ニュース
2008年01月10日 15時30分 更新

PS3、HDD 20Gバイトと60Gバイトモデルの国内出荷完了

SCEは、2006年11月11日から販売してきたPS3のHDD 20Gバイトと60Gバイトモデルの日本国内向け出荷を、1月をもって完了すると発表した。
wk_080110ps301.jpg

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)は、2006年11月11日から販売してきたプレイステーション 3(以下、PS3)のHDD 20Gバイト/HDD 60Gバイトモデルの日本国内向け出荷を、2008年1月をもって完了すると発表した。それに伴い、在庫がなくなり次第、販売終了となる。

 今後は、昨年11月11日に発売されたHDD 40Gバイト標準搭載の新型PS3(CECHH00シリーズ)を中心に展開していくことになる。SCEは、新型PS3の発売同日、国内における現行の20Gバイトモデルと60Gバイトモデルの値下げを行ない、新型との入れ替えを進めてきた。

 新型PS3は、HDDを40Gバイトとし、従来機能の一部を見直しているのが特徴。見直された機能としては、プレイステーション 2ゲーム向けのCPU「Emotion Engine」(EE)とグラフィックチップ「Graphics Synthesizer」(GS)を取り外し、PS2ソフトが利用できない点が挙げられる。今回の出荷完了を受け、PS2用ソフトをPS3で遊びたいというユーザーにとっては、出回っている分を入手しない限り、別にPS2本体が必要となる。

 今後は、「デビル メイ クライ 4」(カプコン/1月31日発売予定)や「龍が如く見参!」(セガ/3月6日発売予定)、「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」(KONAMI/2008年度第1四半期発売予定)をはじめ、PS3専用ソフトの充実に努めるとしている。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping