ニュース
2007年09月20日 12時08分 更新

振動機能を追加した「DUALSHOCK 3」を発表――「東京ゲームショウ2007」開幕

9月20日、千葉県幕張メッセにおいて東京ゲームショウ2007が開幕した。SCE平井氏の基調講演では振動機能付きのPS3専用コントローラが発表されたほか、会場では最新のゲームトレンドが出展されている。規模を拡大したゲームショウの見どころは?
wk_070920tgsop01.jpg 開幕式でのテープカットの様子

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(以下、CESA)は9月20日、千葉県・幕張メッセにおいて東京ゲームショウ2007(以下、TGS)を開催した。

 今年は国際的トレードショウとしての機能強化を推進するべく、「つながって、ひろがって、世界へ。」をテーマに、これまで1日のみだったビジネスデイを2日間に拡大。TGSは「JAPAN国際コンテンツフェスティバル(CoFesta)」のオフィシャルイベントとして、国内外へ広くアピールするコンテンツという立ち位置だ。

 初日となるに20日は、ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役社長兼グループCEOの平井一夫氏による基調講演「広がるプレイステーション・ワールド、新たな成長に向けたビジネス戦略の全貌」が開催され、振動機能が加わった新型PS3専用コントローラ「DUALSHOCK 3」が発表された。「DUALSHOCK 3」は日本では11月に、北米と欧州では2008年春に発売される予定とのこと。

wk_070920tgsop10.jpg 「DUALSHOCK 3」の対応タイトルも発表

 なお、「DUALSHOCK 3」はセガの「忌火起草」、コーエーの「ジーワンジョッキー4」や「真・三國無双5」、カプコンの「Devil May Cry 4」、コナミデジタルエンタテインメントの「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF PATRIOTS」や「METAL GEAR ONLINE」、SCEの「ラチェット&クランク FUTURE」、「アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝」、「echochlome 無限回廊」、「TOY HOME」などに対応すると発表されている。

 また、基調講演では「GT5プロローグ」がディスクとダウンロード販売で12月13日に発売されることも公開。「Home」が2008年春を目処にサービスを開始する旨が明かされた。

 出展社数は、海外からの出展社が過去最高の97社。国内と合わせて昨年の148社を大きく上回る217社に増加。主催者企画として今年も「テレビゲームミュージアム」を特設。ゲームと音楽のコラボを体験する「TGS MUSIC SQUARE」やゲームの技術を解説する「ゲーム科学館」などが設置されている。また、「CoFesta Movie Aquare」を設置し、ゲームから生まれた映像作品たちをテーマにした作品を紹介している。


wk_070920tgsop02.jpg CESA会長の和田洋一氏

 開幕に先駆け行われた開催式では、CESA会長の和田洋一氏が「TGSをゲーム産業を飛躍させるマイルストーンとなるようにと、国際化とゲーム産業内外を越えたビジネスのコミュニケーション」を提唱。和田氏の挨拶にあるように今年のTGSでは海外のプレスも多く来場しており、注目度が高いのがうかがえる。国内プレスも当然初日ということもあり多数来場し、入場だけにも長い列ができていた。時間がかかっていた。

 TGSは、9月20日〜21日がビジネスデー、22日〜23日を一般デーとして開催されている。


wk_070920tgsop03.jpg 「官民一体となって盛り上げていきたい」と経済産業省から経済産業大臣政務官の荻原健司氏が登壇
wk_070920tgsop04.jpgwk_070920tgsop08.jpg 出展タイトルは当日発表および詳細未定タイトル含めて過去最多の702タイトルを記録。23日(日)までゲームの祭典は続く

wk_070920tgsop05.jpgwk_070920tgsop06.jpgwk_070920tgsop07.jpg 本日発売の新型PSPの展示はもちろん、GT最新作のプレイアブルを前面に押すSCEブースやコンテンツの充実を打ち出すマイクロソフトブースに注目。もちろん、サードパーティーのブースも初日から大混雑。本日からゲームショウの情報を随時紹介していく!

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping