ニュース
2007年09月20日 22時23分 更新

東京ゲームショウ2007:

CESA日本ゲーム大賞に「Wii Sports」と「モンスターハンターポータブル2nd」

コンピュータエンターテインメント協会(以下、CESA)は、優れたコンピュータエンターテインメントソフトウェア作品を選考し表彰する「日本ゲーム大賞2007」の発表受賞式を開催した。
wk_070920game01.jpg

 コンピュータエンターテインメント協会(以下、CESA)は、優れたコンピュータエンターテインメントソフトウェア作品を選考し表彰する「日本ゲーム大賞2007」の発表受賞式を開催した。

 アワーズと呼称していた時を含めて今年で11年目を迎える「日本ゲーム大賞」は、今年から「CESA スチューデントゲーム大賞」と「インディーズ部門」を統合、アマチュア制作作品を対象とした「アマチュア部門」が新設。そして、9月20日には2006年4月1日から2007年3月31日までの1年間にリリースされた作品を対象とする「年間作品部門」の発表授賞式が行われた。年間作品部門では、一般からの投票により830タイトルが選出され、その中から最終審査を経て各賞が決定している。

wk_070920game02.jpg CESA会長の和田洋一氏

 冒頭挨拶に立ったCESA会長の和田洋一氏は、「ゲームユーザーの裾野の広がりと深みを感じています。日本で始まった家庭用ゲーム機は、いつしか世界に拡大しています。世界中で誰からも愛されるエンターテインメントとして定着してきたのも、ゲームクリエイターたちの努力。ゲーム機もスペックが上がり、特性がでてきています。ゲームを作る表現の多様性が以前に増して出てきており、腕の見せどころなのではないでしょうか?」と、授与すべき作品の多様性を提示した。


wk_070920game03.jpg 伊集院さんの巧妙でゲームに造詣の深いコメントは、時には笑いを、時にはゲームへの愛情を感じさせる温かいものだった

 昨年同様、伊集院光さんと前田美咲さんによる司会で進行する中、海外市場において評価された作品に贈られるグローバル賞の日本作品部門に「デッドライジング」が、そして海外作品部門に「Gears of War」が受賞。日本国内で最多セールスを記録したタイトルに贈られるベストセールス賞に、全世界で1000万本を販売した「ポケットモンスター ダイヤモンド&パール」が受賞した。また、一般の投票のほか各選考委員会の推薦で贈られる特別賞には「アイドルマスター」と「オシャレ魔女 ラブ and ベリー 〜DSコレクション〜」の2タイトルが輝いた。


wk_070920game04.jpgwk_070920game05.jpgwk_070920game06.jpg

wk_070920game07.jpg ずらり13作品の関係者が並ぶのは壮観のひと言

 そして、年間を代表するにふさわしいタイトルに贈られる優秀賞には13作品がエントリー。この中から大賞が選ばれることになった。優秀賞13タイトルは以下のとおり。

  • 「Wii Sports」(任天堂)
  • 「大神」(カプコン)
  • 「ガンダム無双」(バンダイナムコゲームス)
  • 「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」(任天堂)
  • 「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」(スクウェア・エニックス)
  • 「New スーパーマリオブラザーズ」(任天堂)
  • 「ブルードラゴン」(マイクロソフト)
  • 「ポケットモンスター ダイヤモンド&パール」(ポケモン)
  • 「メタルギアソリッド ポータブル オプス」(コナミデジタルエンタテインメント)
  • 「モンスターハンターポータブル2nd」(カプコン)
  • 「龍が如く2」(セガ)
  • 「レイトン教授と不思議な町」(レベルファイブ)
  • 「ロスト プラネット エクストリーム コンディション」(カプコン)
wk_070920game10.jpg

 この中から選ばれた大賞受賞作品には「Wii Sports」と「モンスターハンターポータブル2nd」の2つが選ばれ、ダブル受賞となった。プレゼンターには養老孟司選考委員長が登壇。トロフィーが授与された。また、各タイトルを推したユーザー代表から花束の贈呈が行われ、各タイトルが持つユーザー層を特徴づけた。


wk_070920game08.jpg なんのゲームを普段遊んでいるかは公平を欠くので控えるとしながら、養老氏はかなりのゲーマーであることを明かす。突き詰めないと気が済まないタチなのだとか

 選考委員長の養老孟司氏は、「Wiiなど新しい試みは、気がつかないところで世界に影響を与えているものではないでしょうか? 例えばムシキングが流行した際、私のところに日本人はなぜ虫が好きなのか? と聞かれることが多かった。昨今、ゲームに対する風当たりが強いこともあるが、発展する部門では常にあることで、バランスを見て修正していけばいいだけのこと。私はいろんなことに“中毒性”でして、ゲームのその中のひとつとして楽しんでいます。人間の文化は根本的には中毒性でできている。読書もそうです。中毒性があるから何冊も読めるわけですから。ゲームも同じでまだ若い文化ゆえに、まだまだ可能性は広がっているのではないでしょうか?」と挨拶して締めた。

 明日はアマチュア制作作品を対象とした「アマチュア部門」の発表、そして最終日の23日には東京ゲームショウ2007に出展された未発売作品を対象とした「フューチャー部門」の表彰が催される予定となっている。

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping