why」を歌っていくと語ってくれた。

wk_070830ffvii23.jpgwk_070830ffvii24.jpg

wk_070830ffvii08.jpg 「F」ゲートをくぐると、「FINAL FANTASY」シリーズの歴史と当時の社会の出来事を合わせて掲載した年表「HISTORY OF FINAL FANTASY VII」が出迎える
wk_070830ffvii09.jpgwk_070830ffvii10.jpg スクウェア・エニックスグッズショップには、「FINAL FANTASY VII」関連グッズが販売される。1日100枚限定の10th ANNIVERSARY Tシャツも販売。非売品の関連グッズも陳列している

wk_070830ffvii11.jpgwk_070830ffvii12.jpg 魅力的な非売品アイテムは続く
wk_070830ffvii13.jpg コンセプト展示を展開しているアトリウム入口には、1/1スケールで再現されたバスターソードが!

wk_070830ffvii14.jpg 直径2メートルにも及ぶミッドガルの模型が展示されている。魔晄炉からはスモークも……
wk_070830ffvii15.jpg 新型PSP同梱の「CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-」特別限定パッケージ
wk_070830ffvii16.jpg スロープ部分には「FINAL FANTASY VII」のキャラクターをクールに表現したグラフィックパネル

wk_070830ffvii17.jpgwk_070830ffvii18.jpgwk_070830ffvii19.jpg 野村哲也氏の貴重な原画も並ぶ

wk_070830ffvii20.jpgwk_070830ffvii21.jpg 今夜のパーティ限定で「ポーション」をベースとしたカクテルが登場。ファッションフルーツ風味のウオッカの喉ごしとブルーキュラソーの青が鮮やかなショートカクテル「片翼の天使」と、グリーンアップルテーストのリキュールを加えたロングカクテルの「ライフストリーム」が振る舞われた
「FINAL FANTASY VII 10th ANNIVERSARY Gallery」
開催期日2007年8月31日(金)〜9月2日(日)
開催時間午前11時〜午後8時
会場スパイラルガーデン
入場料無料
(C)2007 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping