ニュース
2007年09月23日 20時08分 更新

東京ゲームショウ2007:

東京ゲームショウ2007閉幕――昨年をわずかに上回る19万3040人の入場者数を記録

9月20日〜23日の期間中、幕張メッセで開催されていたゲームの祭典「東京ゲームショウ2007」が閉幕。4日間に会期延長したものの、入場者は昨年をわずかに上回る程度に留まった。
wk_070923tgs01.jpg

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(以下、CESA)が主催するは東京ゲームショウ2007が9月23日閉幕。4日間のトータルの入場者数は19万3040人と、昨年をわずかながら上回ったと発表した。

 9月20日(木)〜9月23日(日)の期間中、幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2007」(以下、TGS)は、昨年まで1日だったビジネスデイを2日間に拡大し、一般公開日と合わせて4日間と会期を延長していた。また、今年から発足した「JAPAN国際コンテンツフェスティバル(CoFesta)」のオフィシャルイベントでもある。

 昨年は次世代機がそろい踏みし、各タイトルへの期待感もあって前年から大幅に入場者数を伸ばす19万2411人を記録していた。今年は会期延長を受け、総合して20万人を越えることを期待されていたが、フタを開けてみれば19万3040人と、若干ながら上回る程度に留まっている。各日の入場者数は以下のとおり。

  • 9月20日:29783人
  • 9月21日:32390人
  • 9月22日:64795人(内、KID'S 1万1829人)
  • 9月23日:66072人(内、KID'S 1万5347人)

 ビジネスデイが1日増えたことから、流通やプレス関係者が一般公開日にまで来場する必要性がなくなり、昨年並みの入場者数に留まったとも言えるが、5万を超えた段階で各ブースとも人があふれ、試遊やシアターを観賞するだけで30分〜5時間近く時間が取られるのが現状。歩くことも困難になる渋滞スポットも恒常的に発生するなど、一般公開日でのオペレーションに問題を残したブースもあった。

 分析すると一般公開日が3連休の初日と中日に当たることから、キッズコーナーを目的とした親子連れの入場者数が昨年より伸ばしており、事実キッズコーナーに出展されたコンテンツの充実ぶりもうかがえた。各ブースは、連日のステージイベントやゲーム大会、グッズの配布などで常に盛況で、特にレベルファイブやスクウェア・エニックスのクローズドシアター入場が最終日には開場してわずか30分経たずして整理券の配布を締め切るほどの集客だった。

 前回は新ハードが目新しく、とかく目立ったトピックスとなっていたが、こうして現行機がそろいぶみしてみると、新しい試みやその性能をフルに引き出す映像やシステムがそこかしこに確認することができるものばかりが出展されている。こうした点からもハードそのものがこなれてきて、ソフトタイトルが成熟しつつあることを実感できるゲームショウだったのではないだろうか。

wk_070923tgs02.jpgwk_070923tgs03.jpg ショウ恒例の最終日のお見送り。これ目当てに最後まで残る来場者も多い。今年一番の派手さでゲームショウを締めたテクモ。もう最後はなにがなんだか分からないほどカオスに

wk_070923tgs04.jpg 粛々とお見送りをするSCE。こんなにいたんですねってほど並ぶ
wk_070923tgs05.jpg こちらも並ぶ姿が壮観。マイクロソフトブースからはみ出す勢い
wk_070923tgs06.jpg 今年ゲームショウ初出展ながら話題性が一番だったレベルファイブ。連日の大盛況だった

wk_070923tgs07.jpgwk_070923tgs08.jpg KONAMIは整然と並んでお見送りだけかと思いきや、ヨガの特設スペースではヨガをしながらのお別れとなった
wk_070923tgs09.jpg スクウェア・エニックスではチョコボがおじぎ

wk_070923tgs10.jpg セガではコンパニオンの方々はもちろん、ソニックや芸妓さんが愛想を振りまく
wk_070923tgs11.jpg スポーティーにさわやかに送り出すのはハドソン
wk_070923tgs12.jpg ひときわ異彩を放っていたのがソフトバンクの帝国軍の皆さん……表情が読めない

wk_070923tgs13.jpg 筆者がベストコンパニオンと勝手にイチオシなのがカプコン。恒例の送り出しステージイベントでは銀色のテープが最後宙に舞った

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping