ニュース
2007年10月04日 16時16分 更新

新型PSP、発売2週間で売上台数50万台を達成

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、9月20日に発売した新型PSP(PSP-2000)が、発売2週間で50万台の売上台数を記録したと発表した。
wk_071004psp01.jpg

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)は、9月20日に国内で発売した新型PSP(PSP-2000)が、発売2週間で売上台数を50万台に伸ばしたと発表した。

 これに先行して9月13日に発売された「CRISIS CORE –FINAL FANTASY VII-」特別限定同梱パッケージ分を含めると、10月3日時点で国内累計売上台数が58万台となる計算だ。

 2007年9月度の売上台数が2004年12月のPSP発売以来、国内における1カ月間の売上で過去最高の水準を記録したことに関してSCEは、「軽量・薄型化により携帯性が一層高まり、かつ基本の3色に加え、淡い色合いとパール感で花をイメージしたブルーメシリーズの3色を新たに導入したことにより、女性を含めた幅広いユーザーから支持をいただいた」と分析している。なお、9月20日の発売当日には13万台販売されていた。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping