ニュース
2007年09月23日 05時23分 更新

東京ゲームショウ2007:

檜山修之さんが駆けつけた「ソウルキャリバー」ステージ――バンダイナムコゲームス/バンプレストブース

東京ゲームショウ2007のバンダイナムコゲームス/バンプレストブースで、「ソウルキャリバー レジェンズ」のスペシャルステージが開催。ジークフリート役の檜山修之さんをゲストに迎え、ゲーム大会などが行われた。

 東京ゲームショウ2007のバンダイナムコゲームス/バンプレストブースで、バンダイナムコゲームスから12月に発売予定のWii用ソフト「ソウルキャリバー レジェンド」のスペシャルステージが行われた。

photo 村野大輔氏

 イベントではまず、開発担当の村野大輔氏が登場。オープニンブムービーなどを上映しながら本作の紹介を行った。

 本作はシリーズの人気キャラクターであるジークフリートを主人公にしており、魔剣ソウルエッジ、霊剣ソウルキャリバーを巡る壮大な物語が展開する。Wiiリモコンを剣に見立てて振り回し、壮大な世界を冒険していくのが特徴で、リモコンを縦に振れば縦斬り、横に振れば横斬り、リモコンと一緒にヌンチャクを振ればケリを繰り出せる。広大なフィールドを自由に冒険できる「クエストモード」や友だちと一緒にプレイ「パーティーモード」があり、どちらもキャラクターになりきってプレイできるのが一番の面白さだという。

photophotophoto 壮大の冒険の一端がかいま見えるオープニングムービー

photophotophoto 映像を交えながらクエストモードやパーティーモードの紹介が行われた。クエストモードのボスには「30メートルを超える巨大なボスも用意している」(村野氏)という

photo 檜山修之さん

 ゲーム紹介後には、ゲストとしてジークフリート役の檜山修之さんも登場。「ステージの袖から映像を見せてもらいましたが、本当にすごいですね。仕事上、ゲームショウには訪れる機会は多いんですが、毎年のようにゲームは進化している。本当にすごいなと思います」と本作の感想を述べるとともに、「ジークフリートをひと言で表現するなら“格好いい”。おいしい役ですね。おいしいキャラクターは寡黙なしゃべらないことが多く、ジークフリートもそういうキャラクターです。今回はドラマシーンが非常に長いので、その辺の人間ドラマを楽しんでください」と自身の演じるキャラクターをPRした。

 ほかにもイベントでは、会場に集まったファンから数名を選んでのゲーム大会を実施。ここでは檜山さんがジークフリートの動きに合わせて声を発するというサービスも飛び出し、会場は歓声に包まれた。なお、ゲーム大会の参加者にはオリジナルTシャツ、優勝者にはソウルキャリバー レジェンズ本体がプレゼントされた。

photophoto ゲーム大会中は画面に合わせて檜山さんが声を発するといううれしい場面もあった。右の写真は参加者にプレゼントされたオリジナルTシャツ

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping